2017年6月10日
 
ポルトガルだからねぇ、と大概の「あらら」ニュースは聞き流すのですが、今回は有り得ない!と、珍しく額にまゆを寄せています。
怒ったり不満を言い募ったりすることは負のエネルギーを抱え込むことになり、その日が楽しくなくなるので、普段小さなことには余りしつこくこだわらないようにしています。あぁだこうだと細事に至って議論めいたことをふっかけていた若い時とは大きな違いです(笑)

もちろん、ニュースにはちょっと待てぃ!的な出来事もありますが、自分が手助けできないことに関しては、数日もすればケロリと忘れてしまう性格です。

それが、有り得ないよ、これは!と、この数日身近な夫とポルトガル語のDias先生に気持ちをぶちまけていたのです。そういうことや悲しいことはすぐにブログに取り上げると直情的になりがちなので、わたしは時間を置いてからブログ記事にとりあげます。
ここ数日、情報を確認しながら、やっぱりこれは有り得ない部類だと思い至ったので、今日は自己メモとして書いておこうと思います。

Terry Guiliam(テリー・ギリアム)監督と聞けば、わたしなどは「12モンキーズ」と「フィッシャーキング」を思い浮かべるのですが、ポルトガルのTVニュースを見て目を耳を疑ったのは、この監督が新作の撮影現場でしたことなのです。現場がなんとポルトガルの文化遺産、そして世界遺産にもなっているトマールのテンプル騎士団・キリスト騎士団修道院。

トマール・キリスト騎士団修道院
2016年9月撮影

2000年にテリー・ギリアム監督がメガホンを取ったものの、アクシデントが続き一週間で制作が打ち切られたと言ういわくつきの映画「The man who killed Don Quixote(ドン・キホーテを殺した男)」なのですが、2011年の公開予定の大幅に遅れたものの、トマールでの撮影終了でついに完成したと監督自身が先だって、つまり今年の6月に発表しています。

足掛け17年に渡って完成した作品にケチをつけたくはないのですが、ロケーション現場への敬意を失っていたとしか思えません。その結果、目下ポルトガルでスキャンダルとして取り上げられているのです。

トマール・キリスト騎士団修道院

まず、上の画像はテンプル・キリスト騎士団修道院の全様です。修道院は、12世紀にテンプル騎士団が建てた左に見える16角の円堂Charola(シャローラ)こと、騎士団の聖堂を最初に16世紀までに渡り、増築されて現在残っているのです。

円堂から出ている長方形の部分は、かの有名なドン・マヌエル王が造らせたマヌエル建築様式の華麗かつミステリアスな大窓があります。赤丸印が撮影現場、Hospedaria回廊です。五箇所の緑の円は植物が植えられています。

撮影は下の写真に見られるように、回廊の中心に聖母マリアの人形を置きガラス瓶やプロパガスなどで組み立てられた高さ20メートルのセットを焼くシーンなのです。

トマール・キリスト騎士団修道院

その結果左が元の回廊、右が撮影後、すすけてしまった同じ回廊です(カメラ撮影の方向が違いますが)植物を植えた五つの箇所は切られ、刈り取られ石のようなもので埋められています。

トマール・キリスト騎士団修道院

トマールキリスト騎士団修道院

20メートルもの炎が産み出す温度、煙、ススで、撮影現場になった回廊だけでなく、他の部分も影響を被ったことは否めないでしょう。

トマールキリスト騎士団修道院

回廊に隣接する、我が愛するマヌエルの大窓がすすけているではないか(怒)赤丸箇所も破損しています。炎上が引き起こす破壊は、今目前の破損だけではありません。高温が石に与えるであろう破損はこの後、雨や強い日光にさらされたりして、この先何年も影響が出てくると思います。

すすの部分は塗り替えればいいなどと考えてはなりません。塗り替える前にまずこのすすを落とさなければならないのです。これは、数年前に義兄宅が小火(ぼや)になったときに知らされたことなのですが、大変な作業なのです。

また撮影機具の移動、人の移動などで建物の石が破損された箇所がいくつもあるそうです。
トマール・キリスト騎士団修道院

トマールキリスト騎士団修道院

トマール・キリスト騎士団修道院

なんだ、たかが石少し破損しただけじゃないか、などと言ってはいけません。世界遺産建物の建築材石は16世紀と見積もっても500年以上も前の石で、替わりはありません。

トマール・キリスト騎士団修道院

保険に入っていたとは言え、これから先数年、或いは十年先の修繕費を予測しなければならないことを考えれば、とてもカバーできる額ではないでしょう。

それもそのはず。こうなって当然です。院内にこんなものを持ち込んで移動してたんですから。↓

トマール・キリスト騎士団修道院

テンプル・キリスト騎士団修道院は過去に、ウンベルト・エコー原作、ショーン・コネリーとクリスチャン・スレーター主演の映画にもなった「薔薇の名前」の劇の上演会場として提供したことがありますが、その時は、一切機会の持込み、電気使用も禁止というので、ろうそくのみで別の回廊で上演されています。

o nome da rosa 7_1770592_n

「薔薇の名前」はその題からロマンチックな物語だと思われがちですが、宗教裁判の嵐が吹き荒れていた1300年代(この年代はテンプル騎士団の時代でもあるのですね)、北イタリアのとある山頂の修道院で起きる連続殺人事件を描いた長編小説です。

調べてみると、この映画の撮影は、(以下wikipediaから引用)

三箇所で行われ、一つは北イタリアの山地に実際に造られた野外セットで、ここには巨大なパネルの修道院と文書館の建造物が建てられた。
修道院内部の礼拝堂等は、ドイツのヘッセン州エルトヴィレ・アム・ラインにあるエーバーバッハ修道院(commons:Monastery Eberbach)を改装して利用した。エーバーバッハ修道院は葡萄酒の貯蔵場所として使われていて、もはや修道院として人は住んでいなかったが、改装により中世の修道院の内部が復元された。第三に迷宮図書館は、ローマ郊外のチネチッタ撮影所内部に造られたセットであった。


と、あります。

このような歴史的に貴重な建築物は、破損する可能性があることを考えると、今回の撮影も予算はかかってもセットにすべきであったろうと思うのです。しかし、問題はそれだけではありません。使う人がいるということは、許可する人がいたということ、それこそが大問題です。

修道院の責任者は己が管理する世界遺産を何と考えているのだろうか(怒)!また、修道院だけの許可だけでなく、文化省へも書類を上げなければならないはずです。その辺のところが、なぁなぁのポルトガルなのかなぁ、と思ったりするのですが、これは今の時点では判明していません。

経済的な話になりますが、世界遺産に登録されてもUNESCOからは補助金はでません。しかし、保有国にはその遺産を保護する義務と責任が生じます。まだまだ経済が停滞した状態が続いているポルトガルでは、近年少しずつあちこちの世界遺産の修繕が始まりましたが、リスボンやポルトと違い、地方都市にある遺産建築物は、訪れる観光客が少ないのが現状です。

テンプル・キリスト騎士団修道院も、わたしのように物好きで修繕がどの程度進んだかなどと何度も見に行くのは極々一部でしょう。ですから、著名な監督の映画撮影の現場になったと言えば、人を呼ぶことになるのは確かで、観光客が増えれば修道院の収入増にもつながるわけですが、今回は破損を招いたのですから大きな責任が問われて当然です。

責任者はああだこうだと言い逃れていますが、取調べが入るのは時間の問題ですが、いずれにしても覆水盆に帰らず。

世界遺産指定建造物や美術館、図書館と、公の責任者は大使同様、数年毎に変わるのですが、今回は重ね重ね残念な話です。

それで、ふと思い出したのですが、10年以上も前、一番最初にわたしがこの修道院を訪れた修繕が入っていなかった頃、聖堂の中心には石のテーブルが置かれてありました。ある方向からは、下の写真のように三脚に見える五脚の石のテーブルです。

トマールキリスト騎士団修道院

聖堂の真ん中にあるからには、大きな意味があるのだろう、ここでどのように祈りを捧げて戦場へむかったのか、或いは、これは騎士団入団のイニシエーションに関係ガあるのだろうかと、このテーブルにいたくわたしは惹かれたものです。

トマールキリスト騎士団修道院

ところが、修繕が入った時期からこのテーブルが取り払われていました。ま、聖堂の中心は祭壇でもありますから、そこを修繕する間、破損を恐れてどこかに保存されているのだろうと思っていたのです。

祭壇の修繕が終わった今日もそのテーブルを目にしていません。どうして、誰の判断でそれが取り払われたままなのか。テーブルがない今の聖堂は、残念ながらオリジナルの姿ではないと、わたしは思っているのです。次回訪ねるときには是非、聞いてみるつもりです。

長いブログ記事にお付き合いいただき、ありがとうございます。
よろしかったら、更新の励みになりますので、ランキングクリックをして、応援をお願いできますか?


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
本当に酷い話ですよね。うちでも夫婦揃って怒っていたところです。トマールのこの修道院はとても気にいって何回も訪ねているので、それがこんな目にあったかと思うと、もうハラワタが煮えくり返る思いですよ。

安易に撮影を許してしまったポルトガル側も問題ありですし、撮影を許された方だってそれ相応の敬意を払って場所を使うべきでした。ことの次第が明らかになるよう、しっかり取り調べが行われることを祈ります。
2017/06/13(Tue) 19:16 | URL | 梨の木 | 【編集
梨の木さん
コメント、ありがとうございます。わたしもニュースで知った時は驚きました。世界遺産指定を受けてもUNESCOから補助金が出るわけではないようなので、財政が苦しい国、地方都市ではその維持に四苦八苦していることは想像できるのですが、今回は行き過ぎです。

特にマヌエルの大窓がすすけた、なんて一体どうしてくれようかと思っているのです。大窓のわたしの謎解きはまだ全部終わってないのです^^;

取調べの成り行き、期待できるのかなぁ、なんて残念ながら自分のどこかで思うところがあります。

撮影の影響ですすけた世界遺産というので人が集まるのかしらん・・・いただけないですよね。
2017/06/14(Wed) 15:40 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村