2006年10月1日

え?キャッツまだ上演してる?うそ!

車で街を走っていると目に入ってくる大きなポスター貼り板がある
のだが、こちらは運転しているもので、そこで止まってじっくり
見るわけにはいかない。
しかし、「CATS:13 Setembro  ポルトColiseu劇場にて」と
言うのはかなり前に車で走りながら見かけた。

観たいと思ったけれど、9月13日をチェックすると木曜日。
亭主の仕事がなかなか時間通りには終わらない。それで諦めたので
ある。
しかし、金曜日のコインブラからの友人が、観たいと言い出し、
「残念ね、わたしも観たかった。」と言ったら、側で聞いていた
人が、「やってるますよ、昨日観てきたもの」

それで、え?となったのである。
家に帰ってすぐネットで調べると、なんとま!明日、つまり9月
30日、土曜日の昨日が千秋楽!
「待ってくれ~~」

ネットでの予約はすでに不可能状態。
夜、Coliseu(コリゼウ)劇場に何度も電話を入れてみたがこれも
不通。
それで、昨日土曜日の朝、職場へ出掛けに、まだ寝ている亭主に
「じゃ、切符をお願いね」と、頼んででかけた。

朝一番に劇場まで行って買えばよかったのだろうが、夫は珍しく
昨日の土曜日は会議。
昼までの仕事が終わって帰宅すると電話が入った。
「指定席はマチネも夜の部も全部売り切れ。上部の自由座席しか
手に入らないけどどうする?」
「仕方ない、それでも観たい!」

というわけで、夕べは9時半からミュージカル・キャッツを観劇
してきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー
わたしたちは普段質素な生活をしていますが、観劇はいつもがん
ばって贅沢、特等席を取りるようにします。
今回は残念ながら、いわゆる天井桟敷(劇場内のてっぺん席)で
座席は板も固いベンチ式でしたが、それでも出かけた価値は十分
ありました。
自由席ですから、例え天上桟敷と言えど、少しでもいい席を、と
上演時間1時間前に入りましたっけ(笑)
それで撮れた写真が、なんとも情けないながらこれですばい(笑)

cats

開始前のセッティングされた舞台です。
何度も試みたのですが、どういうわけかデジカメでうまく撮影
できませんでした^^;
 
去年観た「Westside Story」は本場からではなく、ちょっとがっか
りしたのですが、さすがイギリス仕込み!
踊りの程はよくわかりませんが、音響、歌唱力が大変よかった
ですね。 天井桟敷からでは、猫のメーキャップがよく見えず、
それが惜しかった。

さて、このストーリー、T.S.エリオットの詩が原作。
年に一度、都会のゴミ捨て場に、人間に飼われることを拒否して
自由に生きる猫たちジェリクル・キャッツ族が集まる夜の舞踏会。
そしてこの日は、生まれ変わって新しい永遠の命を生きることを
許される、ただ一匹の猫が選ばれる夜でもあります。

個性をもった多くの猫たちが舞踏を繰り広がる中に、かつてはその
美貌を誇り、今ではすっかり年老いてみすぼらしくなってしまった
娼婦猫「グリザベラ」も仲間に入れてもらえたら、とやって来る
のですが。

名曲「メモリー」はこのグリザベラが歌います。

Memory
  All alone in the moonlight
  I can smile at the old days
  I was beautiful then
  I remember the time I knew what happiness was
  Let the memory live again

若い真っ白い猫が何度も登場するのですが、思わず大好きだった
わたしの「たんぽぽちゃん」を思い出し、その姿と老猫のグリザ
ベラとが重なり、彼女が歌うメモリーには、思わずホロリと
しました。
我がたんぽぽちゃん、気位が高く他の猫たちをよせつけず、病に
冒されても最後までその姿勢を崩しませんでした。
猫たりともあっぱれなり、でした。
たんぽぽちゃん

あれ?
ミュージカルの話がいつの間にやら「タンポポちゃん」の話に(笑)

さて、ミュージカル・キャッツで新しい命を生きるために選ばれて
天上に上るのは・・・
もう、お分かりですよね^^

劇中何度か静かに歌われる「メモリー」ですが、最後の熱唱は観客
を引き込み見事なフィナーレでした。
よかったわぁ^^

上演時間2時間半、9時半に始まり終了が12時。
コリゼウ劇場のすぐ裏の駐車場に車を入れたのですが、これが今回
は大失敗!
千秋楽で満場の劇場、終わったあとは人並み車並みで、駐車場から
出てやっとこさ家にたどりついたのは、なんと午前2時近くで
ありました・・・

我が家のすぐ側にあるジョアキンおじさんの畑、何十匹という
野良猫が住みついているのですが、「ポルトガル系ジェリクル・
キャッツ、今宵は集まっていないかしら^^」と想像しながら、
その夜のミュージカルの余韻に浸って、遅い眠りをむさぼった
のでした。

Memory~
  All alone in the moonlight
  I can smile at the old days~


★ランキングクリックお願いします^^



 
コメント
お芝居は心の栄養よね~^^
本場仕込みの「キャッツ」、さぞ素晴らしかったでしょうね~。
キャシーさんも、絶賛してましたよね^^
私はどうせ英語はわからんけど、日本の劇団四季のも見ていない…(^^;)
でも、そのうち見たら、私もきっと老猫グリザベラの姿と
誇り高きたんぽぽちゃんとを重ねながら見てしまいそうだわ…^^

ところで、HPの方で22222番を踏むとプレゼント頂けるんですって?
(何で20000番でなく、22222番なのかな?)
もち、張り切って狙いますよ~♪
ちゅうさんには、なるべく気づかれないようにしよう!(笑)
2006/10/02(Mon) 14:25 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
劇団四季の・・

キャッツシアターで、劇団四季のキャッツ
見ました。。うぉ・・・かんちがいさんの
言うように本場仕込みのキャッツ!凄そう。。
劇団四季も良かったなー。
私 泣いちゃったもん。。
ストーリーがね、、これまた ほんとに
すんばらしいよねぇぇ。。
メモリー鼻歌でも歌えないもんね、涙ぐんじゃって。。
はぅ~~!!

かんちがいさん、私は気付いてしまった。(笑)

2006/10/02(Mon) 18:03 | URL | syomin1 | 【編集
>かんちがさん

きゃしーさんとこ、さっき行って読んできました^^;

あれをちゃんと読んでたら、気づいたのにね^^;
残念。ぼけ~~ですわんw

22222はわたしの通信簿の思い出よ~。
家庭科は中学校からずっとそうだったのw
あ、1年足りないかw
まぁ、そう気にせずに(笑)

そういえば、ちゅうさん、またかんちがいさんから
なんかもらうのね。ずるいよ~~(笑)

>syominさん

劇団四季もロングランで上演していますね。
昨日、モイケル娘にも是非観にいってごらんと
話したところでした。
「そんなお金、ない6^^;」なんて言ってましたが、
九州行く金があったら、それでたまには心の栄養を補え~、ですわんw

あら、内輪話にw

劇団四季のも評判がいいみたいですよ。

syominちゃんもがんばって狙ってね、カウプレ^^
と言うことはあっちゃへも通え、言うことになりまするが(笑)
2006/10/02(Mon) 19:36 | URL | spacesis | 【編集
私もポスターの広告見た時には
たった一日だけしか上映されない!!!と
思ってたんですよ~。

で,夏休みに急いでチケット買いに行ったら,
選び放題でした~。

次はリスボンへ移動するみたいですね。
2006/10/02(Mon) 20:13 | URL | きゃしー | 【編集
きゃしーさん^^

やっぱりそう思いました?
あの広告ではそう勘違いする人が多いでしょうね。

ギリギリで、末席(w)でしたが、それでも良かったです^^
ステージがもっと大きかったらなぁ、といつもおもいます。そうしたら、キャッツたちの自由に大胆に踊れるのにね。

ところで、例のcartaの件は片付いたのかしら?

2006/10/03(Tue) 16:43 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村