2017年6月19日

山火事のニュースが流れると、また今年もか、一体国は本気で国土焦土化の予防対策を考えているのかと腹立たしい思いになります。

毎年夏になると、乾燥気候と山中の清掃をしないがために大々的な山火事が起きるのです。自然発火が原因になることもありますが放火も多いのです。まだ、本格的な夏到来ではあるまいし、今回も放火の類かと、しかめ面でニュースを見ていましたら、どうも樹木への落雷が出火原因のようです。

yamakaji1.jpg

火災現場はポルトガル中部山間部のペドロガオン・グランデ一帯で、17日午後、強烈な熱波と雨の伴わない雷と嵐の最中に発火しました。1600人の消防隊態勢で昼夜の必死なる消火活動にも拘わらず、火はなかなか鎮圧されませんでした。

報道によると、この山火事での死者はこれまでに子どもを含み62人に上るとのこと。半数はペドロガオン・グランデの住人ですが、幹線道路に向かう路上の車内で30人、炎から逃げようと車外に出たと見られる17人の遺体が発見されています。

yamakaji3.jpg

消火活動の合間に束の間の休息をする消防士たち↑↓

yamakaji2.jpg

死者62人の中には4人の消防士も入っています。近年最悪の森林火災悲劇です。ポルトガル政府は18~20日まで3日間を国喪とする政令を出しました。

ペドロガオン・グランデの位置を地図で見てびっくり、実は近い内に訪れようかと夫と話していたPenela城はなんと、すぐ近くではありませんか。これから乾燥気候に入るポルトガルです、このような火災は山間部であればどこにでも起こりそうに思われ、国内の旅行は山岳地方を夏の間は避けたほうがいい、「Penela」は行きたくないとごねているわたしです。

近年にない痛ましい山火事惨事に、ポルトガルは泣いています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村