2017年7月9日 

海外に長年住む人は、利用したことがなくても一度は耳にしたことがあるであろうJapan Rail Pass。

日本のJRグループ6社が共同して提供するパスで、日本中を鉄道で旅行するのに最も経済的な切符と言われます。パスはJRグループの乗り物であれば乗り放題で、1週間と2週間の二種類ありました。

日本に入国してしまうとパスは入手できません。滞在国の取扱旅行社でパスの引換券を購入し、それを日本の最寄の指定駅などでパスに換えてもらいます。1週間のが3万円ほどです。

本来は日本を訪れる外国人向けなのでしょうが、海外永住日本人、また10年以上外国に滞在している日本人も利用できました。

ご存知の通り、海外から帰国すると、日本は物価が高いですから致し方ないこととは言え、その交通費の高いのにはうんざりするのです。帰国時は所沢の妹宅に滞在するのが常ですが、わたしは生まれ故郷が弘前、10年ほど青春時代を過ごした大阪は第二の故郷で友人知人も多く、できれば大阪も訪問して彼らと旧交を温めたい。

東京大阪間を往復すると新幹線で27000円ほどになりますが、ホテル宿泊代や友人たちとの会合の費用などを入れると少なくとも5万円は用意しなければなりませんが、この新幹線往復の費用で青森から九州まで移動できるというのは、大きな魅力です。

我がモイケル娘は東京での大学生時代、コースを変更、九州の方の大学に編入し2年間下関に住んだことがありますが、この時、Japan Rail Passには大いに助かりました。

この年、わたしは2週間のパスを購入し東京、下関、大阪、東京、弘前と移動して、正に日本縦断をしたのでした。体力もあったんですけどね(笑)このパスをこれまで3度ほど利用しています。

japanrailpass.jpg
記念にとってある15年ほど前のJRパスです。

それが、昨年突然「海外在住邦人を対象にジャパンレールパスの販売を2017年3月31日に終了する」との発表があり、がっかりしました。海外長期滞在者は家族連れで帰国することも多く、パスなしでの移動にはわたしなどは一人でもヒィヒィ言いながらなけなしのお金を払うことになります。増して家族での移動など多額な出費です。
まぁ、日本に住んでいる人に言わせたら、「税金も払っとらんのに贅沢言うなぃ!」となるのでしょうが、
その辺のところはご勘弁願いたい。

心の中で「JRのケチ~」と叫びながら(笑)諦めるしかないと思いきや、この発表には失望した海外在住者が多かったようで、「JRパスを考える在外邦人の会」が発足し、海外在住邦人の購入資格撤廃の再考を求めるための署名運動が開始されました。わたしも勿論参加しました。

そして、しばらく前にJRグループから海外在住邦人の新しい利用資格が発表され、平成29年(2017年)6月1日から、その資格を有する海外在住邦人も購入できることが決定されました。

詳細は下記サイトにて。

http://japanrailpass.net/about_jrp.html

また、こちらにも分かりやすい説明があります。今はオンラインで購入できるようですね。
https://www.jrpass.com/ja/japan-rail-pass-eligibility

本日はこれにて。
よろしかったらランキングクリック、お願いできますか?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村