2017年7月15日

我がモイケル娘に言わせると、「少々マニアック」なポルト、ポルトガルを綴っている拙ブログ記事です。

なぜこうなったのか、背景にどんな歴史があるのかと調べられずにいられない性分ではあります。そんな訳で、ついついこうるさい記事になったりするのはご勘弁いただき、お付き合いくだされば嬉しいです。

ポルトガルにおけるテンプル騎士団追っかけとシントラの億万長者モンテイロ氏が造り上げたレガレイラ館に多々見かけるシンボルの謎解きは、わたしのライフワークでもあるのですが、これにもうひとつ加わるのがポルトのMuralhas Fernandina(フェルナンディーナ城壁)です。

これについては随分昔から資料を集めているのですが、実際に足を運び現地確認をするには、現在、城壁のわずか一部しか残っていませんので、探すのに時間がかかりそうです。しようしようと思いつつも仕事に終われるようになり、いつの間にか探しそびれて今日まで来てしまいました。

歳がおっつかなくなってからでは遅かろう、そろそろ始めなければと、Arco das Verdades(真実の門)を探しに出かけたのをきっかけに、手始めとしてこれまでは入れなかったMuralhas Fernandinaが現在入れると聞きつけたので行ってみました。

実は去年当たり一度、ドン・ルイス1世橋を渡った時に、数人の人が城壁を歩いているのを見かけたのです。考古学者か地質学者或いは歴史学者でも現地調査に入ったのかなぁ、くらいに思っていたのです。それがツーリスト向けになったとは、すわ!と。

フェルナンディーナス城壁
かろうじて残った街の中にある城壁の一部。

写真に見える右側が城壁の続きで、直ぐ横を「Funiclar dos Guindais(フニクラール・ドス・ギンダイス)」ことフニクラールが上り下りしている。

フェルナンディーナス城壁

Arco das Verdadesから向こうに見えるMuralhas Fernandinaの一部。
フェルナンディーナス城壁

行くにあたって、ふと足元は大丈夫かな?夫に声をかけて週末にすべきか?とも思ったのですが、先に行って自慢してやれ、なぁんて考えて、ク○暑い中、Arco das Verdadesの後、そちらに足を向けました。

城壁に入る秘密の入り口目指して(笑)、サンタ・クララ教会へよっこらせっこら歩きます。サンタクララ教会は通りから奥まったところにあります。表からは見えないのですが、教会の直ぐ後ろには「老人ホーム」があり、わたしは2010年のポルトと国際親善協会の共催のJapan Week時に組まれた文化交流のプログラムの交渉で訊ねたことがあります。

フェルナンディーナス城壁

その時に、老人ホームの庭で城壁の一部を目にして驚き、ひょっとしてここから城壁へ行けるのではないか?と思ったものです。案の定、城壁への入り口はサンタクララ教会の横の老人ホームへの入り口と同じでした。

やっぱりそうだったか!と勇んで入り口に向かうと、先ほどから教会前でウロウロしていて気になっていたおじさんに、「これこれ、そこへは入れないのであるよ」と言われたのであります。

「ネットで城壁に入れると情報があったんだけど・・・」と話を振ってみると、「今工事中だからダメなのだ」と言う。見ると、「Obras(工事中)立ち入り禁止」と立て札があります。ガーーン!

思うに、最初にツーリストが偶然にここを見つけ入ったところが城壁であった、それをネットに上げたがため話が広がり多くのツーリストが訪れ始めた。わたしも足元が大丈夫かと気になったほどですから、恐らく危険を感じて、市が立ち入り禁止にしたのではないだろうか、とはわたしの推測です。

そりゃそうでしょう。14世紀のCerca Velhaを基にして更に広範囲に広げて造られたMuralhas Fernandinaです。長い間放置されてきたところに、近年観光地ナンバー1に位置づけられているポルトを訪れる観光客がドッと訪れたらどうなることか、分かろうというものです。

工事はどのくらいかかるのかと訊ねると、分からないと答えが返ってきました。残念ではありましたが事故が起こってからでは遅いものね。

下記では「サンタ・クララ教会」について案内しています。

奇妙なシンボル

奇妙なシンボル」 
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村