2017年8月3日 

aug2-1.jpg
8月2日撮影。シルエット silhouette1


10年ぶりに身分証明書の再発行申請に行ってきた。

市民の公の手続きは日本では市役所でなされると思うのだが、身分証明書を始め、運転免許証、パスポート、保険証、その他諸々の書類手続きは、こちらではLoja do Cidadão(Lojaは店と言う意味に使われるが、この場合は公共建物の意味。Cidadãoは市民)なる場所ですることになります。

これが、窓口はたくさんあるに拘わらず時間がかかるったらありゃしない。通常は優に1時間はかかります。特に夏休みですから覚悟してでかけましたが、意外や、身分証明書の窓口は30分ほどで順番が来ました。

10年間有効の身分証明書でしたが、この間、このカードの様式がpcに入れると全ての情報が出てくるというチップがはめ込まれ、保険番号、納税者番号も記入されるようになっていました。

さて、古い身分証明書を提出して、係員がパソコンで情報をチェックしていると、「苗字はないのか?」と聞くのです。「ありますよ。ここに書いてある○○○○○がそれです。」

すると、「○○○・○○○○○が名前になってるよ」と言うのです。

えーー!違いますってば。最初のが名前、そして次にあるのが苗字です。日本人は名前も苗字も一つずつなんです、と、説明すれど、以前はフルネーム一式が一行の箇所に書かれていたのを、新しいカードでは名前と苗字を別々の行に書かれるように変更されたのだそうです。

だから、○○○と○○○○○を二箇所に分ければいいだけの話ではない?

ところが、係員の言う事にゃ、「新しいカード様式に変更された時点で原本には名前が○○○・○○○○○で、苗字の箇所が空欄になってる」。

そんなアホな!苗字がないなんて、日本じゃ皇族だけだど!何かい、わたしゃ皇族かい!

ポルトガル人は名前苗字が一つずつというのは、まずありません。夫のように名前が一つという人も珍しいのですが、それでも苗字は長たらしく「フィゲレードのコスタ・サントスの誰々」と言うように、誰でも二つは持っています。 それは両親の苗字の一部を夫々からもらう故です。

そこで今回のわたしの件に関して思うに、新様式に変更されたときに、原本に打ち込む人、あれ?と疑問を持ったものの、めんどくさいもので、こちらへの確認連絡を怠り、そのまま、わたしの名前苗字をいっしょくたに、名前として打ち込み苗字を空欄にしたに違いない(怒) ったくもう!

で、係員曰く、今日、このまま身分証明書を発行してもいいけど、苗字欄は空白になる・・・

冗談じゃないぜ!日本ででさえ珍しい我が苗字(テヘ^^)、家紋だって立派な「丸に揚羽蝶」だぃ!と、家紋など武士制度が無くなった時点で、自由勝手に使えたであろうことを承知の上(笑)でござんす。嫁に行ってしまった娘は継げないが、息子はこのまま継いで行くはずの○○○○○であります。

半分呆れと怒りで、力んで「ほな、原本変更手続きはできますのんか?」と質問。ここではできない故、どこそこへ行って出直してくれ」だってさ!

原本変更となると、黄ばんでしまったあの古い婚姻証明書やらなんやらと、またぞろ引っ張り出すのか、はたまた、婚姻手続きをした神戸ポルトガル領事館やら外国人登録所やらから書類を取り寄せることになるのかと、考えたらぞ~~っ!昨日はその足で、原本変更手続きができる所へ廻りました。

少し待たされましたが、意外と簡単に変更ができ、やっと晴れて、苗字が持てたという次第であります。

なんちゅうこっちゃい。

aug1-1.jpg
8月2日撮影。シルエット silhouette2


本日も読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村