2017年8月10日 

ポルトガルの書店、みやげ物店などポルトガルのあちこちで似顔絵がよく見られるほどに、フェルナンド・ペソアは国内で人気がある詩人です。少し、詩人のおいたちを紹介してみます。

フェルナンドペソア


1888年にリスボンで生まれましたが、少年期を英国領だった南アのダーバンで過ごし、英語で教育を受けています。これは後に英語ポルトガル語の翻訳家の道へもつながります。

17才で南アからリスボンへ帰国後、リスボン大学で学びますが中退し働きますがやがて文壇の世界に入っていきます。ペソアがよく通ったカフェ「A Brasileira」の店先では彼の像が椅子に座っています。

フェルナンド・ペソア
リスボンのシアードにある1907年にオープンしたカフェA Brasileira

フェルナンド・ペソア
イスに座るフェルナンド・ペソアの像

生前のペソアは詩人としては一般にあまり名が知られていませんでしたが、O・ヘンリーやエドガー・アラン・ポーなどの作品、ナサニエル・ホーソンの「緋文字(高校時代にわたしが読んで衝撃を受けた本)」など多くのポルトガル語翻訳を手かげています。

ペソアはまた、神秘主義思想やヘルメス主義の熱狂的な支持者でもあったようで、占星術や錬金術にも強い興味を持っていました。案の定、宗教はNeo Paganism(異端教)、 Gnosticism(グノーシス主義)とあります。

サラザールの時代(1933年ー1974年)、1935年には、ファシズムへの批判を書きフリーメーソンを擁護したかどで、ペソアの作品は全て出版禁止の憂き目にあい、同年肝硬変で47歳で亡くなっています。

生前出版されたのは英語で書かれた4冊の本とたった一冊のポルトガル語詩集「Mensagem(メッセージ)」のみです。

フェルナンド・ペソア
手元にあるフェルナンド・ペソアの詩集Mensagem。

詩集は3部に分かれた44篇の短い詩からなっています。第一部は「Brasão(紋章)」、第二部は「Mar Português(ポルトガルの海)」、第三部が「O Encoberto(隠されたもの?)」

詩人としてフェルナンド・ペソアが世に名を馳せるのは、死後50年が経った1980年代半ば、サラザールの時代が終わり、彼が残した木製のトランクに入った、25000ページ以上に渡る遺稿が発見されてからです。

ペソアの詩については、詩の解釈は人それぞれにあるでしょうし、まして原語となると、ポルトガル語を専門に学んだことがないわたしにはとんでもないことですから、言及しないでおきます。興味のある方は、ネットで是非検索してみてください。

わたしはいずれ、ポルトガル語のDias先生と指導を受けながら読んでみたいと考えています。特に、ペソアがグノーシス主義だという点は、大いに興味を惹かれるところですしね^^

この項、まだ続きます。

本日も読んでいただきありがとうございます。ランキングクリックで応援していただけますか?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村