FC2ブログ
2006年10月5日
casa_azulejo
★ダウンタウン、人家のタイル模様、アズレージュ

それはあと一ヶ月足らずでボーナス、退職金をもらい、1月には
いよいよアメリカへという12月に入るか入らないかに突然やって
きました。

外から入ってきた知人からの電話、用心していたわたしは、話す
のもそこそこに受話器を置いた矢先に、電話のことで、あきらかに
こじつけだと分かる理由で、所長から理不尽な注意を受けた
のです。

欲しかったボーナスと退職金、これは渡米後の当座の生活費に
回るはずでした。
が、この数分後、わたしは
「もういらんわい。おふざけじゃござんせん!」  
はじけてしまったのでありました。

デスクの中の私物をまとめ、コートとバッグを手に、所長の机の
前に立ち、
「たった今、今日のこの時間を限りに辞めさせていただきやんす」
啖呵を切って、6年間勤めたオフィスのドアを開け、さっそうと
そうです、さ、さっそうと身を、身を翻したのでした^^;
ボーナス惜しさに後で襲ってくる後悔を考えもせず(笑)

最後の大きな試練は、ポルトガルでですが、嫁姑問題かな?と
みなさん、ご想像してませんか?(笑)
お姑さんたちとは6年間同居しましたが、習慣の違いで多少ぶつ
かりこそすれ、いびりはありませんでした。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

残念ながらこれも日本人絡みでした。
少々調子に乗って一生懸命仕事をしすぎたのが仇になった
ようです。晴天の霹靂で、思いもしなかったところからの大人の
いじめには、とうの立ったわたしも、3年間鎧兜で地獄の職場に
(笑)臨んだ日々でした。

この時代にわたしが自分をしっかり立たせるために言い聞かせた
言葉は「天知る 地知る 我知る」
そして、あの頃は中島みゆきの歌を何度も心中で歌っていました。
   
  今は こんなに悲しくて 涙も枯れ果てて 
  もう二度と笑顔には なれそうもないけれど

  あんな時代があったねと いつか笑って話せるわ
  こんな時代もあったねと きっと笑える日が来るわ
  だから今日は くよくよしないで 今日の風に吹かれましょう

  まわるまわるよ 時代はまわる 

(著作権にひっかかりませんように^^;)

今わたしの時代は確かにまわり、あんな時代があったねと、笑って
話しています。
もう10数年も昔のことですから。

これらの経験から見ますと、いじめる人間はひとりでは弱い。
数人徒党を組んで始めるのです。
これは卑怯な行為です。
卑怯を恥じる精神の薄れた人間がすることです。

一生懸命仕事に取り組めばやっかみが入る、と言うのは本来から
すれば可笑しな話なのですが、人間の気持ちというのは、そう
いう正しい尺度からともすればはずれがちになるようです。

それを責めたところで、解決にはつながりません。
わたしが言えることは、
「この先にある自分の未来を描く想像力を持て!」「読書せよ!」です。
そして、たった一人でいい、ただ一行でいい、自分を支えてくれる
人、自分を支えてくれる言葉があれば、いじめはもしかしたら乗り
こえられるような気がするのです。

「いじめられるほうにも問題あり」という言葉は詭弁にすぎま
せん。かつては帰国子女も海外にいたという理由で、いじめの対象
になりました。
教育が掲げた「個々の個性を伸ばす教育」のスローガンはいったい
なんだったのか。
個性を伸ばすどころか、出る釘は相変わらず打たれ損、子供たちは
益々、画一化されて来ていると見るのはわたしだけはないと
思います。

いじめや仲間はずれは大人にとっても辛い仕打ちです。
年端も行かぬ子供が、どうしてそんなことを集団でするのか・・・
わたしには、大人が映った鏡の反映に見えたりするのですが・・・

負けるな!時代は変わるよ。きっと変わる。
今の先の未来を描く想像力を忘れないで!

最後に、啖呵を切って去ったオフィス、本社とグッド・チーフの
とりなしで、3日後には復活、わたしは無事ボーナス、退職金を
いただき、アメリカへと旅立ったのでした。
グッド・チーフについては、下記のエピソードでどうぞ^^

★「あの頃、ビア・ハウス:エピソード11・バッドチーフ、
グッドチーフ
 

★ランキングクリックお願いします^^
関連記事
コメント
いじめ・・・
大人でもあるんですからねぇ・・・
ただ、小学の子を持つものとしては、
心配ではあるけれど、
果たして今のこの世は、
「正しいことをする」に対して、屈折しているような気もします。

私の会社では、いじめはありませんね。
当たり前のことなんですけどね。

ただ、出世欲による蹴落としは、
やはりあります。
あの手、この手・・・
じつにくだらない事です。
実力があるのなら、行くところに行くでしょうに(;一_一)

現場的には、昔のガキ大将の集まりみたいなもんで、今で言う、いじめはありませんが、
数人いる女性(非現業)達は、まぁ~色々とあるようで(-_-;)

現場的に、以前、パートさんを雇った時は、
そらもう、仕事より「いじめ」の対応に追われた日々でしたよ。
2人だと良いんですけどね・・・
3人以上は・・・・怖いです(-_-;)
来春、また募集するようでして、
悪夢が蘇りそうです(^^ゞ
2006/10/06(Fri) 21:28 | URL | マー | 【編集
まーさん、若いのにいろいろ苦労してますね(笑)

女性3人というのは、昔からうまくいかない、という
ジンクスがあるようですが、あたらずとも
遠からずでしょうか。

仲良し3人もいるのですがね^^

こういうことにぶつかるのは、大人の場合、社会に参加している、
と言う意味合いもあるのかしらね^^

おババさま、どんな具合ですか?

2006/10/07(Sat) 23:19 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ