FC2ブログ
2006年10月7日
sightseeingbus
★ポルトの夏場用観光バス

昨日の朝、掃除に我が家にやってきたベルミーラおばさん、ドアを
入るなり、
「オ・ドナ・ユーコ(オは人の名前を呼ぶときに前につけます)、
えらいこってすよ」と、まだパジャマ姿でいるわたしの手を
ひっぱり、表通りのベランダへと導く。

「ほれ、あそこにある車、やられましたです。」
と、我が家の隣のフラット前に止めてあるAudiの車を指差す。
ド近眼のわたしは、部屋まで取りに行ったメガネをかけ、ベランダ
越しに身を乗り出し改めて下を覗いてみると、あらま~~・・・
横の窓ガラスを割られ見事にやられております・・・
ガラスの破片がたくさん地面に散らばっているのが見えました。

まだ自分の車が泥棒にあったとは夢知らず眠っているか、はたまた
出勤しようと今まさに階段をおりてきているか、持ち主にはただ
ただお気の毒・・・

ベルミーラおばさんは今その車の側を通ってきて気が付いたのだ
そうで、車中はカーステレオはもちろんのこと、ハンドルなく、
座席までひっぱがされていたそうです。
まったく持って、悪いことをするのがいるものだ。
座席をひっぱがして、なにか隠してないかと・・・・
誰が、今時そんなとこに物を隠したりするもんかい!と、わたしは
思うのですが、そういう御仁やはりいるのでしょうか@@
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

わたしたちは車を夫用わたし用と2台もっているのですが、車庫は
1台分のスペースしかなく、わたしのはやもえずフラットのすぐ
前に並んで駐車しているたくさんの車の1台の仲間入り。
(ポルトガルではまだ車庫所有の義務付けがない。もちろんどこ
でも路上駐車していいわけではないのですが、道端に黄色い線が
引かれているところを覗けば、駐車OK)
自分の車が夜寝てる間に盗難事故にあったらと思うと、気持ちが
ズド~~ンと沈みました。

一度などは、隣人の車、朝起きてみると、車輪が4個なくなって
いた!古い車で、カーラジオも盗んでいくだけの価値がなかったの
でしょう、それは残っていたのですが、腹いせにこれも使い古した
車輪を全部盗んでいくなんて!
おかしいやら腹がたつやら。

それにしてもアラームはどうしたのよ?
ガラスを割る音で誰も目覚めなかったのか~、
まん前の人たちよ^^;
そんなプリプリした思いでいましたら、今度はこの辺りの有名人、
土地成金のジョアキンおじさん、市に売った畑をまだ使わせて
もらい、そこは何十匹と言う猫ちゃんたちの住処。
そして豚小屋があるのですが、そこで飼っていた
「コブタが盗まれた~」!!!

かつてなら、こそドロの季節は夏が相場(^^;)だったのに、
泥棒の世界もせちがらくなったのか季節かまわずでんがな、
こりゃ^^;

思い出したことがあります。
上述のジョアキンおじさんの畑を後ろに見渡せた我が家がかつて
オンボロ借家であった頃。
息子が中学生の夏休み。
2、3人の友達が遊びにきて彼らはゲームに夢中。
わたしはのんびり部屋で昼寝中。
やがてゲームを終えた息子、
「あれ?・・・部屋に置いたボクの腕時計がない・・・」
「何言ってるの。あんたのこと、ベッドの下とか後ろにでも落ちて
るんじゃないの。」と、わたし。
素直にもまた、息子はベッドの下、枕元など探しましたが見つから
ない。

そのうち、「ボクの財布もないよ・・・・」
「まぁた、もう!どこに置いてるのよ」
「ゲームする前に、ここに置いたもの」と部屋の整理ダンスの上を
指差す。
まったくもう、しようがない息子だ、と思いながら、何気なしに
廊下のピアノの上に目が行った。

そこには、その日の朝、掃除に来てお手伝いさんが忘れていった
腕時計を、わたしは置いたはずなのだ。
その置いたはずのものが・・・・・見当たらない・・・ない!

その時になって初めて、わたしたちは鳥肌がたったのであります。
それで行くと、まっ昼中、開いている台所のドアから、抜き足差し
足、わずかの合間に正に「こそドロ」がお訪ねくださったわけ
でして^^;

そういうことも知らずにゲームに呆けてた息子たち、のほほんと
昼寝をしていたわたし、それにもう一匹!こそ泥が忍び込んだのも
気づかず、グースカともに昼寝をしていた飼い犬のポピーー!!
情けないったらありゃしない。
自分の油断を棚にあげ、「お前はいつから猫になったのだ!」と
ポピーだけはこってりわたしに絞られたのでした。

こんな話をしますと、一体どんな地域に住んでるのだ?と、いささ
か疑問に思われるでしょう。
なに、ごくごく普通の郊外の住宅街だとわたしは長年思い込んで
いるのですが、
も、もしかして、違うのかな?えぇぇ・・・・^^;

★ランキングクリックお願いします^^

関連記事
コメント
お国柄…^^?
おお~、白昼堂々とドロボウさんが?!
人が大勢いる時は、まさかドロボウに入られるとは思いま
せんから、その油断を突かれた形ですね。
人への危害がなくて良かったこと。
しかし、「お前はいつから猫になったのだ?」と、実は自分
も昼寝していたspacesisさんが、犬のポピー君を叱る図が
可笑しいったら!
よく考えると怖い話なのに、楽しませて頂きました(^_^)

車の座席やタイヤを盗んでいっちゃうドロボウなども、悲惨
ながら、どこか漫画チックで笑えます(不謹慎かな…(^^;)

日本はまだまだ治安は良いほうでしょうが、最近増えてきた、
収穫の直前直後の農作物をごっそり持って行かれる被害などは、
笑える要素が全くなく、ひたすら気の毒に思うことです…
2006/10/08(Sun) 11:22 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
おこんばんは!
日本は、3連休。怖い奥様はちゅうの姪と
海外へ。6時に成田の空港へお運びして
鬼の居ぬ間のテニスに。
29才の男とシングルスを楽しみました。
身体の具合?もちろん、絶好調!
テニスも相手を振り回して快勝!
若い方が、息が切れていました。
ただいま、絶、絶好調!

我が家のお隣さんは、泥棒に3回も
入られております。
我が家には見向きもしません。
なぜだろう!?
2006/10/08(Sun) 19:18 | URL | 甘いもの好きの猟奇的男 | 【編集
>かんちがさん

振り返ってみると、大事件ではありませんが、なんだかんだと
泥棒にやられてますね、わたし(笑)

白昼堂々ドロでは、車庫に2,3度は確実に
入られていると思います。
長い間、なくなったのに気づかず、
「あれ?なんかおかしいんじゃない?」とw
でも、そのときはもう後の祭り。

車庫は湿気を取るために夏場はよく開けっ放しに
していたのです。生ハムを豚の脚ごととか、ウイスキー、シーツなどなどw

他にも持って行かれて気づかないままの物があるでしょう^^;

のんきなもんですわ^^;
そんな感じですから、どうしても欲しいなら一言言って
くれればあげるのに、とは本心思うことです。

あの頃のそういう経験から、一軒屋はもちろんいいけれど
うっかりもののわたしには泥棒浸入の点で扱いきれないかもと、
家を持つならフラットの方に傾いっていったのは事実ですね^^;

「お前は猫か!」とわたしに絞られたボピー、
とてもいい性格のワンちゃんでした^^





2006/10/09(Mon) 03:38 | URL | spacesis | 【編集
>ちゅうさん

ちゅうさん、一緒に行かなかったの?

あ、怖い奥様っていってるもんね(笑)
鬼のいぬまに~ってとこでしょうか。あ!
いけないや、鬼なんて言っちゃって^^;
ごめんごめん~(と、ちっとも悪びれてないw)

そうそう、三回も入られるなんてお気の毒ですね、お隣さん・・
前の家、三階建てでしたが、うちはその一番上。で、一階のお宅、
何度も入られてましたね、窓から。

いやぁ、うちのポピーちゃん、やっぱり根が
ポルトガル犬なのか、そのときも何の反応もなかった・・(ダメだこりゃw)

それにしてもちゅうさん、20代男子をけちょんけちょんに
やっつけて、本当に絶好調ね!
この間の騒動はどこ吹く風じゃないの(笑)

安心しました^^

2006/10/09(Mon) 04:03 | URL | spacesis | 【編集
な、なんともまぁ・・・

コッチは、車上荒らしは減っているかも。
だって、車ごともって行っちゃうんですから。これも笑えないなぁ・・・

そういえば、
今年は米泥棒、あまり聞かない。
あるときなんて、
夜中に、稲を刈られていたなんてニュースも
あったのになぁ(;一_一)

うん??
景気も良くなってきたのかな(爆)
2006/10/10(Tue) 21:44 | URL | マー | 【編集
>マーさん

車ごとっていうのはいやですねぇ。
とてもじゃないけど、笑えないわよ・・・
ポルトガルも、のんびりというのは日に日に
昔話になりつつあります。
油断もすきもなくなりました。

義兄がちょっと止めて離れた隙にやられましたですよ^^;
それがまた、「アンタの車、見つけたよ。」と後で電話をかけてきて、
義兄、警察に連絡とり家に礼をもらおうとやって来たのを
ひっつかまえました^^;

車を盗むのと連絡をとって礼をもらうのとみな、グルです。
戻ってきた車は当然、全てひっぱがされ、残っていたのは
外形、いや形骸でしたわ^^;

夜中に稲刈り(笑)
どうなってるんでしょw

2006/10/11(Wed) 00:54 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ