FC2ブログ
2017年11月13日

今でこそ断水、停電がめったになくなったわたしの住む区域であるが、わたしがポルトに来た頃はしょっちゅうだった。日本ではそんな経験がほぼなかったのでポルトガル新米のわたしは、エラい所に住む羽目になったなぁとかなりとまどったものだ。

わたしは義母、そして夫のおばたちと6年間同居していたのだが、義母の台所の調理器具の火元は電気なので停電ともなれば料理ができない。水が出なければこれまた料理不可で、断水・停電どちらにしても即、困った事態に陥るのである。お湯も電気で沸かすのでシャワーも浴びることはできない。

日本のように、何日の何時から何時まで断水だとか、停電だとかの予告なく突如としてそうなるもので、赤ん坊を抱えていた時期など、停電断水対策なくしては日々の生活は済まされなかった。
一度などこんな冷や汗をかいたことがある。

ーーー随分昔の、とある水曜日の午前中のことです。
日本語レッスンを予約していた生徒が来なかったもので、キャンセルされた時間を利用して、しばらくぶりに染髪することにした。染料を塗りつけて30分ほど置かなければならないのはご存知の通りです。

で、その間ちょいとメールチェックでもしようかとパソコンをオンにしたのであります。そしたら、日頃からネットでおしゃべりしていたチャット仲間にとっつかまり、ああでもないこうでもないとしようもない話で盛り上がり、「アッ!」と気づけば所要時間を過ぎること40分!髪はすでにバッリバリのバリ!

「すわ、たいへん!」てことで、慌てて仲間にオサラバし、バスルームに駆け込んで、「さぁ、洗うべぇ」と蛇口をひねったら、ひねったら、ひねったら、・・・水が出ない!!!!(泣)だ、断水よ・・・(予告無しの断水、停電がこちらではよく起こる^^;)出ないといったら憎ったらしいくらい一滴も出ません・・・染髪の色どころか、頭の中、真っ白であります。

義母と同居中のときは、よってもって食料庫の中にわざわざ補給水用のタンクをとりつけてもらったのですが、子どもも二人になり、義母の家もそれでは狭くなり、引っ越して別居した先はフラット(アパート)でもあるから、まぁ大丈夫かと高をくくったのが甘かった・・・

「よし、こうなったらもったいないが飲用水として常時買い置きしてあるミネラルウォーターで」と思ったのですが、染料を全部くまなく洗い落とすには相当量の水がいる。とても5リットルボトル4つくらいでは足りそうもない。午後には日本語レッスンがあるんや~、どないしよう・・・どうしようかとウロウロしているうちに、時間はどんどん過ぎて行き、髪のバリバリ度は更に増していく。

なんでもよく知っている大阪出身の友人に「このまま夕方まで放っといても、髪、大丈夫かなぁ」と電話してみた。開口一番、「あんた、またそんなアホなことしとんのか。夕方まで放っといたらどうなるぅ?知るかい!」
つ、冷たい奴め・・・好き好んでしたんじゃないわい。

はっ!と気づいたは、義母の家の補給水。確かあったはずだ!ここから目と鼻の先です。電話であちらのお手伝いさんと話をつけて、お風呂を借りることになりましたのね。

「でも、この頭をどうやって隠してあそこまで歩いて行くかなぁ」と思いつつ、何気なくもう一度水道の蛇口をひねったら、ひねったら、ひねったら~水がでた!「ハレルーヤ!」

ほんと真っ白になったり真っ青になったりした忙しい半日でした。そして、長時間置かれたそのバリバリ頭のせいで、今回はやたら赤くなってしまったわたしの髪であります。こういうハプニングが起こるのって、日本のような文明国では考えられないことですね、きっと。(笑)

電気が再び点いたときの、水が再び蛇口から流れ出たときの感動は、それはもう長らく忘れていた素朴な喜びの感情でもありました。---

停電ともなるとテレビ、ラジオ、ステレオなど普段何の疑問も持たずに湯水の如く使っている文明の利器が突如として取り上げられるのである。さすがおたつきます。しかし、何度か経験しているうちに、愚痴を言っても始まらない、しからば今できることをしようではないかと考えを改め、蜀台にろうそくを立てソファに座ってレース編みなどをするようになった。雑音のない静寂な時間は普段なかなか持てないものだ。

日の出とともに働き出し暗くなるとともに就寝するという原始的な生活習慣を人はいつの頃から捨て始めたのだろうか。夕焼け空に目を向け夜空の月や星を仰ぐのは季節を見るだけではなく、大いなる宇宙のなかの人間という小さな存在を感じ取り、生命に思いを馳せる哲学的な時間を持つことでもあったのかも知れない、とそんなことを考えたりして、いつの間にか断水停電に対してあまり動じなくなりつつあった頃に、曽野綾子さんのこんな言葉に遭遇しわたしは妙に納得したのだった。

「不便を体験すると人間はしばしば哲学的になる」

積極的なボランティア活動でアフリカ等の未開発国を何度も訪れては、多くの、いわゆるわたしたちからすれば大いなる不便さを目の辺りにしてきた氏だからこそ、言えるのであろう。

物事を沈着に考えるのに文明の利器は要らないかも知れない。必要なのは便利さに振り回されない時間を自らが作ることだと思うのだ。人間が万物の霊長とされるのは思考することができるという、他の動物とのその一点の違いだ。が、今ほど人が「考える」ということをしなくなった時代はないのかも知れない、と思い、溢れた物に囲まれ、時間に追われ刻まれるような毎日を送っていることが、時にふと怖くなったりするわたしだが、皆さまはいかに。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
こんにちは!
全く知らなかったそちらの状況。今もですか。
一人思索する時間って本当に少なくなっています。せめて読書と思って本を手に取るのですが、20年前と比べ、速度も理解度もガタ落ちです。
2017/11/14(Tue) 09:28 | URL | 相子 | 【編集
相子さま
今はこの件についてはほとんど問題がなくなりました。世の中は変わります物ね。それに、そうなったとしてももう動じなくなりました。

活字中毒とも言えるわたしは、寝る前に小一時間ばかり読書するのが習慣でしたが、仕事を増やして以来、ものの15分もすると本を顔にかぶせたまま寝入ってます。

読書も体力がいるんだなぁと気づいたのでした。

コメントをありがとうございます。
2017/11/15(Wed) 06:53 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ