FC2ブログ
2017年11月22日 

前回に引き続き、ちょいと空のお話をば。

「宇宙に思いを馳せることは哲学することである」と、わたしは思っている。わたしのように粗忽な人間は、肝心の大切なことを見落としてしまいがちで、哲学者には向いていないが、空を仰ぎながら自由に思索することがわたしは好きだ。

わたしが中学生の頃、弘前から何度か大阪への家出を繰り返したのに呆れ果ててか、当時転勤で大阪に住んでいた叔父夫婦が、わたしを1年間ほど大阪に引き取ってくれた。
その叔父の団地社宅で、夏の夜、彼は時々わたしを屋上へ連れて行き、星空を見上げては、「あれは北斗七星、あれはカシオペアだ。」と星座の見つけ方を教えてくれたものだ。

わたしが夜空の星を見上げることに興味を持つようになったのは、それからずっと後のことだが、案外この頃のことが、記憶のどこかに残っていたのだろう。

今から40年以上も前になるが、偶然書店で手にした一冊の文庫本、エーリッヒ・フォン・デニケンの「未来の記憶」という、一見風変わりな題の本が、わたしを宇宙考古学という世界へ導いてくれた。著者のデニケンその人は科学者でも考古学者でもなく当時はスイスのホテルの経営者であった。
  
この本を振り出しに、わたしは聖書やシュメールの神話などに興味を持ちその手の本を探し求めるようになった。デニケンのファンも増え「デニケニスト」という言葉ができたくらいだが、わたしが夢中になって宇宙への果てしない夢を見始めたあの頃は、こういう類の本を著す彼も変人と思われたことだろう。

「宇宙にこのほかにも何百万の惑星があるのは、我々の責任ではない」というデニケンの言葉もあながち嘘ではないかも知れない、とわたしは当時思ったものだ。これは、後にアメリカの宇宙科学界第一人者となった故カール・セーガン博士も言及していることである。(カール・セーガン博士は映画「コンタクト」の原作者でもあり、わたしは彼の大ファンだった)

さて、こういう読書熱が昂じてか、わたしの目は、わたしの思いは、時折ふと何気なく天上へと向けられたりするのでありました。

我がモイケル娘が中学生の頃でありましょうか、空一面鉛色にどんより曇ったある日の夕暮れと夜の間。雨こそ降ってはいなかったが、肌に触る空気は濡れて感じました。そんな日には、表通りのベランダに出ることはまずないのに、どういうもののはずみでか、出てみることになったのです。

そしてその時ヒョイと北の空に目を見やると、「むむ、あれはなんなのだ?」一面の鉛色の北の空に、ボワ~ッとまぁるい白っぽい大きな影がふわ~っと 浮かんでおりました。
  
すると次の瞬間その影はサーッと一瞬にして移動したのです。え?え?胸が高鳴りました!うそだうそだ。目の錯覚だ!いえいえ、目の錯覚ではありません。その証拠にその丸い白い影、今度はまた瞬時にして別の場所に移動!

「おーーい、むすめ!カメラカメラ!」お暇な娘、即座にカメラを持って参りました。
「あれを見よ!動くでしょ!あんなデカイ物が瞬時にしてあれだけの距離を移動できるはずありまへん!」すると、モイケル娘も、「はいはい。母じゃの仰せの通り、左様にございます。」と相槌。

わたしは、その、正に未確認飛行物体なる物に(w)カメラを向けてバチバチとカメラのシャッターを切ったのでありました。(当時はデジカメがありませんでした。)

興奮も冷めやらず、夫、息子が帰宅して囲む夕食卓で、披露したその話、盛り上がると思いきや、息子が言下に

「ぎゃっはっはっ!ママ。それ、ダウンタウンのディスコティック(踊る店)の丸い大型ライトを使った宣伝だよ。」
 
し~~~~ん・・・ あ、そ。束の間のはかない夢ではありました。

後日、その事件を忘れたころにできあがって来たその写真は、悪天候で丸い白い大きな影も写っておらず、画面が、ただただ灰色の数枚の写真。それを見ては自分のおアホさを思い出し、プッと吹き出すのでありました。

お粗末さまでございました^^;

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ