FC2ブログ
2018年1月20日 

サラリーマンにとっては花金の金曜日も、わたしにすれば日本語個人レッスンと併せて土曜日の授業準備の日でもあり、バタつく一日です。

目下、市立図書館の土曜日コースは2クラスなのですが、一つが初級2年目のクラスで来週末には漢字検定試験10級を受験することになっています。漢検は通常日本人向けの試験で10級は小学校1年生が習得する80の漢字から成る語彙の音訓の読み方、書き、筆順、とめ、はね、はらいが問われます。

これを海外の日本語学習者が受験するのは、10級たりとも侮れないのです。一つには、語彙が日本の小学生対象ですから、日本語テキストではまず目にしない言葉が多いのです。

例を挙げると、校てい、ろう下、こん虫、かぶと虫、玉入れ、お年玉、一りん車、等々、日本の小学生の生活に関する言葉は混ぜ書きが多く覚えにくいものです。知ってて無駄だということはないのですがね。

漢検に合格して日本語の証明書を手にすることにより達成感を味わってもらい、漢字、ひいては日本語を習うのは面白い、というところへ引っ張って行きたいのです。

その漢字を覚えてもらうには、検定試験のような目標があると生徒がよく勉強します。また漢検の受験料が13ユーロ(1700円くらい)と安いのも魅力です。

我がYY塾では、ローマ字版の日本語テキストを使って文法を勉強しながら、同時にひらがなを一通り習います。その後、日本語版テキストに切り替えてカタカナを覚え、テキストがだいたい読めるようになった時点で、漢検10級、つまり小1の漢字80文字を習い始めます。

そして、週一回の日本語授業で、毎回20分ほどの模試を繰り返します。模試に使用するのは過去問題集一冊ですが、これを宿題と授業とで併せて3回繰り返してもらいます。つまり、一冊の問題集を3回繰り返すということです。

こうすることで、授業で使う日本語テキストには出てこない漢字熟語を覚え、よくする間違いをクリアしてもらいます。筆跡、筆順も改めてこの時に指導します。3回繰り返し自分の弱点をクリアすることで、受験を2、3週間後に控えた頃には、合格点が総合得点の80%のところを、全員ほぼ90%以上のところまで到達します。

これで、試験で見たこともない新語を目にして間違ったとしてもほぼ全員合格できるというわけです。

pass-2.jpg
Wikiより

このように、これまではずっと試験一週間前ともなると受験者全員がほぼ90%以上の正解率になっているのですが、今回は少し手こずっています。一週間に一度、80分の授業ですから自宅学習を怠るとてき面書けなくなります。覚えないのです。今回のクラスのように社会人が多いと、仕事と勉強の両立が難しく、そうなりがちなのでしょう。

でも、生徒さんたちへの指導は、spacesis、ひたすら「忍耐」の二文字です^^

「親という字は、木の上に立って子供を見るです!」
「数えるという字は、米を女が数えるのです!」
「南という字は、南十字星が見えることから、十で始めます!」
「休という字は、木に人がよりかかって休むAlentejano(アレンテジャーノ)だよ」
アレンテジャーノとはポルトガル南部の農業地アレンテージュの農夫の意味で、画像の如し↓

yasumu.jpg

という具合に、「あなたのウィークポイントはこの漢字!」としつこく何度でも教えますぞ^^

見逃せないのが「算用数字」です。これは筆順の番号を書くときに使われるのですが、「1」「4」「7」の数字はポルトガル人の独自の個性があり、日本人からみると紛らわしい。そこで、これらの数字も

わたし「1、4、7はこんな風に書いてはいけません!」
生徒「オー・マイ・ガッド!数字の書き方で落とされたらかないません!」

押さえるべき、目をつけるべきポイントを教えた後は、わたしが言えるのは、「後一週間もある。まだ間に合うから諦めるな!」です。そうして、全くダメだったのが頑張って合格したケースもあります。

今年の漢検受験生は我が塾から10級が8人、9級が一人、同僚のOちゃんのクラスからは9級が3人と、合わせて12人ですが、数年後の予備軍として8級と7級を我らがジィジィズたちが受験を目指して目下勉強しています。ジィジィズとはわたしがつけた名称で、65歳以上のおじさん生徒たち、JiiJiisのことであります。

って、自分もその仲間に入るんだった。しかも最年長者の先生だった。がはははは!

来週土曜日の昼から、付き添いで生徒たちの漢字学習を試験ギリギリまで見てあげるつもりです。受験前には、「みんな、合格点は150点満点の120点。つまり、問題を15こ間違ってもいいんだよ!」と送り出します。

こうなると、もう親の心であります(笑) 

本日はこれにて。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ