FC2ブログ
2018年2月15日 

キターー!と喜んでホクホクしています↓

omiyage1.jpg

イエイエ、写真のドラ焼きなどではなくて、息子がキタのが、ですよ、喜んでいるのは(笑)

2月後半から3月いっぱい大学の講義がないので、目下、我が東京息子が帰国している。羽田空港からもう少しで飛行機に乗るけど、明太子いくつ欲しいの?と聞いてきたので、二つ三つでいいよ、と言ったら、1キロ持って来た^^; ドラ焼きも2箱持ってきて、期限があるから毎日食べないとだめだよ、と言う。

ふっふっふ。冷凍という一手があるのだぞ^^ これで4月中旬の自分の帰国まで、日本食が恋しくなっても、なんとか持つのである。

と言うので、今日は息子に関する話。

★東日本大震災の年2013年
息子、娘は千葉にアパートを借りて共に住んでいたが、気が気でならず、震災の一ヵ月後には、子どもたちの様子をこの目で見んがため、帰国した。その時のこと。以下。
2011年4月27日
未だ時々余震の揺れを感じたりするものの、精力的に東京と家の中を動き回っています。起床7時、モイケル娘を職場に送り出し、掃除洗濯、アイロンあてをしているうちに、午後から英語講師の仕事を持つ東京息子がやがて起床。で、またご飯の用意なんです^^;

この家事ですが、いやいやもう、子供たちの住まいはかなり光ってまいりました。なにしろ、わたしは亡くなったポルトガルのピカピカ好きのお姑さん仕込み、それに我が家で長年働いてくれているお掃除のおばさんこと、ドナ・ベルミーラ仕込みの腕です、トイレ、風呂場、台所、冷蔵庫とお掃除はお任せあれ。

子供たちを見るにつけ、働きながら家の中を整頓するのはなかなか大変なことのようで、共働き女性の負担たるもの、さぞかし苦労なことだろうと思われます。わたしもポルトガルでは、一応共働き主婦のお仲間に入るとは言え、たいていが自宅での日本語教室ですから、仕事の合間を縫ってちょこっと家事ができるのは嬉しいところです。

都内へ出かける予定がない日中は、午後の食料買出し。これがポルトでは普段車を使っているもので、重い買出し荷物をぶらさげての歩け歩けは結構疲れる、いや、運動になりますわ(笑)人目も構わず、ヨイショコラショと思わずかけ声が出ます。

夕方6時少し過ぎには、退社後まっすぐ帰宅するモイケル娘です、ポルトにいたらとても考えられない7時台の晩ご飯。この後片付けが済むころの10時に息子の帰宅で再び食事の用意。久しぶりに母親業をしっかりやっております。

日本とポルトガル、遠く離れていてもメッセンジャーやスカイプのあるご時世です。女同士のモイケル娘とはほぼ毎日のようにチャット交換してきたのですが、息子とのそれは、「元気?」「うん。そっちは?」「問題なし。仕事はちゃんとできてる?」「うん、」「なにか必要なものはない?」「Nothing special」と短いものです。だが、三つ子の魂百まで。子供のころからの息子の性格からして、きっと大笑いされるような話が山ほどあるに違いない。

そんなことを思っていた今日、遅い夕食をしながらの息子の話に腹を抱えて笑い転げていたのでした。

週に何度か近くのジムに通っている息子、力いっぱい、筋トレをしていたら、係員が顔を青くして飛んで来て、「お客さま、もう少しヤサシクしてください」と言われたのだそうだ。

筋トレ用具を壊さんばかりに思い切りガンガンやっていたのだろう。まったくいい年をして加減と言うことを知らないヤツではあると思いながら、その様子を想像し、ジムには悪いが可笑しくて笑い転げていたら、そんなのがいくらでもあると息子が言うのだ・・・・・

年末に福引がすぐ近くの商店街であった。例のガラガラポンを一回まわすのだが、あれを衆人の目の前でいい歳をして力いっぱい何回も回して、とうとう玉いっぱい外へ飛び出してしまったって・・・・
息子いわく、
「おれ、知らなかったんだ、一回しか回さないってこと。てへへ^^;」

そこに居合わせた日本人たちのあっけに取られた顔を思い浮かべると、「お前というヤツは~」と言いながら、これが笑わずにおらりょうか(爆)
日本の皆様、息子がご迷惑をかけておりますが、どうぞ長い目でみてやってくださいませ。

日本人の友達からは「ジュアン君て原始人みたいだね」と言われるのだと言う。げ、原始人^^;「粗にして野」か・・・・

すると横からモイケル娘、「おっかさん、うちでも外でも変わらない、裏表のない人間に育って欲しいと
願ったんでしょ?その通りじゃん、はははは」(エピソードはこちら↓)
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-287.html

そ、それはそうだけど、微妙にちがうんだよね^^;今更意見を言っても始まるまい、息子よ、城山三郎氏ではないが、粗にして野、しかし、「卑」にはなるなや。


ポルトに帰った翌日の昨夜は、早速、学校時代の友人たちが集まってくれたのか、自分が号令をかけたのか、出かけて午前さまの息子が今部屋で眠っている。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村