FC2ブログ
2018年2月16日 

今日は、ポルトガルの文化と暮らしの情報、それに、ポルトガル雑貨を紹介するサイト「東のポルト屋」の紹介です。

前にも紹介しているのですが、その後、店長こと我がモイケル娘は新装したいと言うので、しばらく工事中でしたが、数日前にめでたく開店できたようです。

ネットショップを開くに至ったいきさつを少し話させてください。
伝統工芸界はいずこも後継者の問題を抱えています。ポルトガルもその例に漏れず、かつては街のあちこちで見かけることができた北部工芸品の多くが、今ではすっかり店頭から姿を消してしまいました。それらを手に入れようと思ったら、探さなければなりません。

ポルトはこの数年観光客がたくさん訪れるので、ツーリスト向けに手ごろな値段でいわゆる観光土産はあるのですが、わたしが言う伝統工芸品はあまり目にすることがなく、あっても量産できないのでどうしても値が張ります。

ボルダーロ社の陶器、金銀を使って繊細な細工がなされる装飾品フィリグラーナを始めとする北部工芸品に限らず、南部の手作りのアライオロシ・カーペット、そしてポルトガルで新たに開発されたコルクを使った製品など、他にもたくさんあるのですが、わたしは長い間、これを独り占めにするのはもったいない、なんとか日本に紹介できないかとずっと思ってきたのでした。

ボルダーロ社の有名なキャベツ皿。
ポルトガルの伝統工芸

ポルトガルの伝統工芸
夏も冬も 足に触る感触がいいアライオロスカーペット。

ポルトガルの伝統工芸
可愛い「恋人たちのハンカチ」。素敵ないきさつがあります。東のポルト屋にて説明しています。

特にわたしが惹かれるものにポルトガルの布物があります。ポルトガルの一般家庭ではたいていどこの家でも、あちこちにレースや伝統的な織物の横長 クロスが敷かれています。小さなスペースでも、ちょっとしたところにちょっとした心遣い、というので、小さなレースのモチーフもよく使われます。
ポルトガルの伝統工芸

わたしがこれを同じように我が家でもするのは、ポルトガルに来た最初の6年間を同居した夫の母の影響です。彼女も同居していた夫のおばも、よく暇を見てはレース編み等に手を動かしていました。当時はバスの中や診療所の待合室でも、レース編みをしている女性をたくさん目にしたものです。

これらの布製品も今は市内ではあまり見かけないもので、年に一度の遠くのリネン工芸フェアにも足を運びます。手織りのリネンには飽きが来ない質素な美しさがあります。

あれやこれやと紹介したい思いが今回のモイケル娘の「東のポルト屋」オープンに結びつきました。まだまだご紹介できる品数は少ないですが、徐々に増やしていけると思いますので、どうぞ覗いてやってくださいませ。また、布物についてはご興味あらば、「東のポルト屋」まで、お問い合わせください。出展はしていませんが、数点在庫であると思いますので。

下記、「東のポルト屋」サイトです。
http://www.higashinoportoya.com/

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
東のポルト屋さんは、雑貨好きな私としては要チェックなんです。なかなか購入に行きつかなくてごめんなさいm(__)mちょっとお待ちを(^^;)

二度ほど、しかも仕事で観光など皆無で、ランチとワインとビールには恵まれましたが(笑)
心に残っているのは空港などで見た緻密な手仕事ならではの小物でした。

ラテン丸出しの現地溶接士を相手にしていただけに、ギャップがすごかったのを思い出します(笑)


東のポルト屋さん、
きっと上手くいきますよ。

春になると、あちこちでクラフトフェアが開催されます。
基準は様々(基本作ったものですし)ですが、こういうものに参加されるのもいいかもしれませんね。
取り扱いでなら、松本(長野)の古市なんかもいいかもしれませんね。

良いものは、世界共通で受け入れられます。頑張って欲しいです(^^♪

2018/02/17(Sat) 23:32 | URL | マー | 【編集
マーさん
ありがとうございます!
覗いていただけるだけでも嬉しいです。

これから男性も興味をもちそうなものも紹介できるといいんですけどね^^

今は大学の事務局での仕事がメインですから、その合間を縫ってしているもので、時間的になかなか自由になれないところがあると思います。

本業となると仕入れ方法も考える必要がありますし、できるだけポルトガル伝統工芸品を紹介する、という気持ちを忘れずに続けてもらいたいと思っています。

マーさん、もう一度、仕事がらみでこちらに来るチャンスが訪れるといいですね! ポルトガル人も昔のラテン気質が少し薄れたと思いますよ。残念なのかそれでいいのか、ちょっと複雑なところではあります。
2018/02/18(Sun) 20:44 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村