FC2ブログ
2018年2月19日 

鍵二つって、そりゃSpacesisさんはそうでしょよ。二つどころか三つ四つあっても住む人が同じだから、自分の家から自分を締め出すのは再三起こりますってば。
なんて、だれだぃ、そんなことを言ってるのは(笑) 意味が分からんという方はこちらでどぞ。

迂闊者にはしんどい鍵社会

今日はそれじゃないんです。
先週から、大学講師の仕事が休みの東京息子が帰国しているのですが、昨日は雨もあがり天気がよかったので、急遽、以前から見たいと思っていた教会を見にオヴァール(Ovar)まで探して行って来ました。ポルトガルでも美しい教会のベスト10に入ると言われておりずっと興味をもっていたのですが、機会がなく今日まで来ました。

オヴァールの町中にあると思いきや、探して行ったふたつの教会はどちらもかなり奥まったところにありました。今日はそのひとつ、Igraja Mátriz de Cortigaçaの紹介です。

igreja14-1.jpg

Cortigaça(コルティガッサ)というオヴァールの村にある教会は、ポルトのイルデフォンソ教会のように建物の外側が全てアズレージュで被われています。12世紀のものであろうと言われます。残念ながら昨日は閉まっていて中が見学できませんでした。

アズレージュは向かって左が聖ペトロ(ポルトガル語ではサン・ペドロ)、その下がアッシジのサン・フランシスコ、右が聖パウロ、その下がサンタ・マリア(聖母)が描かれています。

教会入り口中央の上部にはサン・グラールこと聖杯が見られます。その下にも聖杯と十字架が交差しているシンボルが見えます。写真を撮っていると、ぬぬ?サン・ペドロは二つの鍵をもっているではないか。

igreja16-1.jpg

サン・ペドロはイエス・キリストの12使徒の一人で、昨年初秋にわたしたちが旅行してきたバチカンの初代教皇でもあり、「天国の鍵」を手にしています。

すると、息子と一緒に後ろにいた夫も「あれ?鍵がふたつあるぞ」と言う。「あ、ほんとだね。ふたつって?」とわたしが応じると、夫、すかさず、「スペアキーだよ、君同様、サンペドロも時々自分を締め出してしまうので、天国に入るのに合鍵が要るんだろ」・・・・

側で我ら夫婦のやりとりを聞いて息子がぷっと吹き出している。この間の締め出し事件を彼に話して「また、やってたの?梯子のぼるの危ないよ」と息子に言われたところであった。

夫のこの手のジョークは毎度のことで、言い得ているのが、これまた腹が立つのであります。ちがうわ!なんでサン・ペドロが、天国に入るのに合鍵がいるんだぃ!と、いきり立ち、よし!家に帰ったら早速調べてみようと思い、したのでありました。

サン・ペドロが天国の鍵を持つ、というのは知っている人も多いかと思います。かつては国民のカトリック教徒が多かったポルトガルです、夫もカトリックではありませんが、こと聖書に関してはやはり色々知っています。

しかし、日本語では単数複数の表現はなく「鍵」です。ポルトガルの伝統陶芸家ローザ・ラマーリュのサン・ペドロも手に一つの鍵を持っているし、わたしは昨日までサン・ペドロの鍵は一つだと思っていました。

saoPedro.jpg
陶芸家ロザ・ラマーリュの作品「サン・ペドロ」

調べた結果がこの絵で分かりました。

saopedro2-2.jpg

上の絵はバチカンのシスティナ礼拝堂にある壁面画の一枚です。下に拡大しました。

saopedro2-1.jpg

確かにイエスから二つの鍵を受け取っています。

「わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる。」( マタイ伝 16:18)

金の鍵は天の国における権威を示し、銀の鍵は縛ったり解いたりする地上の教皇の権限を意味しているのだそうです。鍵の先は上(天)を指し、鍵の握り部分は下(この世)に向き、これらはキリストの代理人の手にあることを示唆しています。 二つの鍵をを結んだ紐は天国とこの世に渡る二つの権威の関係を示す、とあります。

vatican_crest.gif

上記バチカンの紋章にもペドロが授かった金銀の鍵が描かれています。現フランシスコ教皇はサン・ペドロから数えて266代目の天国と地上の権威を現す二つの鍵を預かる教皇ということになります。

ということなんだよ、うちのダンナ!合鍵じゃないわ・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
金と銀の鍵と🔑🗝と赤い紐(^_-)
本日のブログは、素晴らしい(^_-)、witとhumorとsenseに富むお話で、勉強になりました。
イエス様と教皇様の関係が紋章🔱に簡潔に、金と銀の鍵と赤い紐でsymbolicに表現されているのは、粋の極致でございますね(^_-)(^_-)(^_-)
2018/02/20(Tue) 00:30 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
いつもコメントをありがとうございます。

いくつになっても色々勉強になりますね。
ここしばらく遠ざかっている歴史やシンボルの謎解きは、後少しでポルトの通りの歴史を読み終えますので、多分夏くらいからまた書き始められると思います。

ポルトガル語の先生にはokをいただきましたし^^
こういう謎解きは大好きです^^
それに、何だか面白い偶然が重なりましたしね。
2018/02/20(Tue) 07:17 | URL | spacesis | 【編集
古希の寓話(^_-)
古代ギリシャ語即ち古希のアイソート(^_-)イソップ寓話の金の斧の故事にも通じるかも(^_-)
イソップ寓話に依拠する話、裸の王様は何かしら、忖度され続けて当たり前だのcracker的な、何処ぞの国々のトップの方々かも(^_-)アレキサンダー、ナポレオン、、、などなど、歴史は繰り返され続くていく(^_-)(^_-)(^_-)
2018/02/20(Tue) 08:00 | URL | やまひろ | 【編集
フフフ・・・
色んな人が複数の鍵を持つのですね(ΦωΦ)
ご家族のやり取りが目に浮かびます(#^^#)

アズレージュ、画像からもため息が。

あの青、そしてあの青い空。

心はそっちに飛んでます(笑)
2018/02/21(Wed) 00:07 | URL | マー | 【編集
やまひろさん
哀しいかな、人間は歴史から学ぼうとしないのでしょうかね。

なんて、鍵ひとつのことも学ばないわたしがエラそうに言えませんがなv-8
2018/02/21(Wed) 07:20 | URL | spacesis | 【編集
マーさん
この青、そしてこの青い空。

マーさん、心だけでなくそのうち御身も!
2018/02/21(Wed) 07:22 | URL | spacesis | 【編集
ぶっ!
父のユーモア、健在ですね(^▽^)
2018/02/24(Sat) 09:11 | URL | もいける | 【編集
もいける君
そのユーモアと言うかアイロニーと言うか、時に腹立つんであるのよねv-403
2018/02/25(Sun) 08:20 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村