FC2ブログ
2018年3月23日 

伝統的な服装をポルトガル語で「traje tipico」「traje tradicional」と言います。
ナザレの漁師と女性の服装もそのひとつです。

下の写真は、わたしが撮ったものですが、ナザレでは日常的に伝統的な服装で町を行く女性をよく見かけます

ナザレ

外見からはちょっと気づかないかもしれませんが、ナザレの女性がはいているスカートは7枚重ねたもので、「sete saias」(sete=7 saias=スカート)と呼ばれます。

ナザレ ナザレ
2枚ともにWikiより

なぜ7枚かと言うのには、これといったはっきりした説明はないようですが、昔から西洋では知恵、勇気、節制、正義、侵攻、希望、愛の七元徳、一週間の7日、虹の七色と7はマジックナンバーです。

七つの波を表すとも言われますが、ナザレの女性は夫や息子が漁から帰ってくるのを浜辺に座り長時間待つのが習慣で、海の風の冷たさから身を守るためでもあったようです。

下は漁師の服装です。
ナザレ pescador2.jpg
wikiから

シャツはもめんのチェック模様です。ボタンのつき方に特徴があります。なぜか?ただいま調査中。右はバレッテと呼ばれるナザレ漁師の黒いふちなし帽子。

下はわたしが出会ったナザレの女性。この黒い服装と頭に黒いスカーフを被るのもナザレの既婚女性の伝統的な服装だそうです。

Nazare-1.jpg

「ナザレのイエス」と聖書にも出てくるこの地名には由来があります。その昔、聖書のナザレから、海を経て一人の聖職者が「マリア像」を持って流れ着いたという伝説から来ます。

この手の話だとよく聞かれるのですが、この「マリア像」、なんと「黒いマリア像」なのですと!

「黒いマリア像」は、わたしがテンプル騎士団がらみの謎解きのために読んできた本でもよく書かれており、これは「聖母マリア」ではなくて、中世からローマカトリックに糾弾されてきた「異端者」(バチカンが宗派として認めない)が崇拝する「マグダラのマリア」だと言われます。

わたしが「異端教の殿堂」と解するフランスのシャルトル大聖堂の「黒いマリア像」は有名ですが、ポルトガルでの「黒いマリア像」は初耳です。

「ナザレには黒いマリア像があるんだって!しまったなぁ。」
と夫に言うと、
「あ、そうだった。思い出さなかったよ。」
がぁーーーーん!言ってよね!

黒いマリアさまに会いに、今年はもう一度ナザレに行ってみようかと思っています。

さて、本題にもありますが、古い漁村ナザレですが、近年はサーフィンで世界に知られるようになりました。

ナザレ沿岸は海底谷の地形が世界でも有数の深さを持つため、非常に大きな波が生まれます。地元ではこの波のことを世界中のサーファーにしってもらうため、彼らを呼び寄せキャンペーンを展開してきました。

米国人サーファーのギャレット・マクナマラが2011年には24メートルの、2013年には30メートルの巨大な波いのることに成功し、これあサーファーの世界記録だと言われています。

ナザレ
2011年ナザレ、24メートルの波乗り

この時の感想をCNNのインタビューで「いつまでも落ち続けて両足はストラップから外れかけていた」「全身が粉々になるような感覚だった。本当に難しかった」と答えています。

ナザレ
2013年なざれ、30メートルの波乗り。

ポルトガルにはもう一箇所サーフィンの聖地と呼ばれる、Eliceira(エリセイラ)があります。、リスボンから北東へ35kmほどのところにあるのですが、世界中からサーファーが集まり、初心者からサーフィンが習えるサーフハウスもあります。

「波乗り」なんて聞くと、わたしなど年に一度帰国するときに口にする「波乗りジョニー」をついぞ思い浮かべてしまう無粋ものではございます^^;
tofu.jpg

本日はこんなオチにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/03/28(Wed) 02:51 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村