FC2ブログ
2018年4月8日 

大阪出身の我が友は帰国と決めると半年以上も前にさっさと切符を買い、遅くとも一ヶ月前には持っていくものを旅行カバンに入れ込んで準備するのだという。

わたしはと言えば、9時から5時までの仕事ではないが、わたしなりに忙しく仕事をしていると思っているもので、旅行カバンをベッドの下から引っ張り出すのは、やはり早くて2週間ほど前になる。2週間あれば、なんとかなるのだ。 

一ヶ月ほど帰国しようと思うと、授業を4週間飛ばすことになる故、それを避けるため、時期を選んで、相棒のOちゃんが仕事のない補習校の春休みを入れ、2週間日本語のクラスを担当してもらい、残りの2週間をクラスの休みにするのである。

それで、ちょうど東京ではさくらの時期にあたる3月の半ばから4月の半ばの帰国というわけだ。

しかし、今回は故郷弘前のホテル予約の関係上、帰国の時期が例年よりずれてしまった。すると、この時期の帰国でどうしても問題になるのが、図書館の日本語コースなのである。先週末が復活祭で、図書館も閉館しており、授業も休まなければならなくなったところに、すぐ4週間ものクラス休暇は、いかな、いい加減なところがあるわたしでも気になるものだ。

そこで、今年は3週間の滞在と決め、切符も用意していたのだが、先週、突然図書館から、「4月21日、土曜日は部屋が使えません」と連絡が入り、え!!なのであった。

どうしようか?と思ったのだが、夫に話してみると「いいよ」との返事。 それで即切符の変更をしてもらった。こういうときのために、変更料を多少払うことになるが、切符は変更可能なものを買う。

そんな訳で、22日の帰国予定が一週間早まり、来週日曜日の朝になり、実は午前中の日本語教室が終わった後、あたふたと雨が降ったり止んだりの中、観光客に混じって、妹に頼まれたお土産お土産とダウンタウンに出かけたのである。

写真は晴れ間が除いた瞬間に撮ったポルトダウンタウン。

ruadasflores-1.jpg

お土産は行きつけの店、二軒に顔を出し、今回は思い切って旅行カバンを2つ持っていくことにしたもので、取りあえず日曜日の今日は朝から、次から次へと荷物をカバンに放り込む。んで、目下こんな具合なのです。

nimotsu-1.jpg

亡くなった山本夏彦氏、よく言ったものです、「愚図の大忙し」とは(笑)

晴れ間を見て、ベランダへ出、ふと空を見上げると、うわぁ~、虹だ!

rainbow-1.jpg

4週間も夫を猫とともに放ったらかしにして行くのですから、いかなわたしでも多少の後ろめたい気持ちがあるんです。でも、虹ってさい先がいいような気がします(笑)

虹は空にかかっていても気付く人と気付かない人がいますね。そうして見れば、わたしはポルトガルに来てから、よく虹を見かけます。虹には気付いた人に「ネガティブな感情の一切を手放し、進みましょう」というメッセージがこめられているのだそうですよ。

そかそか。せっかくの年に一度の帰国です。後ろめたさを捨てて、どんどん来週へ進もう、と勝手解釈。てへへのへ。
ということで、日本語生徒さんたちに残していく宿題作成と、5月中旬締め切りの依頼原稿に今週は取り組まなくちゃ!

心はずんで、ブログ内に誤字脱字もあろうやも知れませぬが、本日もご勘弁をば。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村