FC2ブログ
2018年5月3日

今日は日本にいて、ポルトガルの話題です。

毎年この頃になると、ポルトでは真夜中開始のセレナーデコンサートを皮切りに、一週間を通して「ケイマ・ダス・フィタス(リボンを焼く祭)」が催されます。この祭りは学生たちの卒業儀式とも言われる大祭典です。

cortejo2

ポルト大学の最終学年生はもちろん、全ての大学生が参加するビッグイベントです。厳かな日本の卒業式とは違い、たくさんのプログラムが組まれて大学生活を目一杯に楽しもうと言う学生中心のイヴェントなのです。

1944年から始まったポルト大学の祭典ですが、近年は市内の私立大学、近郊の大学なども加わり、この一週間でポルトは35万人もの学生色に染まると言われます。中でも「コルテージュ」と呼ばれるパレードは多くの見物人も押しよせるハイライト。

パレードでは色とりどりのリボンがたなびき、黄色は医学部、水色は理学部、赤は法学部と、各学部によって色が定められており終学年生は黒スーツ、フロックコートを身にまとい、リボンと同色のトップハットとステッキで行進します。

gato

後方には衣装に面白い工夫を凝らした在学生が続き、パレードの順番もトップが医学部、理学部と決まっていますが、これは学部が設置された順です。

クリスタル宮殿公園の裏道から出発し、飲んで歌って踊りながらゆっくりとクレリゴス塔通りを抜けて、市庁舎前に到着、市長から祝福を受けます。午後3時に始まるパレードが終わるのは夜です。

卒業儀式でもある祭典なのですが、実は学生の卒業試験はこの後に控えていると言うから、楽しさを先取りする大学生の底抜けな明るさがなんとも愉快ですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村