FC2ブログ
2018年6月18日 

午後の日本語レッスンが突然キャンセルになり、夫も午後の仕事を終えて家にいる日が時々ある。キャンセルの連絡が早めに入った時は、思い切って我らもツーリスト宜しく二人してポルトの街を歩いてみたりしているこの頃だ。

そうして先週出かけた一つがサン・ドミンゴス広場につながるベルモンテ通りだ。

ruavitoria

↑1804年以来営業しているベルモンテ通りの薬屋さん。薬屋とは思えない美しいファシャーダ(門)。隣接する昔ながらの文房具屋がホテルになってしまったのだが、この薬局店がそうならないことを祈るばかりだ。店内はどんな感じだろうかと期待して、買うべき薬があったので入ってみたら、ごく普通のカウンター式だった。 

その横、建物と建物の間に狭い石段がある。左側の建物は長い間、廃墟のまま放置されてきたのだが、数年前に改築された。

ruavitoria

この石段の逆コース、つまり別場所から石段にたどり着く道を歩いたことがあるので、それを紹介。以下。


ずっと気に入っていた場所で、実を言えば長い間ブログには登場させないで秘匿としていたのだが、ポルトの街の中でもわたしの気に入りで取って置きの場所がある。

市内を探検しているうちに偶然見つけたMiradouro(ミラドウロ=パノラミックな景色が見られる場所のこと)だが、私有地なので最初は恐る恐る足を入れてこの素晴らしい展望に感嘆していた。そのうちに、「自由に入ってください」という小さな立て札を目にして以来、遠慮なく入らせてもらっている。

Vitoria教会(ヴィトーリア教会)のすぐ横にある広場である。

Ruavitoria1

↑そこに立つと下方に密集する赤レンガの屋根屋根が、そして右手にはドウロ川が大西洋に流れ込む河口も展望でき、↓左手には大寺院、ドン・ルイス一世橋、ドウロ川対岸のかつてのセラ・ド・ピラール修道院などが眺められ、ドウロ川周辺を一望できるのだ。
Ruavitoria1

Vitoria区域のその場所から見下ろすと石段がある。

vitoria_escadas.jpg
↑こんな風な駐車はないよなぁと、ポルトガル人の肝に苦笑しながらVitoria石段を降りた。

Ruavitoria1

降り切った通りが16世紀終わりごろからある小さなVitoria通り。途中でこんな石段を見つけ、いったいどこへ出るのかとフォローしてみることにした。

Ruavitoria1

ぬぬぬ・・・・こ、工事中じゃん!ちょっと危ないかも~、と思いはすれ、前方を行く人の姿を認め勇気を振り絞って続いてみる。
Ruavitoria1

vitoria7.jpg

そうして出たところが、なんと、Rua Belmonte(ベルモンテ通り)とサン・ドミンゴス広場が交差する辺りであった!

Rua de Vitoria

写真は以前撮影した廃墟だった建物に手が入れられたところ。下が廃墟時代。そして、もう一度、現在の石段と原型をしっかり留めて蘇った建物。

ruavitoria


古い建物こそポルトの旧市街に似合う。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
そんなことより(^_-)
ワールドサッカー緒戦、🇯🇵が🇨🇴を撃破(^_-)
香川真司はん、ペナルティーキックで頑張りはりました(^_-)🙆‍♂️
2018/06/20(Wed) 07:08 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
日本、やりましたね!
まだまだ先がありますが、実は今回の日本チーム、監督も土壇場で替わったりして、相手も南米ですから、期待していなかったのです。

車の中でニュースを聞いて知ったというわけでした^^;

今日はポルトガル対モロッコ戦で、近所でも応援の国旗があちきちにはためいています。

こんな時、日本だったら国旗を出すと、右翼とかいわれそるのが真に残念。
2018/06/20(Wed) 16:11 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村