FC2ブログ
2018年8月4日 

つい先週まで、涼しい涼しいと言っていたのが、8月に入るなり急に気温があがり、屋外では生ぬるい空気が澱んで、ポルトガルの自慢の真っ青な空もどこへ行ったやら、空気同様、どろ~んとしております。

今朝のポルトは午前8時台で気温25度。日中はそれを上回りますから35度くらいになる予測です。夏のポルトガルは乾燥気候なので、日本のような湿気がありません。それで、気温が高くてもクーラーなしでなんとかやり過ごせるのです。

しかし、35度を超えた昨日は、さすが厳しかった。ベランダのガラス戸を開けるとワッと熱気が押し寄せ、これは覚悟をしないと、というので、まだ30度を越えないうちに植物の水遣りを済ませ、リビングと台所を除き、部屋は全部ブラインダーを下ろして、リビングのクーラーを付けてドアは開け放し。こうすると、冷たい空気が家全体に流れます。この方法は、乾燥気候であればこそで、湿気の多い日本だと熱気が屋内にこもり大変なことになるのではないかと思います。

さて、日は少し古い話を持ち出します。
ポルトに来て40年になるわたしですが、子供達が中学校を終えるころまでは、生活の中心は彼らでした。

家で二人ほどの日本語学習者はとっていましたが、子供が学校に行っている時間帯です。また土曜日の補習校の講師の仕事の依頼が来た頃は、息子はちょうど就学年齢でいっしょに登校しましたが、我がモイケル娘はまだ1歳未満で、土曜日は夫に彼女の面倒をバトンタッチして補習校にでかけたものです。

20メートル離れた同じ通りに夫の母親がいたものの、子どもはわたしたち夫婦で育てようと思っていたもので、極力、義母に世話のお願いはしないようにしていました。

子育て期間中、したいことがなかったわけではありませんが、「それを犠牲にして」なんて気持ちは毛頭ない。わたしは子育て時代に、子育てする事によって自分自身が育てられたと言った方が適切。(笑)過言ではないです。
       
子供達の学校生活を通じて経験したことですが、日本という異文化には、みなさん多少の興味を示します。
                                    
ところがです、その母親のわたしときたら、日本にいた若い時代は目を外へ向けるばかり。少し反骨精神を持ってましたから、それを振り回して、いわゆる日本社会の常識ごときものは、伝統文化から習慣までうっちゃってしまい、「ヘッ!そんなもん」くらいに思っていたのです。
                                           
これがです、こちらでの生活が長くなっていくに連れて、このままでは、どうもいけないぞと感じるようなことが多々出てきたのです。
                                          
例えば、こんな具合のリクエストが舞い込みます。

「日本の伝統文化を紹介してもらえないか」  
(↑しょ、紹介できるもんは折り紙の鶴くらいしかおまへん^;紙風船もだまし船も本を見ないとできない・・・^^;お茶?お花?とんでもない!木彫家で我が親友のMichikoが両方とも教える免状を持って現在もお弟子さんを取っているので、話を聞いていますが、人様の前で紹介できるまで行くには、何年もの修業と多額なお金がかかるざますよ。都会での女一人暮らしの身でお月謝支払いができるわけがございませんでした)

「着物を着て結婚式に来てくれないか」         
(↑来たあぁぁ!せめて母に着付けを教えてもらって着物を受け取るんだった。着物があるにはあるが、一人で着たことがないでぇ。はい、誰も知らぬをいいことに、勝手気ままに着ていきました。後日そのときの写真を母に送りましたら、「なんという着方をしとるの!」と叱られ笑われました。
                                   
「その理由も含めて、日本はどういう新年の迎え方をするのか」
(↑これ、その当時は当然パソコンなど持っていませんでしたから、手持ちの日本文化の大雑把な説明が書いてある英語の本まで読み漁って勉強する羽目になりましたぞ。逆だっちゅうのよ^^;)
                                               
「日本人はこういうときに、なぜこのような行動をとるのか」
(↑これは、背景となる日本文化の知識がないと説明するに歯がたちません。一般論でいいますが、
「~~~だからだとわたしは思います」で結びます。逃げ道を一応つけるなんて、ずるい(笑)
                                        
リクエストでぬぬ?と思ったのには「国歌を歌って録音して欲しい。紹介したいから」というもの(笑)
伴奏なしで大きな声で歌って録音しましたです、はいw(←これはどこぞの学校の要望でした)

つまり、日本人である個人のわたしを通じて、日本、日本人を知りたい、となるのです。 いい加減なわたしも、これらには、びびって考えさせられました。海外で生活すると言うのは、勿論一般の日本人としては、非常に個人的なことなのですが、外国の人たちは個個の日本人としてよりも、その人を日本人全体の姿と見るような気がします。

ポルトガルに住むことがなかったら、わたしは相変わらず自分の国の文化に大して興味ももたず、調べもしないでいたかも知れません。日本では普段の生活でその必要性を感じる機会が少ないですから。
                              
また、こういう経験も度々ありました。
自分の国のあれも悪い、これも悪いと欠点を揚げ連らねていたのが、いざ、他国の人達が一緒になって、「そうだそうだ」と攻撃し始めると、自分が言っていたのは棚に上げて、「あんたに言われたくないわ!」と俄然腹が立ってくるのですね(笑)
       
母国の外にいて、つくづく感じます。良い所も悪い所も「オラが国」。

今日こんなことを綴ったのは、近年自分の国を公の場であしざまに言う人たちが結構いるのを毎日のようにニュースを通じて目にし、君ら、本当にそれでいいのか!と、思うところがあったからです。

ま、わたしごときが何を言おうとどうと言うことはないのでしょうが、発言の権利自由があるからとて、故意に言葉尻をとらえては、忌まわしい言葉で言いがかりをつける近頃の学歴ある人たちに、品位も感じられず、大きな失望感を味わっているのです。

これは酷暑のせいでありますように、なんまんだぁ。

本日は愚痴の類になりました。暑さゆえにとご勘弁の程を。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村