FC2ブログ
2018年9月4日 

祈りの町と呼ばれるBragaの夏の祭典「Noite Branca」に招待されて作品を展示していた日本人コンテンポラリ・アーティストO氏の手伝いで来ていた我がモイケル娘の友人Kちゃんが、展示作品の梱包発送が完了してブラガからコンタクトしてきた。「O氏ともども夕方からポルトへ行きます!」

と言っても、翌4日、つまり今朝にはポルトを飛び立つのだという。わずかの時間ではあるけれど、それではポルトで晩御飯を一緒にしようと言う事になり、急遽、夕方の日本語をキャンセルして、夫もちょうど早めに仕事を終えたので、彼も合流し6時過ぎにサンベント駅で待ち合わせることになりました。

ツーリストでごった返しの旧市街を縫って、リベイラを見ずしてポルトへ行ったと言うなかれ、主義のわたしです、行く当てのレストランは7時から開店するので、その間、4人で駅からリベイラに続く道を下り始めました。

Ribeira Porto

Kちゃんとは、かつて代々木ゼミナールの帰国子女受験コースで一緒になったとモイケル娘から聞いており、わたしが日本に帰国した時に一度息子と娘のアパートで顔を合わしています。


Kちゃんは翻訳事務所を千葉に構え、通訳として活躍しているのですが、モイケル娘はポルトガル語授業やネットショップ「東のポルト屋」展示即売会の時など、そのオフイスを提供してもらっています。

Ribeira Porto
ドウロ川対岸のガイア側から望むポルト・リベイラ

子どもたちの友人がこうしてポルトを訪ねて来るのは嬉しいことです。リベイラからドン・ルイス1世橋を渡り、川を挟んでガイア市側から眺めるポルトの街はやはり美しい。曇っていたので一番美しい景色である青空の下にポルトが望めなかったのは残念でしたが、暮れなずむリベイラもそれなりに趣があって好きです。

レストランは人気があり、いつ行ってもテーブルが客でいっぱいの市庁舎通り横にある「Brasão(ブラザォン)です。

2018-2-1.jpg
生ハム、タコのサラダ、バカリャウのコロッケと豆

2018_1.jpg
Pica Pau(ピカパウ=きつつきの意。みんなで皿をつついて食べることから来る)

Kちゃんはアルコールがだめでしたが、連れのO氏はバンバンいける口なのだそうで、わたしもついビールの杯を重ねてしまいました。お二人はこの他、ポルトのFrancezinha(フランセズィーニャ)を分けていました。おしゃべりが進む食事は美味しい!
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1934.html
2時間弱の食事はあっという間に過ぎ、ブラガの宿泊先へ帰るお二人を、電車の時間に合わせて再会を願いながらサンベント駅で見送りました。

Kちゃん、Oさん、お疲れさまでした!また、会いましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村