FC2ブログ
2018年9月12日 

息子のガールフレンドによると、「Salamanca」はフィリピンの言葉で「Magic=魔法」という意味なのだそうです。
そこで、フィリピンとサラマンカの繋がりを少し調べてみると、フィリピンは19世紀から20世紀にかけての米国の植民地になる前はスペインの植民地でした。ですから、「サラマンカ」がフィリピンの言葉を語源にするというのは、十分考えられると思ったのですが・・・さて、本当は。

こんなことを取り上げたのは、夫の提案でサラマンカにある洞窟「Cueva de Salamanca」なる所を訪れたからです。洞窟と呼ばれる石の建物は、元は聖シプリアン教会の地下室だったようですが、16世紀後半に破壊されました。

聖シプリアンと言うのは、3世紀のカルタゴの主教キプリアヌスで、ローマ帝国の迫害により殉教した聖人です。さて、入り口をくぐってすぐ左にあるのがサラマンカ洞窟で、これには伝説があります。

cave4-1.jpg

昔、この地下室(洞窟)では夜になると、サタンが7人のサラマンカ大学生に7年間、黒魔術を教えたのだそうです。教えが終わったところで、サタンは7人の学生にくじを引かせ、そのうちの一人が7年間の7人の授業料を払う義務を負わせられます。支払えない場合は、一生をこの洞窟で過ごしサタンに使えなければならないのです。その悪運くじを引いてしまったのはMarqués de Villenaです。お金を持たない彼はこの洞窟に住むことになります。

が、ある日のこと、Marqués de Villenaは洞窟のドアから逃亡することに成功します。サタンは彼を捕まえようとするのですが、捕まえることができたのは、Marqués de Villenaの影だけでした。こうして彼は影を持たない者として生きなければならず、それを人に悟られないために常に日陰を歩いたということです。影を持たないというのは、サタンの債務者であることを意味します。

この話はやがてスペインの領土だった中央アメリカ南アメリカに伝わり、それらの国では黒魔術を行う場所や洞窟、暗い場所を「サラマンカ」と呼ぶようになりました。つまり、冒頭にわたしが言った、、「サラマンカ」はフィリピンの言葉を語源にするのでは?とは逆になります。

入場料は無料、夏の間は毎週金曜日土曜日の夜は、この伝説に基づいたミニ芝居が見られるのだそうです。
わたしたちが行った日は洞窟に入れず、かわりにその少し向こうにある塔まで上りました。街の見渡せてきれいでした↓

cave2-1.jpg

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
スペイン語
スペイン語とポルトガル語で、けっこう意味が違うってあるのかな?
2018/09/13(Thu) 18:05 | URL | なみ | 【編集
なみちゃん
アメリカ英語とイギリス英語、ポルトガル語とブラジル語みたいには行かないのよね。

似た言葉もあるだろうけど、別の言語だとわたしは捉えています。スペイン語、分からないもの(笑)
2018/09/13(Thu) 20:12 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村