FC2ブログ
2018年9月21日 

今日はポルトガルの大航海時代にまつわる話をあげます。

エンリケ王子1
ポルトのボルサ宮前に建つエンリケ航海王子の像。生地はポルトです。

ポルトガル大航海時代の礎を築いたエンリケ王子は英国人の血を引き、イギリスでも人気があるポルトガルの歴史人物の一人です。その生涯は一見華やかな印象を受けがちでしが、どんなに華麗な歴史にも陰があります。
                              
テンプル騎士団の後継であるキリスト騎士団初代総長となったエンリケ王子は、騎士団の富を資金源に、新しい船の造船にも力を注いぎました。テンプル、キリスト騎士団員は独身でいることを求められ、王子も生涯独身を通しましたが、ヨーロッパの小国ポルトガルに大航海時代という黄金時代をもたらしたのは、このエンリケ王子です。

北アフリカのセウタ攻略後、セウタ総督を任ぜられ、またアルガルブ地方の統治も任せられたエンリケはラゴスに拠点を置き、国家事業の航海計画に専念しました。

父王ドン・ジュアン一世没後、長兄ドン・ドゥアルト王の時代にはこの事業をめぐって対立する勢力がありました。エンリケ王子は、長兄ドン・ドゥアルト王の命で、セウタ確保のため、次兄ドン・ペドロの反対を押し、末弟フェルナンドとともに北アフリカのタンジール攻略に入るのですが失敗します。
 
末弟フェルナンド王子は休戦協定のためアラブ側の人質となり、彼は6年間の幽閉後アフリカで亡くなります。セウタはこのドン・フェルナンドの犠牲で確保されたと言えるでしょう。

後に、次兄ペドロ王子と前王ドゥアルトの息子アフォンソ5世の王位争いが始まりますが、エンリケはこの権威争いには組せず、アフリカの地で人質として弟フェルナンドを死なせた心の傷もあってか、サグレスに引きこもり天体観察に打ち込み、ヨーロッパ各国、イスラム国からも航海知識者を招き、船員の教育に努めたといわれます。

sagres
断崖のサグレス岬

サグレスにエンリケ王子の航海学校があったと言われるのはこの所以です。実際に学校が存在したかどうかは明確ではありません。

エンリケ王子はサグレス隠遁前、航海時代の中心地、ラゴス(サグレスの近く)に居を構えていましたが、ラゴスはヨーロッパ最古の奴隷市場があったところでもあります。ポルトガル国内では奴隷はほとんど使われませんでしたが、ラゴスはアフリカからの奴隷船の入り口でした。

エンリケ航海王子は1460年にサグレスにて没。
sagres4.png
 
その後、O Africano(=アフリカ王)の異名をもつエンリケ王子の甥、ドン・アフォンソ5世王は北アフリカ入り口を征服し、やがて時代はポルトガル・スペインの大航海時代に入ります。

sagres5.png
横に膨張して今にも海と接触せんとする太陽。

空に余韻を残し海に沈む太陽。右に見えるのはサン・ヴィセンテ岬。数世紀前、エンリケ王子もこの岬から同じ夕日を日々眺め、日が落ちてからは天体観測をしたことでしょう。孤高の人エンリケ航海王子は果たしてどんな思いで落日を眺め星を求め、陸路の果ての断崖岬で生涯を終えたのだろうか。


また見つかった、なにが?
永遠が。 海と溶け合う太陽が。(アルチュール・ランボー「永遠」)
                               
こんな1節が思い出される落日の一瞬です。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村