FC2ブログ
2018年9月30日 

今日は前回記事の続きです。

「石工」を英語で「Stonemason(ストーンメーソン)」と言いますが、フリーメーソンの語源にあたります。
欧州の古い教会や礼拝堂、修道院で不思議な彫り物を度々目にしますが、中世の石工たちは、キリスト教のシンボルと見せかけて、実は異端の思想を伝えるために、記号化した秘密の言葉を刻んできたとも考えられています。

特にゴチック建築の建物には多くのシンボルをみることができます。パリのノートルダム大聖堂、フランス、シャルトル大聖堂などが代表的なものですが、ポルトガルのトマールにあるキリスト騎士団修道院(古くはテンプル騎士団修道院と呼ばれたが、バチカンとフランスのフィリップ4世による弾圧で、騎士団は壊滅。ポルトガルはその名をキリスト騎士団と変え、生き残る)にも、ふんだんなシンボルが見られます。

しかし、中でも特に有名なのは、ダ・ヴィンチコードで一躍、名を知られるようになったロスリン礼拝堂でしょう。教会なんてどこも同じだと高をくくって暴言を吐いていたわたしが、シンボルに興味を持ち始めたのは、ダビンチコードを読んだのがきっかけでしたが、ポルトガルがテンプル騎士団と大いに関わってきたことを知ってからです。

幼すぎて、記憶にまったくない祖父が石工であったことと自分がその石工の物語に興味惹かれた奇遇に、我ながら驚いたのでした。

そんなわけで、母方のおじおばがみな鬼籍に入った後に、「石工祖父の狛犬作品」が弘前に残っていると知らされ、それを訊ねていったところが、どうも違ってがっかりした、と言う当時の話は10年前のことで、下記に書いてあります。
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-474.html

その狛犬が、横浜のおじの家の整理を手伝いに行って、母方の吉崎家の古い写真をもらってきた妹が見つけたというのです。

写真には祖父が作ったという狛犬の横に、今は亡きおばが立っており、写真裏には「平岡町」と書かれていたとのこと。その情報をもとにネット検索してヒットしたのが、弘前市平岡町にある保食神社。この読み方、「ほしょくじんじゃ」でなくて、「うけもちじんじゃ」と読むのだそうですよ。どう読んだら「うけもち」と読めるのか^^;

小さな小さな神社ですが、下記サイト下方で狛犬の阿吽(あうん)の一対が見られます。
https://blogs.yahoo.co.jp/sadisticyuki10/12355945.html

昭和11年のものだそうで残念ながら石工の名前は彫られていないらしい。しかし、祖父は昭和24年に亡くなったそうですから、一応つじつまが合います。で、わたしがふと気になったのは狛犬の目が青いこと!

ふ~ん。これは数年前から暇を見てはあちこちの神社と狛犬巡りをしているモイケル娘に聞いてみようと思っているところです。

そして、果て?何ゆえ我がモイケル娘は狛犬に興味をもっているのかえ?と、これまた、今更ながら我が祖父との奇遇を感じるのであります。

今年春で弘前帰郷は最後かな?と思っていたのですが、これでは、また行かなくっちゃと、妹と話していたのでした。

お付き合いいただき、ありがとうございます。本日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村