FC2ブログ
2018年10月7日 

ポートワインが美味しくいただける季節になりました。そこで今日はポルト・ワインについてです。

ポルトガル語では Vinho do Porto(ヴィニュ・ドゥ・ポルト)、ポルトのワインという意味です。

ワイン2

あえて「ポルト・ワイン」と書いたのは、昔、日本にあった赤ポートワインとよく間違えられるからです。通でもないわたしが書くのにはためらいがあるのですが、ポルトワインなくして我が街ポルトを語ることはできません。

わたしの話は、ごく一般的な知識の域を出ないと思いますが、宜しかったら読んでください。

ポルトワインは、その歴史と格調高い風味で世界のワイン通を魅了しており、食前酒、または食後酒のデザートワインとしてたしなまれます。お値段の程はピンからキリまで。

巷のスーパーマーケットで出回っているのでは、安いのは10ユーロくらいから良いものは100ユーロまで。ヴィンテージものとなると、10万円を超え、普通のマーケットなどでは手に入りません。

葡萄はポルトに注ぎ込むドウロ川上流の葡萄畑でとれたものが使われます。それらの葡萄は、摘まれてすぐに、男性たちが歌いながら一晩中足で踏み潰すのが昔カラの慣わしでした。

もっとも昨今これは、専ら観光客用のイベントとしか行われず、現在はほとんどが機械によってつぶされるようです。
 
さて、多くの人が勘違いするのですが、ポルトワインとポルトガル産のテーブルワインは大いに違います。何が違うかと言うとポルトワインは、醗酵の途中でブランディが加えられることです。 ブランディを加えることによって醗酵が止まり、糖分がアルコールに変わらずに残り、甘くて強いお酒になるのだそうな。

その後、ポルトの対岸の町Vila Nova de Gaia市の川べりに立ち並ぶ酒蔵の樽のなかで熟成され、さらにブレンドされて瓶詰めでポルトの港から世界に出荷されて来たのです。通常のテーブルウィンが10~15度のアルコール度数に比べ、ポルトワインは20度前後です

それで食事と共に飲むテーブルワインと違い、ポルトワインは食前食後酒としてたしなまれます。

今でこそ、ドウロ川上流から陸路を使って樽ごと酒蔵に運ばれて来ますが、昔はポルト独特のBarco Rabelo(バルコ・ラベロ)という帆掛け舟で、ドウロ川を下って運ばれて来ました。

ポルトワインは5種類に分けられます。

ワインルビーポルト:
美しいルビー色で樽熟成4、5年の若いワイン。甘口。 

ワインタウニーポルト:
英語の黄褐色tawnyから名づけられた樽熟成6年以上。  

ワインヴィンテージポルト:
よい葡萄が収穫された年のぶどうのみを使って造られその年の年号がつく。
       
2年間の樽熟成の後瓶詰めされてそのまま瓶で熟成。 ラベルにはワイン会社名とともに必ず使用されている。葡萄の収穫年号と「Vintage」の表示がつく。     

ワイン レイト・ボトルド・ヴィンテージ(Late Botlled Vintage):
よい葡萄が収穫された年の一種類葡萄で造られる。 4、5年の樽熟成後瓶詰めされ、さらに瓶で熟成され、その年の年号が入る。
       
ワイン ホワイト・ポルト:
 白葡萄からつくられ食前酒として楽しまれる。他の4種類のポルト・ワインと違い、冷たく冷やして飲む。辛口。

実はこのポルトワイン、ポルトガル産物とは言うものの、上質のワインをここまで昇華させてポルトワインを世界の名だたるお酒に仕上げたのは、残念ながらポルトガル人ではなくて主にイギリス人なのですね。

わたし流に解釈すれば、ポルトワインは、本国では造ることができなかったイギリス貴族のワインであったわけです。ワイン会社の持ち主は、今では多くがイギリス人、ドイツ人などの外国人ばかりになってしまい、現在、所有者がポルトガル人だというのは、わたしが知る限りでは「Ferreira社」でしょうか。軒を貸して母屋を取られるとは、言ったものです。欲も機転もあまりないポルトガル人は、その甘い汁を持っていかれてしまったと言うことでしょうか。

ポルトガル人にしてみれば、「甘いけれども苦いポルトワインである」とわたしは密かに思っているのです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/10/09(Tue) 11:08 |  |  | 【編集
はじめまして。
来年1月にポルトに行くことを決め、いろいろ情報を集めていてこちらのブログにたどり着きました。ポルト情報満載で、ここ数日、過去記事を読み漁っております。
夫婦ともに飲むことが大好きなのでポートワインの蔵元見学も楽しみにしているところですが、ポルトガル人所有の蔵がほとんどないとは初めて知りました。
まだまだ読んでいないところが多く、これからポルトを実際に訪れるまでの3カ月、こちらのブログで楽しませて頂きたいと思います。
2018/10/10(Wed) 21:47 | URL | Kaz | 【編集
Kazさん
初めまして。

拙ブログを読んでいただきありがとうございます。

ポルトワインにご興味があるとのこと、下記に3回にわたり、Ferreira社について綴っておりますので、よろしかったら、どうぞ。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1504.html

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1508.html

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1509.html

ポルト観光については、最近仕事が忙しく、あまり歩いていないものですから、歴史面をのぞいては、情報が古かったりするかもしれません。

その点はどうぞご勘弁くださいね。

いらっしゃるのは12月ころでしょうか。その時期は通常、ポルトは雨季になりますので、雨具は準備してくださいね。

運よく晴れが続きますよう、祈っております!
2018/10/11(Thu) 03:03 | URL | spacesis | 【編集
お返事ありがとうございます。
ポルトワインの回、さっそく読ませて頂きます。
ありがとうございます。
訪れるのは年明け、1月の後半を予定しています。
そうですね、雨季ですよね。できれば晴れてほしいところですが、雨もまた楽しみたいと思います。

図々しいお願いですが、ワインが好きなもので、ポルトガルのワインを美味しくいただける庶民的なレストランの記事があれば教えてください。

スーパーで買って部屋で飲もうとも思っていますが、酒屋さん? スーパー? どういうところで買うのがよいのでしょう?
ちなみに、ホテルはサン・ベント駅近くの予定です。

あ、お暇なときで結構です。きっとブログのどこかに書かれていますね。全部読みますので(*^_^*)
2018/10/11(Thu) 13:06 | URL | Kaz | 【編集
Kazさん
レスが遅くなってしまいました。

ワインがお好きとのこと、テーブルワインは赤、白と種類がたくさんあります。
値段があまりに安いものは、やはり避けるべきでしょう。

ポルトガルでは、料理が肉なら赤、魚なら白ということにあまりこだわらないことをまず一言。

赤ワインについては、ひとそれぞれ趣向がありますので控えますが、ポルトにいらっしゃるなら、是非というのは、白ワインのVinho Verde(緑のワインという意味です)

Vinho VerdeのいいのはAlvarinho(あるヴァリーニュ)です。
スーパーで比較的安い値段で手に入る白ワイン類ですが、これは是非一番値段が高いものをお試しください。

レストランでこれを注文すると言いお値段がしますが、スーパーでは高いもので13ユーロくらいです。

下記にこれについての記事が書いてあります。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-913.html

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1637.html

それから、こちらは、ワインをどうやって日本に持ち込むかの方法です。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-914.html

ワインは一人3本までは無税、4本目から課税されますが、それでも多分一本に月300円くらいでしょうか。

ポルトやリスボンの空港免税店で求めるのは止めたほうがいいです。途中の乗り換え地点で没収されます。液体は持込ができませんので。

専門の酒屋さんは観光客相手です。ポルトワイン、ポルトガルのテーブルワインと、どこのスーパーでも売っています。

サンベント駅の近くでしたら、サンタカタリナ通りにあるショッピングセンターVia Catarina内にスーパーがあったと思います。そこをチェックしてみてください。

もし、なかった場合は、サンベント駅からメトロでEl Corte Inglese(スペイン系の大きなデパート_の地下マーケットの食品売りにたくさんあります。

サンベント駅からガイア方面へ向かって四つ目の駅、João de Deusでおります。目の前にデパートがあります。

あと、レストランですが、ワインをお願いするときに、ボトル一本でなくても、例えば市販されていないそのレストランがサービスする「Vinho da Casa(ヴィーニュ・ダ・カーザ=自家製ワイン)というのもありますよ。

ダウンタウンのレストランでも安くておいしいところはここです↓

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1723.html

近頃はいつも人がいっぱいですので、12:20には行ったほうがいいでしょう。
2018/10/14(Sun) 18:41 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村