FC2ブログ
2018年11月12日 

一人で行くからいいと言うのに、日本語教室がある場所まで自分の車で送って行くという夫である。 送ってもらうと迎えにも来てもらうことになる。何だか自立していない気がしないでもない。かといって「絶対送っていらん!」と言うのも角がたつ。

どんなことをしているのか見て見たいんだよ、なんてのたもうている。はははは。
そんなわけで、日本語教室までショファー(お抱えの運転手)付きの気分の数週間だ。1時に授業を終え後片付けをすると1時20分くらいになるので、帰路の途中で昼食をとるのだが、今日はこのところ無沙汰をしていたサン・ジュアン病院からさほど遠くない、夫の知り合いの小さなレストラン「Loureiro」へ行って見た。

loureiro4_1.jpg

Loureiroはメニューが少ないが、ちょっと洒落た料理を出してくれるレストランで、開店40年になる。わたしがポルトガルに来て以来通っている店で。この残念なことはただひとつ、生ビールがないことだ。
その帰り道、サン・ジュアン病院の側の一隅に鮮やかな紅葉を目にし、思わずカメラを向けた。

kouyou1_1.jpg

こんな紅葉はかつてポルトで見かけることはなかった。近年植える木に楓類を増やしたのであろう、街のあちこちで紅葉が見られるようになった。

そして、突如として思い浮かんだ一編の詩がある。

病んで金色をした秋よ
お前は死ぬだらう 柳川原に嵐が荒ぶ頃
果樹園の中に雪がふりつもる頃

哀れな秋よ 死ね 雪の白さと 
熟した果実の豊かさの中で
空の奥には
鶻(はやぶさ)が舞つてゐる
恋をしたことのない
短い緑の髪を持つた松の木の上で

遠くの森のふちで鹿が鳴いた

私は好きだ 季節よ お前のもの音が
誰も頼まないのに落ちてくる果物と
啜泣く風と林と
落ちてくる涙 秋の落葉よ
踏みにじられる落葉よ
走り行く汽車よ
流れ去る生命よ
                 (訳詩集「月下の一群」より)

アポリネールの「病める秋」、訳詩集「月下の一群」堀口大学訳だ。

この詩に出会ったのは本ばかり読んでいた高校時代で、どういう訳でかわたしが知らないうちに高1後半で退学処分になった女子同級生に貸してもらった詩の月刊誌だった。同年代にしてはとても大人びていた人だった。

この詩の強烈な最初の一節に、こんな詩もあると知り、衝撃を受けたものだ。
この詩を諳んじて、秋の葉が落ちる頃はいつも思い出しては心中つぶやいていた。

遠くの森のふちで鹿が鳴いた

私は好きだ 秋よ お前のもの音が
誰も頼まないのに落ちてくる果物と
啜泣く風と林と
落ちてくる涙 秋の落葉よ
踏みにじられる落葉よ

後年わたしはアメリカへ向かったが、高校時代はフランスに憧れて、この詩からパリの深い森を想像ししていたのである。

ポルトは冬は雨季にあたり、秋冬の季節感がないと思ってきたが、今日、赤黄の紅葉と落葉に忘れかけていたアポリネールの詩を思い出したのであった。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ