2006年11月1日

どうも近頃わたしには分からないことだらけだ。

公立高校で必修としている科目を学校が細工して表向きは世界史と
称して、授業内容は受験のための「現代社会」だとか、していない
授業科目の成績をつけて履修したとし卒業させるだとか、一体教育
の理念はどこへ行ったのか?
教育者も親も生徒も何を考えているのか?
嘘つきはどろぼうの始まりだと、わたしは習ったぞ。

受験ベルトに乗っかり、こういう誤魔化しをして目先の利益にのみ
捉われた教育は、マニュアル人間の大量生産こそすれ、ものを考え
る人間を育てない。

学級崩壊どころか、こういうことを現実としてしまう教育者たちが
いること自体がすでに教育崩壊でしょう。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

規則を破って世界史の履修を誤魔化すことが受験勉強で、規則通り
に世界史を履修すれば「理想的な」高校の授業なのでしょうか。
現場の様子をもう少し知って欲しい。

と、元高校教師が言っているのをどこかでみかけましたが、問題は
そういうところにあるのではないでしょうが。
塾と違って、学校教育の目的は長い目で見た人間形成ではなかった
のか?
そういう理念を学校はいつからかなぐり捨ててしまったのか?

ライ○ドアだの村○ファンドだのと、若者たちのヒーローのように
彼らを祭り上げて世間が騒いでいるとき、我が周囲にも
「いいではないか。ああいう若者たちが現代日本には必要だ。
面白いと思う。」と言う人たちがけっこういたのだが、わたしに
すれば、
「いったい何が面白いのよ?どこ必要なのよ?おかしいと思う!」
ひとり吼えていたのである。

彼らの何が嫌いだったかと言うと、ルールを破っても堂々とうそぶ
いていたところだ。
自分らだけは特権を利用してルールを破ってもいいのか。
ついでに書けば、わたしは「ルールは破るためにある」とか言う
詭弁も嫌いだ。

小学校での、中学校での、高校でのルール、これらを学校が破って
てどうする?
ルールをなおざりにして、お楽な小手先の生き方を教えていては、
子どもたち、長く厳しい人生をまともに生き抜くことは難しい。

ルールを守るのは時として大人にとっても厄介に思うことがある。
しかし、世の多くの大人たちは、そのルール違反が社会の崩壊に
つながるかもしれないと言うのを察しているからなんとか守って
みようとするのだ。
子どもにそれを理解させるのは難しい。学校教育、家庭教育が子ど
もたちをそこへ導くよう努力するのではないのか?

ルール違反にも温情はある。温情は時にその人の人生を変えること
があったりする。
しかし、今回のどこに学校の温情が感じられるのか。
学校が親や生徒の意向に沿ってそのように細工する他なかったと
言うならば、それは単なる甘やかしでしかない。

我が職場でも、時々「親の意向に沿って」との言葉を耳にする。
すると、単純なわたしは思うのだ。
それぞれ考えが違う親の意向に沿ってたら、終始がつかないでは
ないか?
一体全体、学校の使命はどうしたのよ?教える側の覚悟に近い毅然
とした姿勢はいったいどこへいったのだ?

全国の高校で必修科目の未履修が発覚した問題で、政府は1日、与
党協議で、大半の履修不足の生徒について、上限70時間の補習を
条件に卒業を認める救済案で原則合意した。
ただ、与党側からさらに補習時間削減を要請され、弾力的な運用を
認める方向でさらに文部科学省で検討する。学校の裁量により、補
習70時間のうち50時間の出席で卒業できるようにする見通し。
350時間など大幅な授業不足を抱えた高校生も、行政事件訴訟法
に基づく例外的な取り扱いで卒業を認定する。
2日に通知し公表する。

政府案では補習を冬休みと春休みに各20時間、2学期から3学期
中に30時間の計70時間となっていたが、公明党が「冬休みの補
習は生徒の負担が大きい」と主張。
                                
伊吹文明文部科学相は1日の衆院教育基本法特別委員会で、
「受験前の全生徒が被害者だ。木曜日(2日)にはこういう基準で
やれば卒業できるという通知を出す」と明言した。
                                 <産経新聞>


受験生とその親御さんたちには厳しい言い方かも知れないが、授業
時間数合わせのこういう付け焼刃対策で、本当に救済になるのだろ
うか。せっかくの救済対策にも「冬休みの補習は生徒の負担が大き
い」とは^^;
生徒の中には、「補習授業中、受験勉強をするから」とのたまう
ツワモノもいるらしい。

他がルールに従っている間、ルール違反をしてきたのだから、負担
が大きいのは当然です。
誤魔化して目先のことにだけ捉われた大人に従うとこういうことに
なる、という教訓のためにも、長い人生の中の1年、わたしは少々
厳しくてもいいと思うのですが。

もうこれ以上若者たちを甘やかすのは止めようではないか。

反論がある方もいるでしょうが、
今日は気になっていたこと、その1をわたしなりに考えて書いて
みました。

★ランキングクリックお願いします^^

コメント
困ったもんです^^;
なんか自殺者まででてるそうで
どっかの校長が自殺したとかなんとか
ほんとに美しい国になるんですかねぇ
2006/11/02(Thu) 13:57 | URL | ぎたれれ | 【編集
そして
大学でも他人への迷惑は全く考えず
自己の権利は主張するけど
義務は果たさない学生が増えていますよ。。。

何か報酬がないと
自分には関係ないって。。。
2006/11/02(Thu) 20:51 | URL | きゃしー | 【編集
ウチの娘も高校生。
被害を受けるのだろうかと冷や冷やしていたが
娘の通う高校では普通の授業が行われていたようでホッとしております。
娘も普段から申しておりました。
何で受験に関係無い科目を勉強せなあかんの?って。
そういう考え方はそもそも「勉強」の本当の意味がわかってないんだぞと言っても
現役高校生にはなかなか伝わりません。
そんな人生未熟者の生徒の言いなりになっていた教師たち。
初めてこのニュースを耳にした時、開いた口がふさがりませんでした。
それが全国規模だったとは・・・!
何だか基本的なものが欠落していきそれが普通になりつつあるようで、
私たちは時代遅れになっていくのでしょうか?
2006/11/03(Fri) 00:00 | URL | みぃー | 【編集
>ぎたれれ君

遠くから離れて日本を見てると、どんどん怪しい
方向に向かって行っているような気になってしまいます。
その校長先生、わたしと世代は同じです・・・
他に道はあったのではないのか、無責任だとわたしも
なじっているわけですが、それでもその人なりの申し開きは
あったやろにと思うと、切なくなります。
どして、どしてみんなそんなに簡単に命を捨てるの・・・
死んだらなんにもあれへんでしょ。
責任はなんらかの形で取れる。そのあとは、なんで図太く
生きようとせんのか・・・
ぎたれれ君よ、美しい国になるまでは、今までこうなるまでに
かかった年月以上に、時間を要するかも知れませんね。
それでも、そうなって欲しいと心から願い、自分も努力したいと思います。

>きゃしーさん

おひさしぶり^^
ワンちゃんシッターぶり、拝見してますよ。

そうそう、そういう自己権利主張には聡いけれど、
義務となると・・・
キャシーさんの言うことはわたしも学生だけではなく
そういう大人も見かけております。
著名人にもそういう人、多いような気がしますよ。

報酬がないと動こうとしない点も、全く同感。
みんなじゃないけれど、そういう輩がたくさんいます。

かつて知っていた人でこんなケースがありました。
小学生の子どもに
「成績をこれだけあげたら○万円、もう少しあげたら
○万円」と。

これはイカンですよ。
金で子どもを釣るなんてことを親がするんですから^^;
この子、今はちょうど大学生になっているでしょう。

日本もこんな人ばかりではないでしょうが、
帰国するたびに
わたしは驚かされることが多いです。

>みぃーさん

大学受験そのものにもわたしは疑問を感じます。
帰国中に甥の受験勉強の英語を少し手伝ったことが
ありますが、英語も歴史も、
「こんなこと細かなことまで受験勉強に備えてしなければ
ならないのはおかしいよ。これじゃぁ、大学に入ってから
何を勉強するのよ」と本気で甥に聞きましたもの。
少子化でこれから学校経営も大変な時代に入るとのこと、
入試をへんちくりんにいじらないで、もそっと普通に戻して
4年間の学業をきちんをおさめられるよう、欧米のように
卒業を難しくすればいいのです。
だいたい、生半可な勉強のしかたで卒業できるのがおかしい。
(どの学生も、というつもりはないです)

みぃーさんの言う「基本的なものの欠落」ですが、同感です。
わたしは、人権と自由、個性の名を借りて、人々がルールを
守らなくなってきた社会に原因があるのではないかと考えています。

人間、一生勉強ですよね。
そういうことが少し分かるようになるには、得手不得手を
手にしてみる必要があるのではないかと思います。
それは時間がかかるでしょう。
それをすっ飛ばしては、子どもたちに短絡的な考え方を
植えつけることになるのではないでしょうか。
そういう教育が進められていくのに「おかしいじゃない!」
と思うひとりです。
2006/11/03(Fri) 02:56 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村