FC2ブログ
2019年1月9日
 
わたしはスリッパを履くのが好きではないタイプです。根がそそっかしいもので、つまずいて転ぶのではないかと、どうもそんな気がしてならないのです。それで、スリッパをどうぞとすすめられても断るのが常です。
では、自宅ではどうしてるのかと言うと、夏は素足です。寒くなると、足に心地よくて外で履き古し、まだ履けるという靴を洗って室内履きにしています。

それが、この冬、日本に帰国して、厚めの靴下を履いていても、ひゃ~、床が冷たいやん!と、思わず妹が出してくれたスリッパに手を出さないわけにはいきませんでした。

ポルトガルの冬は湿気があり日本の冬は乾燥気候であることを忘れたわけではないのですが、同じ気温でも、乾燥気候では空気が人一倍冷たく感じられるのですね。いやはや、40年ぶりの冬の帰国はわたしに浦島太郎の如ごとき思いを抱かせるに十分な年月ではありましょう。

下は妹宅の新年を迎えるためのささやかな松飾りですが、住宅街のご近所でこのように門松や松飾りをしている所はあまり見かけませんでした。

New year

妹一家もここに住んで40年近く。昔と違い、最近は近所で松飾りをする家もほとんどないのだとのこと。

今回、正月前に都内で会った友人Iさんが言うには、「ゆうさんが想像している昔の正月とは、ちょっと違うかもよ」との言葉に、なるほど、変わったんだなぁと思わずにおられませんでした。異国でわたしが夢見てきた正月は、子ども時代を過ごした弘前のそれであり、恐らく地方ではまだ昔ながらの正月が見られると思うのですが、果たしてどうでしょうか。

除夜の鐘は年越し蕎麦をいただいた後、家の玄関口へ出てかすかに聞くことができました。これもまた
想像外だったなぁ(笑) ご~~んご~~んとの響きを聞きながら床に入り、新年に思いを馳せる予定だったんだが^^;

高価なおせち料理だけではお腹が足りないので、妹宅では筑前煮を作りました。

New year

取り寄せた京都のおせちと妹が津軽塗りの二段重箱に装ったおせちとサーモン、シソの葉、イクラの簡単ちらし寿司。

New year

下はこれがなくては元旦が始まらぬ、お屠蘇でござる。

New year

これらだけでも、お正月の時期に帰国した甲斐があったというものです。

玄関の葉牡丹の寄せ植えが清清しい。
New year

心配していたほどの時差ぼけもなく、我が家の猫も外猫たちも元気で一安心。
明日は仕事始めです。
みなさまにとり、いい1年になりますよう、願っております。

お時間あらば、ポチッとランキングクリックしていただけましたら、嬉しいです。


関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/01/11(Fri) 22:17 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ