FC2ブログ
2016年1月20日 

ポルトガルスペインからなるイベリア半島は、レコンキスタ運動(8世紀から15世紀)以前、アラブ人に占領されていましたが、いるラム文化の影響を今に残しています。

ポルトガル語のalで始まる言葉の語源はアラブ語です。例を挙げると、
alface(レタス), almoço(昼食), almofada(枕、クッション), alfarrabista(古書店) など等。またポルトガル南部に行くと、Algarve, AlbufeiraなどAlで始まる町の名前もたくさんあります。かの有名なスペイン、グラナダのAlhambra(アルハンブラ)もそうです。アルハンブラ宮殿案内は後記にあります。

さて、イスラム文化の名残りとしてポルトガルを代表するものに青タイル絵ことアズレージュ(Azulejo)があります。azulejoはアラブ語のal-zu-leycha(小さい石)を語源で、azulとなり、ポルトガル語で「青」を意味します。

写真はアルハンブラ宮殿内のアズレージュ
アズレージュ

ポルトガルのazulejo(絵タイル)産業は、16世紀には一辺が13.5 もしくは 14.5 cmの正方形とする規格がありました。20世紀初期には新しい機械技術を駆使するイギリスやフランスのセラミック製品に追いやられ苦戦しますが、やがて改善され、タイルの多くはブラジルやアフリカに輸出されています。 

ポルトガルを旅すると、所々にアズレージュ絵がはめ込まれてある家々を多く見かけますが、屋内では浴室や台所でも大いに使われています。今では土産店でも一枚一枚、色々なパターンのタイルが手に入りますが、今日わたしが紹介するのは、9枚、もしくは12枚のタイルが一枚の絵になっているものです。

アズレージュ

下は同じ絵の天然色版。
アズレージュ

昨年春に、我がモイケル娘が運営するポルトガル雑貨オンラインショップ「東のポルト屋」用にと持っていったものです。Viana de Casteloで見つけ、わたしも気に入ったアズレージュ絵のトレイです。ちょっと重いのと、タイルが割れはしないかとの心配があったのですが、羽田空港から無事、所沢の妹宅まで配達されたときはほっとしました。

すると、これを見た妹、「それ、いいね!わたしが買うから譲って~」と、ポルト屋に渡る前に落札されてしまったというものです。
ポルトガルの昔の台所、食堂を描いたもので、良く見ると、ふいご、つるし鍋、十能、鉄砲、網掛けの計と等、昔の台所用品がたくさん描かれてあり、懐かしさがこみ上げてくるような絵です。妹2人、この絵を見ながら、猫か犬が描かれていたらもっといいねぇ、と話したのでした。

こんなアズレージュ絵がもっと欲しいとしばらく前から考えていたのですが、絵のパターンとなる一枚一枚は見かけるものの、数枚が一枚となるタイル絵、しかも、こんな風なポルトガルの昔の生活感があるものにはなかなかお目にかかれません。

それこそ、二昔、いえ、それ以上も前にポルトのクレリゴス教会辺りを歩いていたときに見かけたのに、これに似たような大きなアズレージュ絵を見かけたのを思い出し、今もあるかどうか不明でしたが足を運んで見ました。

あの時は、そのアズレージュ絵に惹かれ、行き帰り眺めたものです。写真を撮ったような気もするのですが、随分昔のことゆえ、保存先も分からず。或いは削除してしまった可能性も無きにしも非ず。欲しいと思ったのですが、当時は子どもたちの教育費で我が家は火の車でありましたゆえ、諦めたのでした。

さて、先週、久しぶりにポルト散策ででかけたついでに、その店を探してみることにしました。クレリゴス教会の横道Rua Assunçãoがそれです。歩いてみるとかつてと違いたくさんの土産物屋が並んでいました。入ってみると店員(店主?)はほとんどインド、パキスタン系です。確か通りを行ききったあたりだと思った一軒の店頭に、無造作に置いてありました!こんなのが。

アズレージュ

これは9月のVindimaことワインにする葡萄の昔の収穫の様子を描いたものです。12枚のアズレージュからなり、結構大きい。

アズレージュ

絵がしなっているのは、額、枠がなくそのまま段ボール紙に貼り付けているからです。

店の奥ではおばあさんが一人店番をしています。他にポルトガルの昔の生活を描いたものはないかと聞いてみましたが、今のところはこのVindima絵くらいだとのこと。わたしのようなマニアックなのを除けば、嵩張って重く、割れる可能性もあるゆえ、からツーリストにはあまり人気がないのかも知れません。
が、こんなタイル絵が入ったトレイがひとつあってもいいなぁ、と、これからミニマリストになろうかというわたしが調子のいいことを考えているのです。

これも好き^^
アズレージュ

デパートEl Corte Inglesでたまたま見つけたアズレージュトレイ。ちょっとツーリスト向けだけど、悪くはない。
アズレージュ

本日はこれにて。
尚、その他のアズレージュ記事、アルハンブラ宮殿に興味がある方は下記リンクからどぞ。

*「アルハンブラ宮殿」 
*「シントラ駅のアズレージュ」
*「セラミック社のアズレージュ
*「Vilar de Formosa駅」
*「サンベント駅の歴史絵
*「グランジャ駅」 
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ