FC2ブログ
2019年2月19日 

息子が帰って来ているので、ポルトガル語レッスンを今日は休んで、親子3人で近隣の町へ日帰り旅行をと予定していたのですが、夕べから息子が体調を崩し、あらら、どうやら風邪のようで寝ております。

大の大人が一日中家ごろごろするのもナンである、というので、夫の提案で、息子がベッドで休んでいる間、今日から始まったセラルヴェス現代美術館のJoana Vasconcelos(ジョアナ・ヴァスコンセロス)展を2人で見に行ってきました。

Joana Vasconcelosは世界各地で作品展を開いているポルトガルを代表するプラスティックアーティストです。以前彼女について拙ブログで取り上げていますので後記で案内します。

美術館入り口の巨大なオブジェは名付けて「The Bride(花嫁」。
joana Vasconcelos

何から作られているかと思いきや、これでした!
joana Vasconcelos

なんと、14000からなるタンポンであります^^  して見れば、この形、コンドームでしょうね。いやぁ、参った参った!

serralves3-1.jpg
スティームアイロンを使ったオブジェ。シューッシューッと蒸気を吐いておりました。

クラシック電話をたくさん使った「コールセンター」
joana Vasconcelos

下はポルトガルのセラミック会社BordaloPinheiro社のセラミックにアソーレス独得のレース編みをかぶせた作品。
joana Vasconcelos

展覧階のメインオブジェ「I´m Your Mirrow」。全て鏡で作られています。
joana Vasconcelos

「ブルカ」。イスラム圏の女性がかぶるベール。これだけ見たら、ふ~んで過ごしたのですが、

joana Vasconcelos

しばらく見ていると、頭ごと持ち上げられ、上まで行ったところで突然下に落ち、それと同時にゴン!という大きな音に驚かされました。なんだか後味の悪いオブジェでした。
joana Vasconcelos


この会場に入るなり、どこからかアマリアのファドが聞こえて気になっていたのですが、歌はこのオブジェのところからでした。題して「Red Independent Heart」

serralves5-1.jpg

近づいてよく見ると、全てプラスティックのフォーク、スプーン、ナイフで出来上がっています。黒をバックに赤いハートは回転しているのです。

モダンアートはわたしにとって分かりにくくあまり興味がないのですが、今日は久しぶりに展覧会に足を運んだこともあり、また、頭をひねなければ目に入ってこないオブジェと違い、Joana Vasconcelosの作品は使う素材が奇抜で、面白いみがあるのとで楽しんできました。

作品は1997年から2018年まで30点以上が展示され、6月24日まで催されています。
場所:セラルヴェス現代美術館
期間:6月24日まで
入場料:6ユーロ

下記過去ブログでもJoana Vasconcelosについて書いていますので、興味がありましたらどぞ。

・「巨大なガロ、リスボンにお目見え

アメリカチェーンレストラン「Steak´n Shake」オープン


本日はこれにて。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ