FC2ブログ
2019年2月27日 

2月だと言うのに日中は20度を越す気温でぽかぽかの数日ですが、農家はそろそろ雨が欲しいところでしょうか。

さて、2016年の秋から毎週一首を、85歳の生徒アルフレッドさんと一緒に読み始めた「ねずさんの日本の心で読み解く百人一首」ですが、順徳院御製の百番歌、

百敷や
古き軒端の
しのぶにも
なほ余りある
昔なりけり    

で、今週600ページ近い一冊を読み終えました。2年半、かかりました。著者の小名木善行氏は「ねずさん」というハンドルネームで日本のよい話を中心にブログを発信している著名人でもあります。

80半ばを越したアルフレッドさんに、歌と歌と解説「歌の鑑賞と真意」を朗読してもらいます。これはわたしなりに考えてのことなのです。普段、人里離れた山で生活している老齢の生徒さんは、日本語レッスンのためにポルトの町まで車で下りてきます。山では人との会話もないでしょうから、健康のためにも声を出してもらおうと思い、朗読してもらうのです。

授業にやって来た当日にその日の一首と解説のコピーを手渡しますから、朗読は、言うなればピアノの初見みたいなもので、日本人と同様の漢字知識がなければすぐには読めません。勿論時に読めない漢字、分からない語句もありますが、アルフレッドさんはおおまか読むことができるのです。

解説にはその歌が詠まれた時代背景が関係してきますから、当然歴史が絡んできます。ですからその歌を理解するには漢字だけではなくたくさんの語彙も学ぶことになります。

百人一首を通して、あたかも7世紀の天智天皇の時代から13世紀、源頼朝死後の承久の乱、貴族政治の終焉と武士の力が世の中を動かし始めるまでの歴史本を2年半かけて読み終えたような気がします。

アルフレッドさん曰く、「今まで読んだ日本の本の中で一番好きな本になりました。この本を通して、日本文化、日本人が更に分かったように思います」

事前に準備するわたしも、自分の国のことであるのに全く知らなかった多くのことをこの本から学びました。

下記過去ブログ「生徒と学ぶ百人一首が面白い」、興味あらば、どぞ。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1766.html

本日はこれにて。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ