FC2ブログ
2019年3月22日 

2、3日前に読んだネット新聞の記事に「小学校卒業式のはかまに賛否両論」というのがありました。一瞬「大学卒業式」の間違いではないのか?と思ったのですが、どうやらそれは数年前から流行していて、エスカレートして華美になりすぎなのではないか、いや、服装は人の自由だ、親や子どもに任せていいと両論が巻き起こっているのだそうだ。

小学校卒業に袴?となんだか納得いかない気がするのだが、このニュースを読んだとき、かれこれ10年も前の我がモイケル娘の大学卒業式のことを思い出した。

諸事情は置いておくとして、思っていたのと違うと言い出し、早稲田大学を2年で退学して九州の公立大学3年に編入したモイケル娘が、卒論を書きながら翌春に備えていたある日のこと、スカイプでこんなことを言って来た。

「卒業式に出るの辞めようかなと思ってる。」

東京にある会社に就職したので卒業前に東京に出てアパート探しをしなければならないし、場合によっては今の下関のアパートを出払っていることも十分考えらる。すると、卒業式出席のためにその日に合わせて東京から往復の電車代がかかる。そうでなくても、引越しや就職でこれから色々物入りなのだから、お金がもったいない。これが理由のひとつ。

そして彼女に卒業式出席を見送ろうかと言わせるもうひとつの理由が、これもお金がかかる「卒業式の服装の着物、袴」のレンタル料金だった。
「おっかさん、着付けやらなんやらと入れると、最低5万はかかる。往復の電車代も併せたらそれだけで10万になるよ。」

たった一日で10万!
う~~ん@@ と、母はうろたえる(笑)

今まで学生だったので適当に間に合わせられた服装も、社会人になったらそうも行くまい、バシッとカッコよくブランドもののスーツでキメよとは言わないが、10万つったら、うまくいけば、会社用のスーツが2着買えるかもしれない。

「卒業式は一生に一度のことだから、それくらいだったら」と出す親は世間にたくさんいるのだろう。

一生に一度の七五三、一生に一度の大学卒業式、一生に一度の成人式、と、一生に一度のことは結構多いわたしたちの人生だ。

ぶっちゃけて言うと、わたしは上記のお祝いのどれにも縁が無く晴れ着など着たことがない。都会での一人暮らしの身には成人式のレンタル着物も、とてもではないが手が出なかったくらいだ。

それで、モイケル娘の成人式のときには晴れ着姿を見たいなぁ、きっと綺麗だろうなぁ、と一人前の親心で、 ネットでレンタル料を検索したのだが、いやぁ、これがやはりわたしからすると「たった一日で!」となる高額よ。(笑)

娘もいじらしくも「別にいらない。お金がもったいないよ。」と言ってくれる。一生に一度の成人式の晴れ着、着せてあげたいな、とは思ったものの昨今の厳かさをともわない成人式の話を多々耳にしていたことも手伝って、結局娘は成人式に着物を着ることはなかった。成人式にも出席しなかったと思う。

ポルトガルでは小学校、その後のリセウはもちろんのこと、大学も卒業式なるものは耳にしない。人生の節目節目にけじめをつけて、新たな気持ちで新しいような人生のスタートを切る、というような考えはないようで、高校も大学もいつの間にか知らないうちに「あれ?卒業したの?」てな具合だ。

ポルトガル人の夫と息子は、「けじめをつけるって、じゃ、明日から人生全部変わるの?人は変わるの?」と、日本人としてはカチンとくるような屁理屈をのたまう。

そん調子だが、一度は晩御飯の席で、かくかくしかじか、卒業式に多くの女生徒が着るであろう着物、袴の話少し話題にしてみた。

「確かに10万はもったいない気がわたしもするんだけれどね・・・」と言うと、
夫、「うん。買ったらどれくらいになるの?」・・・・・・

ご~~~んと、頭の金が、いや鐘が鳴り響き、しばし絶句の妻であった(笑)お主、な~んも知らんよのぉ。^^;着物、買うってかい!振袖買うってかい!
着物事情を知らない夫は10数万位で買える思ったのであろう、「それなら、少しがんばって卒業祝いに買ってあげてもいい。可愛い娘のことだ」と。

あぁた、いい物でなくたって、高いの。それに付属品も高いんですぅ。第一、そうやって買った振袖も、後何回着られるか分かりゃしない。結婚したら振袖は着られないのだ。海外ならごまかしが聞くけどw。と、これには仮に夫が買ってあげると言っても、わたしは反対だ。

ネットで調べると、業界は各大学卒業式に向けて、大学でレンタル着物出張展や当日は着付け出張もするらしい。ふ~~ん。とすると、近年着物の需要が減ってきた業界も、この時期は助かるわけであろうか。しかし、みながみな、レンタル料を払う余裕があるわけではない。苦しい思いで大学卒業にこぎつける人もいるわけで。

わたしが思ったのは、卒業式でもも、社会人になってからでも着用できるようなセンスを持つ服を着るのはどうなの?である。 まぁ、自分の都合ばかり見て考えたことではあるが、今の日本の大学というもの、人と同じようにしようとすれば、最後の最後までお金のかかることではあるわい。

娘の卒業まで、まだ時間があるので、もう少し考えてみようと思うが。そうねぇ、 袴姿の娘も見てみたい気がするし、それを辞めて我が道を行く娘をみるのも逞しい気がする。
大学4年生夏の就職活動からその後の東京への引越しまで、いやはやホントに出費が重なる上に、息子まで日本へ送り出したものゆえ、ホイホイと貸衣装代を出せない甲斐性のない親に遠慮してか、「わたしはスーツ姿で出席する」と娘は決めていた。

結局その後、どうなったのかと言うと、モイケル娘がスカイプで送ってきた卒業式当日の写真を見て、あれ?き、着てるじゃん、袴!(爆)

実は友だちの母上様のお知り合いに着付けやさんがおり、それで用意してくれたのだそうだ。こういう時に「いえ、結構です。」とお断りすると、物事にカドがたつ。あり難くしていただきました。
 
式場へ向かう途中の彼女のケータイにメッセージを送ると、生まれて初めて着物の類を着る娘、「お腹がくるしぃ~。車に一人で乗れなくて人に手伝ってもらった^^;」

さもありなん(笑)着物を着て車に乗るのは帯も邪魔になり裾にも気を配らないといけないし、楽ではないのである。
ちょっと写真の足元が気になるが、着慣れていないのだから仕方ない(笑) 

「楽しんでくるね!」(おいおい、卒業式は厳かなものなのだぞw)とのレスの文字も、なぜか躍っているように見えたものだ。

無理をすれば、「卒業に袴」の人並みのことをしてあげられなくはなかったのだが・・・
職場の補習校でこの話を出したときに、「わたしが親ならしてあげますよ。」との同僚の言葉が少し胸にひっかかりながらも、「袴の貸衣装代があれば、会社勤めに必要なスーツがもう一着買える。両方はできないから、自分でどちらか決めてね。」と言い渡したのであった。

娘よ、人並みに親に何かをしてもらえ、人並みに自分も何かができる、ということは幸せのひとつだと言うことを心に刻んでほしい。この「人並みに」が、したくてもできない人もたくさんおるのだよ。2008年の春のことであった。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ