FC2ブログ
2019年4月4日 

4月1日に新年号が発表されたが、その「令和」についてメディア、コメンテーター、その他がやけにかまびすしい。

新元号「令和」の出典は『万葉集』巻五、書き出し文だそうで、これまでは中国の古典から採用されてきたのだが、今回のように日本の古典が出拠となったのは初めてだと言う。また、元号の漢字として「令」が使用されるのも初めてだとのこと。

古来、物事にけじめをつけて新しく出発することを好むわたしたち日本人だ、元号が変わったからとて、周囲を取り巻く物事が即変わるわけではないが、これまで惰性でしてきたことにも新たな気持ちで取り組もうとの考えは、日本人の性格ではないかと思う。新年の祝い、入学式、卒業式とわたしたちは人生に節目をつけて新たな出発をしてきた。皇位の継承に伴う改元に新たな思いを託して新時代の到来を迎えるのだ。

ところがだ、新元号の発表があるや否や、「令は命令の令だ」「号令の令だ」「巧言令色の令だ」と、負のイメージがある言葉を羅列し、政府の決定に文句たらたらの輩が多い。

ひどいのになると、下の画像の赤部分を取り上げて(カタカナの「アベ」?よく分からぬが)「安倍の名前が含まれている。忖度だ!」と言い出す始末で、ここまで来ると開いた口がふさがらぬ。 ア○か(すみません)。

reiwa1.jpg
Wikiより

「令」については、漢和辞典を紐解いてわたしはその意味を確認した。政府もきちんと元号の説明をしているのだが、命令だ、号令だと騒ぐ人達は、果たして意味を再確認したのか。

「令」は「よい」という意味の雅語、古語でもある。海外メディアに向ける外務省の英訳は「beartuful, harmony」である。それをあたかも、命令の令だ、従わせて和を作ろうと言う意味だ、などと煽動している輩には、ほとほと愛想がつきる。

公で口に出す前に、日本人だろう、漢字の意味を確認してから言え、勉強不足だろ!と、ここ数日、わたしはげんなりしているのである。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ