FC2ブログ
2019年4月8日 

オビドス

リスボンから北へ向かうこと80キロにあるオビドスは「谷間の真珠」と呼ばれる中世の城壁に囲まれた人口12000人ほどの小さな町だ。5月から秋にかけては、真っ青な空と白壁の家並みにブーゲンビリアの花々が映え、訪れる人は鮮やかさに目を奪われること請け合いだ。ポルトガルでもとりわけ美しい町である。
 
オビドス
 
ディニス王がイザベル王妃にオビドスを結婚と贈り物にしたのは13世紀のこと。以来、19世紀半ばまでポルトガルの歴代王妃が所有権を受け継ぎ、村は「ウェディングプレゼント・タウン」として人々から愛されてきた。 

001_1.jpg

城門ポルタ・ダ・ヴィラをくぐるとたちまち中世の町へタイムスリップ。メインストリートのディレイタ通りには小さなレストラン、カフェ、土産物屋が軒を並べている。路地から路地を歩きまわっても小一時間で十分だ。中世のまま今に至る造りの家も見られ、オビドスはどこにカメラを向けても格好の被写体である。

オビドス

丘に建つオビドス城は少し改造され、1951年からポザーダ(高級宿泊施設)として利用できるようになっている。村を囲む城壁は約1.5kmなので時間が許せば一周してみるもよし。

オビドス

また、毎年3月から4月にかけて「国際チョコレートフェスティバル」が開催されることでも知られる。一通り町を歩いた後、お勧めしたいのがこの地方特産の黒サクランボ酒こと「ジンジーニャ」。お値段も手軽で通りのあちこちで味わうことができる。甘くコクがあるが、アルコール度数は20度と高いのでご注意を。

Obidos

ジンジーニャについては、こちらで案内していますのでどうぞ。
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1490.html
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ