FC2ブログ
2019年6月26日 

いい歳して、お主も好きよのぉ、と、時代劇の悪代官さまのセリフが聞こえそうな(笑)
はい、サンジュアン前夜祭、夫と出かけて参りました。毎年の事ながら、なにしろ、近所の鰯を焼く煙が入ってきて、家中の窓という窓を閉め切っても篭る匂いには溜まりません。これなら、いっそのこと、街へ出たほうがよか!と相成ります。

ダウンタウンに行く前に、行きつけの近くのレストランに予約を入れ、夫の兄にも声をかけて3人で鰯を食べに。例年だと、祭りが近づく毎に釣り上がる値段がニュースになるのですが、今年は鰯の大漁とかで、市民がげ!と思うような値段にはならなかったようです。

それでも、レストランで一本(一度水揚げされた細長い魚は、一本と数えるですよ!と、これは我がモイケル娘に。笑)2.50ユーロ、日本円で300円ちょっと。とは言え、給料が日本とは比べられないポルトガル、やはりり高いです。

が、レストランのウエイター、ヌノ君によると、私たちが行って間もなく鰯は早々に終わってしまったとかで、後から来た客たちの顔の不機嫌そうだったこと!高かろうが、この日に鰯を食べずしてなんとする!ってことでしょう。
さて、下の写真はサン・ベント駅の前。画像が小さいので見にくいでしょうが、駅前も大寺院ことSéに続く向こうの通りも人人人。

2019_36_1.jpg

昨年のこの時期は乾燥度がひどく山火事があちこちで心配され、2年間禁止された祭りの神器のひとつ、「熱風船(Balão de São João)」が今年は復活しました。

005_1.jpg

打ち上げられて夜空をふわふわ飛んでいくバルーンはまるで星のようで、とてもきれいでした。

saojoao2019_1_1.jpg

2019_32_1.jpg
写真は市庁舎通りのアリーアドス広場。

IMG_20190623_230122_resized_20190626_041855738_1.jpg

市庁舎前にはおおがかりなステージが設置され、通りは大音響に包まれて歌う人踊る人、ビール片手に歩き飲みする人と、街中が祭りです。

が、わたしは路地の方が面白い。
2019_24_2.jpg

一歩路地にはいると店が流すロックに併せて若い人達が狭いとおりで踊りに狂しています。
2019_31_1.jpg

ドウロ河岸リベイラに続く道は12時の花火を見ようとする人波で中に入る込む隙もなし。
2019_23_1.jpg

諦めてわたしたちはサン・ベント駅から、空高く打ち上げられた花火だけを見ました。
写真の赤い空は花火がひっきりなしに打ち上げられているからです。

saojoao2019_5_1.jpg

こうして今年のサン・ジュアン祭りも終わりました。高校の統一試験も終わり、間もなくポルトガルの学校は夏休みに入ります。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
ポルトの夏の夜の夢
こんにちは、Mayです。
今までポルトガルでお祭りと言うと、マルヴァオンの栗祭りに2度行きましたが、ポルトのこのお祭りも盛り上がっていますね〜?ポルトガルと言えばやはり鰯、お祭りも鰯なのですね!東京には、目黒のサンマ祭りというのがありますがケタが違います(笑
夏のポルトもぜひ行ってみたいなぁ!
私も、路地、大好きです❤️何とも言えない生活感、地元のカフェ、レストラン、デリ。
私の中では、ポルトの町は暗いイメージです(灯りが、という意味で)夜、ファドを聴きに行った時も暗い小さな通りを歩いて行ったり、夜の町全体の灯りが暗いのです。でもそれが嫌ではなく何とも言えない雰囲気なのです。だからサン・ベント駅の夜のライトアップが美しい事!
またお祭りリポート楽しみにしています!
2019/06/27(Thu) 13:49 | URL | May | 【編集
ハンマーを持って~
街ゆく人がたたき合う画像を見たことがあります。ポルトに住む人全員が祭りに繰り出したような賑わいですね。

リスボン祭り(聖アントニオ祭り)も鰯を食べますね。ポルトも同じなんですね。
大量でも1本2.5€とは高いですね。リスボン祭りで食べた鰯は残念ながら中が生焼けで、、、

お祭りのスケールの大きさはポルトが断然大きいですね。花火~綺麗だったことでしょう。
2019/06/28(Fri) 04:09 | URL | ムイントボン | 【編集
Mayさん
こんにちは。コメントをありがとうございます。

マルヴァォンはわたしも昔行った事がありますが、お祭りはまだです。アレンテージュ地方はちょっと遠く度々は足が向かないというのが本音です。

下記でマルヴァォン旅行について書いてますよ。宜しかったらどうぞ。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1106.html

路地は日中はまず問題がありませんが、夜ともなると、気をつけるべき場所もありますので、ご注意くださいね。

昔ながらのサン・ジュアン祭りが味わえるFontainhasの記事もあげました。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-2150.htmlしたので、こちらも宜しかったらどうぞ。
2019/06/28(Fri) 06:32 | URL | spacesis | 【編集
ムイントボンさん
リッチな人達は川に浮かぶボートから花火を見るんですよ。

わたしもピコピコハンマーで数え切れないほど頭を叩かれて来ましたv-290

時に力いっぱいハンマーを下ろす人もいて、そういう時はさすが腹立ちますぞ。お酒でも入ってて力をセーブしないんでしょうね。

そうそう、鰯はこちらは生焼け気味です。肉も魚もよく焼けたのが好きな場合は、「Bem passada, por favor」と頼まないといけません。

わたしは一度ステーキをそれで頼んだら、わざわざシェフがテーブルに来て、どうしてBem Passadaなのだ?おいしくないぞ、なんて言われましたよ(笑)

わたしはどこへ行ってもBem passada, por favorです!
2019/06/28(Fri) 06:49 | URL | spacesis | 【編集
Bem passada, por favor.
鰯も生焼け気味?なんですか?
Bem passada, por favor。
しかとメモしました。これなら生焼け鰯にはもう遭遇しないですね。ありがとうございます。
2019/06/28(Fri) 14:48 | URL | ムイントボン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ