FC2ブログ
2019年7月3日
 
古いことゆえ、取り上げようか上げまいかと迷っていたのですが、やはり、自分のメモとして書いておきたいと思い、今日はかつてサンデマン入り口に見られた金属板こと、プレートについてです。
sandeman1.jpg

ドウロ沿岸、ポルト対岸のCais da Gaiaに林立する数あるワインセラーの中でも、一際目立つのが「Sandeman(サンデマン)。黒いハットに黒いマントの男性がトレードマークです。

トレードマークは「The Sandeman Dom」と呼ばれます。Sandeman社はスペインでシェリー酒を、ポルトガルではポルト・ワインを造ることから、二国の特徴を活かし、ドンがかぶる帽子はつばSpanish Caballero´s hat表し、黒いケープはポルトガルの大学生がまとう黒マントを表しています。

下は2005年9月の入り口の写真です。

sandeman_cheias1.jpg sandeman_cheias2.jpg

この年9月、夫の友人のご子息の結婚式が行われたポルトのCatedral da Sé(12世紀に建築された大寺院)での厳かな挙式の後、対岸にあるワインセラー(ワインの酒蔵)地帯を車で、ワインセラー庭園での披露宴開場へと移動していた時、夫に「待って待って!ちょっと止めてよ」と、あたりはばからず、結婚式出席の正装で車を降りて、デジカメパチリとやってきたのでありました。
 
サンデマンを通りかかる度に気になっていたものが、入り口の左側に見える黒いプレートなのです。 画像のデータが古く、見にくい点はご勘弁願い。

もう少し拡大してみました。

sandeman2007_4.jpg

CHEIA EM 20 DE JANEIRO 1855」と書かれています。「CHEIA」はポルトガル語で「洪水」の意味です。

1980年代後半まで、ポルトは雨季である12月から2月の間、雨量の多い時は、堤防のないドウロ川、てき面、川水が溢れリベイラ一帯はその都度洪水に襲われました。このプレートは、その洪水になったときの水かさの位置と年月日を表しています。

写真を見ると、一番上は入り口が、ほとんど全部水でふさがれてしまう程の水かさです。
 
2001年のこと、ポルトからドウロ川に沿って遡ったところ、Castelo de Paivaと言う小さな町にかかっていた橋が突如崩れ落ち、橋を渡っていた乗用車とバスを川が飲みこんでしまうという大きな事故がありました。
  
バスは、その日、ドウロ上流にあるアーモンドの花で有名な村へ、花見に行った帰りの観光バスでした。 生存者はひとりもおらず、未だにあがっていない遺体が多くあります。

その年の雨量はたいへんなものでした。橋の崩落事件は、日本でも報道されましたが、多雨量のせいだけではなく、橋を支える橋げたの建つあたりの砂、土を業者が違法にも掘りまくっていたことが原因だとされています。

当然のことながら、ワインセラーのあるRibeiraも洪水に見舞われ、一帯の住人達はほんとに気の毒でした。我が家は当時、まだ庭のある、恐らく築80年くらいは経つであろうと思われるような、古い家に住んでいたのですが、これまでなかったようなことに出会いました。

sandeman5.jpg
洪水時のリベイラ。Wikiより

夏に庭で見られるアリの行列が、地上3階の我が家の中で何度も見られたのです。なんとも異様な気持ちに襲われたのを覚えています。小さな生き物とは言え、災害に対する予知能力を持っているのでしょう。

さて、リベイラの洪水の写真を目にしたわたしは疑問に思ったことがひとつありました。
こういう時、ワインセラーで樽に入って寝かされ、熟成を待っているポルト・ワインは、果たしてどうなるのか?と・・・。

明日はこの疑問解きです。
では、また。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
とても勉強になりました。
初めて行った団体ツアーでサンデマンに行き説明も受けたはずですが全く覚えておりませんでした。試飲したことしか、、でもあのトレードマークの黒マントさんは印象的でした。スペインとポルトガルを融合したデザインなんですね。なーるほど。

 洪水に悩まされた時代があったこと、アーモンドのお花見の帰りに遭遇した事故で沢山の命が失われたこと~そんな悲しいことがあったのですね。アーモンドの花霞を堪能して、きっと幸せな気分でいたことでしょうに、お気の毒なことでした。

 洪水になったらワインの樽が川に投げ出されて浮いている?そんなイメージしてしまいました。
2019/07/05(Fri) 01:08 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
これは何なのか、どんな意味があるのかと、好奇心旺盛すぎて、わたしは時に人をウンザリさせてしまいそうなところがあります。

でも、ムイントボンさん、ワインの樽が川に投げ出されて浮いているって想像、可愛いですね。

ポルトガルでそれをしたら、洪水中でも全て樽が消えうせてること、間違いないです(笑)
2019/07/05(Fri) 21:44 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ