FC2ブログ
2019年7月11日 

ポルトガルに長年住んで知ったことのひとつに、ポルトガル人の国、郷土に対する自慢、つまり愛国心、郷土愛です。

ポルトガルや自分が住む町、祭りなどを主語に、「o mais bonito do mundo(世界で一番美しい)」とか「o maior do mundo(世界で一番!)」と言う言葉を一般人がよく口にします。

また言ってるわん、と内心クスリと笑っているのだが、かく言うわたしも「世界で最も美しいレロ書店」なんてやらかして、雑誌記事などに紹介しているのでありますれば。

さて、そのo mais bonito do mundoをまたもや目にしたのがポルトの市庁舎通りこと、Aliadosのマクドナルド。

今でこそ国内のあちこちにあるマクドナルドですが、わが子たちが小さかった頃は、ポルトにマクドナルドのみならずファーストフード店そのものがなく、スペインやイギリスへ旅行に行くと、「あ、マクドだ!」と子どもたちのリクエストで何度車を止めて入ったことでしょう。

ポルトに住む子供たちにとって、海外旅行、日本帰国はファーストフード店がお目当てでもあったのでした。

下はポルト、マクドナルドの入り口です。大きなáguia(アーギア=鷲)のシンボルが見られます。
Macporto_3.jpg

1995年にオープンされましたが、実はこの建物はポルトでも屈指の「カフェ・インペリアル」だったのです。1936年に開店したカフェ・インペリアルは入り口が大きな開店ドアになっていました。

Imperial1_1.jpg
Wikiより

内装は初期アールデコ調で、カフェ・インペリアルには当時の多くの知識人が集まる場所でもありました。入り口のブロンズの鷲同様、現在もマクドナルドの店内、カウンター上部にはアールデコ調のステンドグラス、クリスタルのシャンデリアはそのまま残っています。

Macporto_1.jpg

ステンドグラスを拡大してみましょう。左のはぶどうの収穫です。

imperial2_1.jpg

見ての通りカフェを楽しむ紳士淑女

diploma

側壁上部の美しいモチーフ
inperial3_1.jpg

美的感覚は個人様々なので、一概に「世界で一番、最も美しい」と言うのには少し抵抗がありますが、「世界でも美しいマクドナルドのひとつ」と言う風な表現で行くと、ポルト、アリアードスのマクドナルドもまごうことなくその中に数えられると思います。

ついでに、わたしが見かけて美しいと思った他国のマクドナルドを紹介します。

mcdo-budapeste_nyugati[1]
2013年に訪れたブダペストのマクドナルド。中に入って食事しました。

下は2007年のパリで見かけたマクドナルド。外から見ただけです。
Mac_paris.jpg


下記、過去記事ですが、興味あらば、どぞ。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-category-53.html ブダペスト旅行

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-category-36.html パリ旅行

ではみなさま、また。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ