FC2ブログ
2019年7月14日 

先週日曜日は、取材を兼ねて夫をお供に、ミラガイア地区の川沿いを歩いてきました。ドウロ川沿いのリベイラ(Ribeira)同様、ミラガイアはわたしが気に入っている古い町です。

086_1.jpg

傾きかけた小さな家並みが見られ、ベランダには洗濯物がたなびいていて、いかにもポルトらしくて懐かしい香りがします。若いときはこの古臭さが嫌いだったのに、同類哀れむの感とでも言いましょうか(笑) 

ちなみにリベイラやミラガイアなどの古い家並みでは洗濯物を外に出すのが許されていますが、他地域では表通りやみえる場所に洗濯物を干すのは市が禁じています。

082_1.jpg

今では、シーズン中は路面電車乗り場に長い列ができるような、ほとんど観光客用になった路電もこの地区を行き交います。

ミラガイア地区に着いては何度か取り上げていますので、後記にて案内しますが、今日の話題はこれです。

palaciosereias2019_1.jpg

ミラガイアはこのように小高い丘からなるのですが、上に見えるのはPalacio das Sereias(Sereiasは人魚の複数形)こと、人魚の館です。下から見上げるとパッとしませんが、ファシャーダの二つの人魚像からこの小宮殿名前の由来がわかります。

palaciosereias-sunset.jpg
夕日を受ける人魚の館

Rua da Restairaçãoから Rua da Bandeirinhaに入って、楽なアクセスもできるのですが、川沿いのミラガイアから石段(Escadas das Sereias)を上ってのアクセスもできます。少しきついですがわたしはこちらの方が好きです。

が、実はこの石段は危ないなぁ、ちゃんと工事する必要があるのではないかと、随分前から思っていたのです。それが、市はやっと工事に手をつけたようで、現在は石段をのぼってのアクセスができません。これも観光客が増えて市の懐が潤ってきたからでしょう。

下記では子の館とミラガイア地域を案内しています。興味あらばどうぞ。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1307.html 人魚の館

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1306.html  ミラガイア アーケード
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ