FC2ブログ
2019年7月17日 

ポルトは悠久の街である。大西洋に流れ込むドウロ川べりから市外中心にむかって、幾重にも丘陵が重なり、段々畑の様を呈して赤レンガの屋根がぎっしり並んでいる。
この街では時間はゆっくり流れる。人々は素朴で子供たちは路地裏で日が暮れても遊びまわり、ときおり焼き魚の匂いが漂ってくる。

と、ポルトに来た当時の40年前にわたしは日記に書いています。しかし、近頃はポルトガル人の生活も忙しく変わって来ましたが、それでも日本とは比べられないのんびりさでしょう。

長崎にある石畳の道は、そのロマンチシズムで人気のあるスポットだと思われます。もしかすると、この長崎の石畳の故郷はポルトガル・スペインではないのかとわたしは推察するのですが、どうなのでしょうか。

石畳もホンの一部であれば、雨にぬれてもロマンチックであるけれど、気をつけないと人も車も滑るんですネ。ハイヒールのかかとはと言えば、まるで石畳に噛みつかれでもするかのようで、どうもいけません。

その石畳も今では道路が発達したポルト、最近は姿を消しつつありますが、まだそこかしこに残っています。我が家が面する通りもその一つ、石畳を敷き詰めた道です。

この石畳はさいころ型の石を敷き詰めたもので、ひとつの面は20年ほどの耐久性があると言われています。

道路モザイク2

一面が減ってきたところで掘り起こし、面を変えるのです。そしてさらに20年、また掘り起こし面を変えて20年。
この単純な繰り返し作業で行くと、さいころ面は6面あるのだから、最後の6面目が減った暁には石畳の道の齢(よわい)は120年!!!

たいしたものです。ひょっとすると目の前に石畳道が100年ほども経っているかもしれません。そこを日常的に歩いているというこを考えると感動的でもあります。

たかが1、2年帰らなかったというだけで、目まぐるしく景観が変わってしまう日本と比べると、なんというこの悠長さ、この頑固さ。
え?新道路工事の金がポルトにないんじゃないの、って?それを言っちゃぁ、おしまいよw

時には、ハイヒールのかかとに噛み付き、車もその振動で痛みが早いのではないかと気が気でならない石畳も、ポルトを「悠久の街」とわたしに言わせしめる一因ではあります。

因みに石畳をポルトガル語では「calçada portuguesa」と言い、モザイク模様の石畳も含みます。おしまいに、ヘタクソな一首をば。^^

わが家の前を流れる悠久の時はゆったり石畳になり 
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
石工さんが石畳を敷きなおしているところを~
何度も見かけました。

 一面が20年ですか~。120年も使えるのですね。今度はそばでじっくり作業を見せてもらいます。

 石畳でもめげずにピンヒールで颯爽と歩いているお嬢さんもいるし、ステッキでやっとこさっとこ歩いている老人たちもいますね。旅人にとっては趣のある、芸術的な石畳はとてもいいけれど、そこに暮らす人にはなかなかタフなことですね。

 前回の旅では見事に転んでおでこにたん瘤、お岩さんになってその後の旅を続けました。ポルトガルを歩くのには足を鍛えておかねばなりませんね。

 
2019/07/18(Thu) 20:21 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
最近ではあまり見かけない石畳作業ですが、この写真はずいぶん前のもので、ダウンタウンでした。

「写真撮ってもいい?」と聞くと、「いいよ。ブログに載せるんだろ。」と気軽にOKしてくれました。

旅先で転ぶと大変なことです。

わたしの知り合いは捻挫し、連れ合いが医者だったのでなんとかホテルで応急処置ができたものの、わたしもそそっかしいので、十分気をつけないと!

そうそう、Rua das Floresはきれいになりましたが、あそこは道の両脇が少し上がり気味になっているのとで、気をつけてください。何度か転びそうになりました。
2019/07/19(Fri) 17:24 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ