FC2ブログ
2019年7月27日 

イギリス、フランスなどでは38、40度を記録し史上二番目の暑さだと言います。
だと言うのに、7月も下旬のポルトガル、真っ青な空が顔を見せず、小雨が降るやらで20度ですって。とても夏とは思えず、窓から吹き込む風には秋かとまがう匂いがしたりします。

が、こう言った矢先に酷暑に突然襲われるのかもしれません。

さて、近頃、わたしの餌を待っている野良ネコちゃんが増えて6、7匹になりました。餌は一匹ずつアルミホイルに入れて用意します。外が明るいうちに持っていくと、カモメのヤローども(失礼!)も、待ちかまえていて、カモメも食わずばなるまいに、とは思うものの、わたしの姿をみるなり騒ぐもので、少し日が暮れかかったころに、ネコエサを運びます。

夏場はできるだけ、猫たちが食べ終わるのを待って、アルミホイルの包みを片付けるようにしています。
なぜかと言えば、猫たちが食べ終わったのをそのままにして置くと、アリの行列ができるのです。まぁ、カモメ同様アリとてこの時期、冬に備えて食べ物を蓄えるのが仕事ですからね、「ご苦労さま」と思い、時にそのままにして、すっかり暗くなってから片付けに行ったりします。

イソップ(あるいはラ・フォンテーヌ)の話にある「アリとキリギリス」はあまりにも有名で、今更披露する必要もないのだが。

夏の季節を歌って遊び暮らすキリギリスとは対照的に、暑い日差しを受けながら汗を流して冬の準備にせっせといそしむアリ。それを見て笑うギリギリスではある。が、やがて冬が到来し、食べ物もなく寒さに凍える日々に、思わずアリの家のドアを叩く。今度はアリが笑う番だ。

この教訓話にはなるほどと思わされるのだが、わたしはもうひとつの「アリとキリギリス」を知っている。もう40年も昔に、当時知り合った夫から贈られた英語版のサマーセット・モーム短編集に収められている「アリとキリギリス=The Ant and the Grasshopper」がそれです。

arnt1.jpg

先のことに思い巡らし定職に就きせっせと働いて貯蓄に精出している兄と、それとは真逆、ろくに仕事にも就かずその日その日を遊び暮らしている弟の兄弟がいる。時々呼び出されては弟に金を無心される兄は、その都度将来のことを考えろ、もっとまじめな生活をしろと説教を垂れる。兄はこの弟を心のどこかで見下げている。

ある日、友人からの又聞きで、弟が先ごろ大金持ちの未亡人と結婚したのだが、未亡人がみまかり、その遺産をずべて弟が相続したということであった。

この時の兄の「It´s not fair !」の悔し紛れに叫ぶ気持ちが分からないではないが、わたしは、「へぇ~、人生って案外こんなものかも知れないな。」と、変に納得いったような読後感をもったものだ。

この40年間、もちろんわたしは遊び暮らしてきたわけではない。私たち夫婦は子供達の教育費は分不相応にかけたので、先を考えて貯めたいにも貯めようがない状態でずっと来た。

老後、何が一番必要かと言えばやはり金だ、と言ってはばからない人は周囲に結構いる。夫は別だが、どこからも年金の入ってきようがないわたしは、この言葉を耳にすると、うなだれるばかりだ。そして、お金は確かに必要だが、「一番」という言葉に、心のどこかで反撥するわたしがいる。

息子も「アリとキリギリス」の話は知っていて、
「パパの年金があるから、少しは大丈夫」と言うわたしの言葉に、
「ボクもそうだけど、ママもキリギリスタイプだね。」と息子に・・・言われた・・・
そして「パパは典型的なアリタイプだ」と彼は付け加えた。

その通りです、息子よ。しかし、人生はunfair(アンフェア=不公平)なことの方がfair よりも多いかもしれない。

それに、アリとアリの夫婦なんて、しんどいかもよ。キリギリスとキリギリスもこりゃ破綻で大変だ。アリとキリギリスの夫婦、これでなんとか帳尻が合うのであるよ^^

冬が到来したら、夫と言うアリのドアを叩く、わたしはキリギリスです。てへ。

ではみなさま、また。


関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
いつもお天気が気になります。
梅雨明けかと思ったらまた雨。暑いなと思ってもまだ梅雨明けはお預けだそう。
ブログを読ませていただく前に必ずお天気を見ます。「温度低いなぁ」と思っていました。北だからでなく今年は特別なんですね。このまま9月になったらもう寒いのかな?

 こちら夫婦ともどもキリギリスだと思います。冬の到来は十分に予測しているけれど・・・どうしよう。叩くドアがない、、、日本では2000万円は最低持っていないと老後は不安ということになって論議をよびました。
 長年、年金を払ってきたのに!どうなってんのかい!怒りを覚えます。
2019/07/28(Sun) 08:18 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
長年、年金を払ってきたのに!どうなってんのかい!← 本当ですね。ポルトガルも遺族年金がどんどん減って、かつては80%だったのが今では半分近くです。

わたしたちの後の世代は人口減少でもっと大変なことになると思います。

天候ですが、7月終わりの気温にしては異常です。8月いっぱい様子を見てみましょうね。
2019/07/29(Mon) 15:39 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ