FC2ブログ
2019年8月8日 

8月に入ってからもポルトはずっと涼しく、昨日今日は夏とは思えぬ雨天です。
これはこれで、毎年嫌と言うほどの森林火災被害に襲われずに済むのでいいのですが、夏の休暇を太陽の下で過ごそうと望む人にはがっかりでしょう。

さて、今回は連れ合いが2週間の海外出張とのことで、単独東京から帰国中の息子は、友人たちと逢うのに忙しく、それでもまだわたしたちとの旅行に付き合ってくれます。

国内旅行の計画は長いこと夫に任せています。その方がケンカにならずに済むのです(笑) 今夏は一泊2日の旅行が二度だったのですが、来週予定のは、燃料タンクローリーの運転手によるストライキの可能性大でどのような事態になるか予測できず、ホテルの予約をキャンセルしました。

今週月、火曜日に行ってきたのはリスボンから1時間足らずのVimeiroという小さな海岸沿いの町です。ナポレオンが3度のポルトガル侵入を試みて失敗した半島戦争(1807~1814)で、戦場になったところです。1808年8月、ポルトガルはイギリス軍と共にVimeiroで戦いフランス軍を破っています。

Vimeiro.jpg

他には何があるかと言うと、ホテルからの眺めが素晴らしい、ということくらいです。

vimeiro2_1.jpg

夫はこの景色を高台のホテルから眺めてみたかったのだそうで^^;

ふむ、なるほど、と黙って従う。 しかし、来る途中で見かけた「Santa Cruz」の標識を見て、そう言えば、サンタクルスは作家の壇一雄が住んだことがあるというのを思い出し、近くだから行って見ようと提案しました。

この話は昔から知っていたのですが、日本文学に浅いわたしはさして興味を示さなかったもので、これまで立ち寄ったことがなかったのです。

今日はKazuo Danと名付けられた通りを探しながら撮った町の写真を載せてみます。

santacruz12.jpg
きれいに舗装されたSantacruzのプロムナード(ポルトガル語ではesplanadaと呼ぶ)

santacruz7.jpg
カペラの小さな鐘が真っ青な空に映えて。 

santacruz8.jpg
向かい合わせの家の赤い柵と黄色い柵がかわいい。

santacruz11.jpg
ポルトガル北部と違ったいかにも南部の町といった色合わせ。

明日はPart2です。

ではみなさま、また明日。

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
毎日35℃越えが~
 続いているこちらから見ると羨ましいようでもありますが農産物などにも影響が出てくるのでしょうか?心配ですね。
 日本全土が燃えるような暑さで来年のオリンピックはいったいどうなるのか・・・
熱中症で倒れる人が多くなるのではと心配になります。

 サンタクルスは檀さんゆかりの地ですね。そこで「「火宅の人」を書かれたとか。地球の歩き方には寒村というイメージではないとありましたが、お洒落なリゾートですね。
 
2019/08/09(Fri) 04:28 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
35度って凄いですね。ポルトガルに来る前です、体調には気をつけてくださいね。

ポルト、共助午後の気温は21度、小雨が降ったり止んだりです。

サンタクルスは壇一雄が住んだ半世紀前は寒村だったはずです。

今日挙げた記事の古い写真を見ても、地元の人々の顔が素朴です。
リスボンから車で40分くらいのところですから、今ではリゾート地ですね。
町もきれいにしていました。
2019/08/09(Fri) 21:15 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ