FC2ブログ
2019年8月24日 

ナザレついでに、今日はナザレをロケ地にした映画「過去を持つ愛情」にちなんだファドBarco Negroについて。

この記事は2018年3月に一度あげていますが、新しい情報と一部訂正して書き換えたいと思います。

亡き母の影響で若いときから古い洋画に興味を持ち、機会を見ては観てきましたが、それだけでは多くの名作を知ることができず、猪俣勝人氏の「世界映画名作全史」文庫本3冊を手に入れて、時に開いては古い映画のストーリーを読んで楽しんできました。

eiga.jpg

今では本のページが薄茶色に色褪せてしまっています。3冊のなかでよく開いたのが、マレーネ・ディートリッヒの表紙の「戦前編」です。「地と砂」「第七天国」「西部戦線異状なし(これは今DVDで持っている)」「嘆きの天使」「モロッコ」「巴里の屋根の下」「間諜 X27」「巴里祭」「一日だけの淑女」と、気に入りの古い映画は限りなく、探しては観たものです。

さて、作品「過去を持つ愛情」は1955年のフランス映画ですから、戦後編で確認しようと開いたところ、猪俣氏が見落としたのか、残念ながらこの映画は掲載されてありませんでした。

原題は「Les Amants du Tage(テージュ川の恋人たち)」。テージュ川はイベリア半島最長の川でスペイン中央部からリスボンに流れ込み大西洋に入ります。

第二次世界大戦中は中立国だったポルトガルです。映画「カサブランカ」でも触れられていますが、当時のリスボンはアメリカへ向かう難民たちの主要な国際港でした。ナチスの手を逃れて多くの難民がリスボンからアメリカへ渡ったそうです。
映画はそれから10年ほど経ったリスボン、ナザレが舞台です。

leamants du Tage
テージュ川で。Wikiより

パリから逃れリスボンでタクシー運転手をしているピエールと夫を事故で失ったカトリーヌがリスボンを旅で訪れます。その暗い過去の傷を持つ男と女がリスボンの酒場で出会うシーンで歌われるのがBarco Negro」(黒い舟)です。

amalia.jpg

1999年に没したファドの女王、アマリア・ロドリゲスを世に出した歌です。

日本語では「暗いはしけ」と訳されていますが、少し意味合いが違うように思います。「はしけ」は貨物や客を運ぶ小さな舟のことですが、「Barco Negro」は歌っている意味からして漁船です。

アマリアの歌の中でも名曲といわれるファド、と思ってきたのですが、なんと、原曲はブラジルの歌だったのです。

これには少し驚きました。 ポルトガル人も知らない人が多いのではないでしょうか。夫に、この知識をひけらかすと「まさか?」の顔で言うことには、「ネットにあることが全て正しいとは限らんぞ。」でありました(笑)
そんなことはもちろん承知ですよ。 しかし、まぎれもない原曲を今度はポルトガルの人気歌手「ドゥルス・ポンテス」が歌っています。その原曲は「Mãe preta」(マイン・プレタ。直訳:黒い母=黒人の乳母の意味)。

♪黒人の乳母が主人の赤ん坊を揺りかごであやしている。
  こんな風にして白人の子供を育ててきたが、
  その間に、黒人の我が子は農園で鞭打たれながら働いている。

と、黒人の母の悲しみを歌ったものですが、映画「過去を持つ愛情」では、歌詞をすっかり変えて原曲をはるかに上回るファドの名曲にのし上げています。ブラジルで作られた歌ですが、実はポルトガルでは
この歌詞が禁じられたもので、全く意味の違ったポルトガル語歌詞に書き換えられたのだそうです。本来はファドではなかったとは、驚きでした。

下記のリンクからこの2曲を是非聴き比べてみてください。

アマリアの「Barco Negro」


漁に出て行き帰って来ない愛する男への「あなたはわたしの胸の中にいつも生きている」との思いを切なく歌っています。
  
ドゥルス・ポンテスの「Mae Preta」 


アマリアの前にも後にも、素晴らしいファド歌手はなし、とは、わたしの思うところです。

下はわたしが10年ほど前、ナザレを訪れたときの写真。人影なく寂れた漁村でした。

ナザレ2009

ポルトガルで始めて、鯵の干物を見ました。この老女からたくさん買いこんだのですが、日本のとは違い、とにかく固かくて食べるのに苦労しました!

mulherNazare.jpg

映画「過去を持つ愛情」のストーリーは下記にて読めます。
https://movie.walkerplus.com/mv13577/

ナザレについては、これでお終いにします。
ではみなさま、また。


関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
映画「過去のある愛情」を探して~
観たいです。

アマリアの住んでいたお家へ行きました。
夫婦共々 感激でした。ファドは私の人生を豊かなものにしてくれたきっかけでもあります。ポルトガルに行きたいと思ったのは日本でファドを聴いてからなんです。本物を聴きたいと!
2019/08/25(Sun) 08:16 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
日本でファドを聴いたと言うのは、テレビとかラジオを通しでですか?
アマリアの?それとも日本人のですか?

下記で亡くなられたファド歌手月田さんとのことを綴っています。よろしかったらどうぞ。
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1855.html

Yahooホームページ閉鎖の際に、移動し忘れたファドについての記事がいくつかあります。近日中にブログにあげてみますね。
2019/08/25(Sun) 14:57 | URL | spacesis | 【編集
私が初めてファドを聴いたのは~
香川有美さんという方の歌でした。
ドスの利いた声、シャンソンの歌手と小さなシャンソニエでの共演でした。
圧倒的にファドの勝ち!恋に落ちました。笑。
月田さんのお名前を知ったのはそれからだいぶ後になってからです。ファドが好きというと必ず月田さんのお名前が出てくるのですね。生歌を聴いたことはなくYOU TUBEで聴いています。本当にお若くして亡くなられ残念極まりないですね。アマリアからお墨付きを頂いたのは彼女だけですね。
 香川さんもとてもいいので聴いてみてください。
 月田さんとゆかりがおありだったとは驚きです。
2019/08/25(Sun) 18:12 | URL | ムイントボン | 【編集
https://www.youtube.com/results?search_query=%E9%A6%99%E5%B7%9D+%E6%9C%89%E7%BE%8E

聴いてみて下さい。月田さんとはまた違った感じですが・・・いろいろなジャンルを歌われます。
2019/08/25(Sun) 18:16 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
独得のこぶしがあるファドは、外国人にはなかなか歌いにくいものだと思います。

香川さんも月田さんもシャンソン歌手というのが面白いですね。

一度聴いてみます^^

2019/08/26(Mon) 04:03 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ