FC2ブログ
2019年8月25日 

高校へはバス通学か徒歩だった。
徒歩だと我らが埴生の家からは40分近くかかる距離である。

うっそうとした樹木を両脇に歩き、そして、新校舎が建築されるまでの向こう一年間、一時しのぎとして、それまで使用されていなかった古びた建物が仮校舎である我が母校近くまで来ると、今度は樹木ではなくて林檎畑が両脇になるそのバス通り道をわたしは随分楽しんだものだ。

弘前南高校花序


高校まで歩く時間がなくてバス代がある日はバスで、時間があるとき、または、時間がなくてもバス代がないときは、たとえ遅刻であったとしても40分徒歩登校であった。定期を買うにはまとまった金額が要り、それが難しかったのであります。

さて、その高校に入学してすぐのこと。

当時中学生だった妹と二人家を出て、バス停に向かって歩いていたのでした。と、妹が突然、足先の少し先の地面を指差し、

「あ、牛の馬糞(ばふん)だ!」
「あああ、イヤだねぇ。気をつけよう」と、そこを避けてバス停にたどり着き登校した。

高校生活第一日目の初めての一時間目の授業である。

ぬぬ。「漢文」とはこれまで見たこともなし。(今では中3の国語教科書で漢文のさわりが出るが、当時は中3カリキュラムにはなかったと思う)教室に入ってきたのは、四角いいかつい顔をした中年の男の先生であった。実はこの先生、教頭でもあったのだ。

今なら大いに興味を示すであったるうが、当時は漢文の授業はなんだか意味がよくわからぬ・・・ 少し眠気が差して来始めたころ、どういう拍子でか、けさ方の妹の言った言葉が唐突に頭の浮かんだ。

「牛の馬糞・・・・待てよ?おかしいじゃないの。牛の馬糞てことはないぞ。牛だったら牛糞だぞ。辻褄が合わんではないか。」「あっはははは。妹ったら頭良さそなカッコして、牛の馬糞だってよ」と、頭の中で言い出したのがウンの尽き!(これまた、ウンでした。爆)

わたしはすっかり可笑しくなり、これが頭から出なくなったのである。初めは胸の中でクスクス笑っていたのが、その内「クックックックック」と笑いが口をついて出てきそうになり、それをこらえるのに席に座ったまま、少しうずくまるような格好で小腹抱えた。

しかし、「牛の馬糞」は一向に頭を去らない。去らないどころか、笑いをこらえきれなくなって、とうとうわたしは漢文の授業中に「ワーッハッハッハッハッハ」と大笑いしてしまったのである・・・・

驚いたのはクラスの皆。一斉にこちらを振り向き、漢文の先生に至っては、恐い形相で睨みつけまする・・・ショッパナからこんなことをする女生徒は、以後、漢文の先生にすっかり目をつけられてしまったのでありました。

これは帰国した際、今では笑い話として妹との間によく上る話題のひとつになりました。

縁は異なもの、先生の娘さんが、我が妹と弘前高校で同級生だったということを、妹の話から初めて知りました。当時、先生はしばらく車椅子に座っておられたとのことだったが、弘前に住む我が同窓生から「鈴木先生がなくなられました」とメールが入ったのはもういつだったろうか。この漢文の先生でした。

今日は「牛の馬糞」を始め、台所で、あれやこれやと高校時代のことがしきりに思い出され、いつもに輪をかけてボケ~ッとしてしまい、切ったトマトに岩塩ならず砂糖をふりかけていたのも気づかなかったおっちょこちょいでありました。

高校の関連記事は下記にもあります。よろしかったらどぞ。

「浦島の玉手箱」">「浦島の玉手箱」

「早春の津軽行・思い出ぽろぽろ」

「津軽行・かっぺいさんと同窓生と校長先生」


本日はこれにて。

下記、ランキングクリックをしていただけたら、嬉しいです。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
妹さんと仲良く登校する姿が思い浮かびます。
 きっといろいろなことおしゃべりしながら歩いたのでしょうね。
長い道のりでも楽しいからあっという間?本当に仲がいい姉妹ですね。

「牛の馬糞」には笑いましたが、妹さんにとってはバフンは動物の固形排出物の
総称だったのでしょうかね。可愛い。

 授業中 思い出し笑いをしてしまう。それも可愛い。

ずっとずっとこのお話で妹さんと笑うことでしょう。

 
2019/08/26(Mon) 14:05 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
ポルトガルから家族全員で帰ってもいつも快く迎えてくました。
そしえ、今も3週間ほどの滞在に、短い、もっと長くいて、と言ってくれます。妹夫婦の家が今のわたしの実家です。嬉しいです。

しっかりした妹に落ち着きのなかった長女のわたし、普通は逆ですよねv-408おかげで、わたしはこうして海外にいることができるというわけで。

今日もコメントをありがとうございます!
2019/08/27(Tue) 19:31 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ