FC2ブログ
2019年8月26日 

それぞれの国がもつ独特の文化音楽、フランンスにはシャンソン、アメリカにはカントリ・ウエスタン、日本には民謡の例にあるように、ポルトガルにも「ファド」と呼ばれる歌があります。

「ファド(fado)」はポルトガル語辞書を引くと「運命、宿命」とあります。ラテン語の流れを汲むポルトガル語は、ラテン語のfatum(運命)を語源にしています。

かつて日本の音楽の教科書にも、ポルトガル民謡の代表的な歌として取り上げられたのに「暗いはしけ」と言う歌があります。原題は「Barco Negro」(バルコ・ネグロ)、黒い舟という意味です。漁に出たまま再び帰らない愛する人を恋うる歌なのですが、ファド歌手が歌い上げると、教科書の楽譜からはとうてい伺えない、切々たる思いが聴くものの心に響いてきます。

ファドはfadistaと呼ばれる一人の歌手とポルトガルギター(12絃)、そして、ビオラ(通常のクラシックギター)の伴奏で、薄暗いライト照明の元で演奏されます。

ファド歌手は主に女性歌手に有名なのが多いですが、国内で人気のある男性歌手もいます。カルロス・ド・カルモは齢79歳になりますが、息の長い人気歌手です。女性のファド歌手は全身黒い衣装を身にまとい、多くは黒のショールを肩にかけます。

guitara.jpg amaria_1.jpg
12絃のポルトガル・ギターラ            歌うアマリア (Wikiより)


ファド歌手として世界に名を馳せたのはなんと言っても「アマリア・ロドリゲス(Amaria Rodriques.) ポルトガルでは単にAmaria と呼ばれて親しまれていました。1999年に79歳で亡くなりましたが、この時ポルトガルは三日間の喪に服しました。

彼女の葬儀にはファンのみならず当時の大統領も列席し国葬並みの扱いで、国民の誉として、エンリケ航海王子、バスコ・ダ・ガマや文豪カモインスなどの記念碑があり、ポルトガル歴代の英雄たちが埋葬されるリスボンの国立パンテオンに眠っています。

現在は、日本でも知られる若い女性ファドシンガーが新しいスタイルでファドを歌っていますが、アマリアを聞き続けた時代もあり、彼女を超えるファド歌手はいないだろうと思っています。

出稼ぎや移民が多いポルトガルです、異国の地でファドを耳にすると、「Saudade(サウダーデ=望郷)」
の思い止まず、ポルトガル人は涙すると言われます。ポルトガル人に限らず、聴くものの心に望郷の念を呼び起こさずにおかないのがファドなのです。

ファドにはこのように、ポルトガルのブルースとでも言えるようなSaudadeを歌ったものが多いですが、日常の生活をユーモアたっぷりに皮肉ったりなどの陽気な歌もたくさんあります。

さて、ではファドのオリジンはと言うと、これが「カステラ」の語源同様、今日でもはっきりしないようです。そこで、わたしが聞いている説をいくつかあげてみます。

そのひとつ、ファドの起源は11世紀から14世紀に遡り、運命論者のアラブ人がポルトガル・ガリザのことを歌に表わしたのがそうだと言われます。
 
この当時のファド歌手は男性に限られ、男が女性の気持ちを歌ったもの(これは日本の演歌でもよくありますね。森進一や美川憲一などは女の立場に立って演歌を歌っています)や、時の貴族への批判
を歌にしたりしました。

ガリザは、現在のスペインの一部、かつてのレオン王国の一部でポルトガル北部と隣接する地方です。
11世紀から14世紀といえば、ポルトガルは建国の幕開けから、レコンキスタの戦い(イスラム教徒との国土奪回戦争)に明け暮れ、国土の奪回がイスラム領土の首都、コルドバに移動して行ったころです。

もうひとつ、わたしが聞き及んでいるのは、船乗りたちの詩や歌がファドになったというもの。今のようにけして楽でもロマンチックでもなかった厳しい航海の旅、波に揺られては故郷を思いそれを歌にたくしたというものです。

また、ファドは「Lundu(もしくはLundum)と呼ばれるアフリカのダンス・ソングから来たという説もあります。このダンス・ソングことLundu=ルンドゥは、18世紀の終わり頃にポルトガルやブラジルでも知られるところとなり、ブラジルのサンバの起源だとも言われます。

こうして、ルンドゥとリスボンに寄港した船乗りたちの歌が一緒になったものがファドというわけです。

ファディスタの元祖Maria Severaについて

今でこそファドはポピュラーな音楽として色々な歌手に歌われていますが、リスボン・ファドの歴史をひもといてみると、ちょっと面白い。

19世紀初期、ファドはリスボンの波止場や色々な人種が住み着くあまり柄のよくない地域のタベルナで、浮世の憂さ晴らしとして歌われていました。その中にMaria Severa(マリア・セヴェラ)というジプシーの人気ファディスタがおりました。セヴェラは愛らしい高級娼婦でもあり、愛人も数人おったそうな。

mariasevera.jpg
Maria Severa (1820~1846) Wikipediaより

そのSeveraに裕福な貴族、Vimioso伯爵が恋し、セヴェラを闘牛場の公の場に伴ったりしていたのが、彼女は26歳の若さで結核のため命を落とします。後、伯爵はファドを貴族のサロンへと持ち込みます。

こうして、ファドは人々に知れ渡り、王室のサロンですら歌われるようになり、歌の内容もSaudade(郷愁)、Amor(愛)をテーマにした詩的な歌詞がメランコリなメロディーで作られるようになりました。

現在ファドはリスボンのツーリスト用のレストランなどで聴かれます。
ポルトでは、「Fado na Baixa」毎日夕方6時から7時半まで、わたしが行った事があるファドの聴ける有名レストランには、リベイラの「Mal Cozinhado(こしらえが悪い料理の意味)」があります。

・Fado na Baixa  Rua do Outeirinho 13 Porto
・Mal Cozinhad Rua de São João, 99A Porto 
 月~土 21:00~24:00  食事付きで一人30ユーロほど。a o Outeirinho, Nº13

下記ではファドの中でも最も知られる名曲のひとつ、「Cancao de Mar(海の歌)」 現在ポルトガルを代表するファド歌手、Dulce Pontesの歌で聴けます。
 http://www.youtube.com/watch?v=Qy9fzZqJGYM&feature=related

歌のプロローグがどこかアラブ風な感じを受けるのですがいかがでしょうか。ポルトガル語の意味が分からなくても思わず引き込まれる歌です。この歌はイギリスのサラ・ブライトマンが「ハーレム」と題しても歌っていますが、やはり声量、迫力に差があり、俄然Dulce Pontesに軍配あり。

早とちりな性格なもので、記事中に勘違い等がありましたら、お詫びいたします。

ところで、ファドにはもう一種類、リスボンのとは違った趣のファドがあるのをご存知ですか?

次回はそれについて。

ではみなさま、本日はこれにて。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
Dulce Pontesの♪海の歌~
素晴らしいです。教えていただき感謝です。何度も聴きました。
ポルトでもファドが聴けるお店があると聞くと夜の過ごし方が変わりそうです。
行ってみたいと思います。
2019/08/27(Tue) 09:28 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
「ファドはなぁ・・」と言う我が娘もこ歌は好きなようです。

この歌はリチャード・ギアとエドワード・ノートンの「真実の行方」で主題歌として使われています。ちょっと怖い映画だったけど面白かったです。

ところで、下記記事読んでみてください。
ここでもファド、ラテン音楽が食事しながらきけます。
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1114.html

以前は週末だけライブがあったのですが、観光客が増えたせいでしょう、Guaranyサイトを見たら、
11, 12, 13, 14, 18, 19, 20, 21, 25, 26, 27 e 28 Setembro de 2019

上記の日付でライブがあるようです。
あまり高くなかったと記憶しています。

行こうというのであれば、行く前にカフェに立ち寄って予約しておいたほうがいいと思います。

2019/08/27(Tue) 20:12 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ