FC2ブログ
2019年9月7日 

今日は本の話をさせてください。

読んで気に入った本の中には、児童図書や絵本がけっこうあります。

・「雲の物語」(武田鉄也)
この本は、読み進めて行くうちに、「あれぇ、なんだか町の描写がすごく、我が弘前に似てるなぁ。」山の話に及ぶあたりで、「これは!」と思ったら、案の定、弘前が舞台だったのでした。武田鉄也さんが書いたとても素敵な物語です。

・「ルドルフとイッパイアッテナ」1&2、(斉藤洋)
猫たちの話なのですが、読書嫌いの二人の男の子に薦めたら、夢中になって読んだという本。その一人は小学生時代の我が息 子、もう一人は担任だった小学生のK君でした。

・「ザ・ギバー」(ロイス・ローリー)
1990年代に読んだ本ですが、2014年に映画化されており、みました。近未来、とあるコミュニティーで人々は投薬を受け、感情や感覚を抑制されて生きています。その中にただ一人、過去の人間の記憶を全て蓄えている老人「ギバー・記憶を与えるもの」と接する一人の青年が愛や憎しみなどの感情を知ることになり、真の人間の幸せについて目覚めていきます。  

・「空色勾玉」(萩原規子)日本の神話を基にしたファンタジー小説です。

・「クオレ・愛の学校」(アミーチス) 
イタリアの児童文学です。「母を訪ねて三千里」という話もこの中に含まれています。わたしの愛読書で、ポルトガル語版を持っています。

また、前回書いた小川未明の作品の「花咲き村の泥棒たち」もいいです。これらの本は、知り合いに中高生がいると、わたしが必ず薦める定番の本です。

絵本では「片足ダチョウのエルフ」「100万回生きたねこ」「チロヌップのきつね」「The Giving Tree」(邦題:大きな木?)「葉っぱのフレディ」

2019_Sept_1.jpg


これらの絵本は、気に入ったを通り越して、もはやわたしの愛読書です。「The Giving Tree」や「葉っぱのフレディ」は、子供のための本というより、むしろ大人が読めばいいなぁ、と思わずにいられない、深い哲学が含まれていると思えます。「チロヌップのきつね」にいたっては、今でも読む始めると泣けて仕方がありません。

私たち大人がある時期に到達したときに読んで、おそらく誰しもが、そのいわんとすることを感じることができる気がします。人生の扉が目の前で少しづつ開かれ始め、未知との出会いに胸ふくらむ、そんな時期に読んでも、もちろん分かりそうな気はしますが、わたしが若いときに思った「20年後」が、想像し得なかったと同様に優れた絵本は子供のためとは唱っているものの、むしろかつて子どもであったことを忘れてしまった大人のための物語でもあると思います。

これらの絵本は、何度でも手にして読みます。そして、繰り返すたびに、わたしは新たな感動を覚えます。

自分では気づかなかった人生の大きな絵パズルの一片が、ある一冊の児童図書によって埋められる、そんな気持ちになってしまいます。このような書物を生み出す人とその本に、深い思いを抱くことを禁じえません。

再度本棚から、「The Fall of Freddie the Leaf」(葉っぱのフレディ)を取り出して思ったことでした。

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ