FC2ブログ
2019年9月11日 600年の伝統を持つポルトガルの新入生しごき

9月は欧米では新学期です。
ポルトガルの大学は6月の高校卒業資格兼大学入学資格となる国家試験の結果と、高校2年間の成績を持って、各大学に願書を出し成績の上位順に入学が許可されます。

希望大学や学部に入れなかった場合は、第二希望学部、若しくは他都市の大学へ再度願書を提出し、新学期が始まるまでに学籍が決定されます。

希望に胸膨らませて大学新入生の第一歩、授業開始前の9月にあるのが、「Praxe Académica」なる行事です。

この時期になると街のあちこちで見かける光景ですが、黒マントを羽織っているのは大学学部の先輩、地べたにはべっているのが新入生です。場所はJardim do Passeio Alegre ドウロ川沿いの側の公園です。

praxeacademica2_1.jpg

写真に見えるのは18世紀のイタリア人建築家ニコラウ・ナゾニの作品のChafarizと呼ばれる噴水。Wikiより

こちらはAliados 市庁舎前でわたしが見かけたものです。

praxeacademica1.jpg

しごきには写真のようなものもあります。

praxe4-2[1] praxe5-2[1]
小麦粉を振りかけられている。       腕立て伏せ
             
          praxe6-2[1]
             紙おむつを顔に貼り付ける。

praxe3.jpg

praxe6.jpg

笑って済ませられる間はいいのですが、近年、だんだんとしごきの仕方がエスカレートし、見るからに屈辱的なものが増えてきました。公衆の面前でするわけですからね。先輩たちといっても19歳からたかだか21、2歳までの若者たちです。配慮が足りないところがあります。

praxe5.jpg
男性だったら大変だなぁ、たのむわ、と思われるものの一つ。

praxe7.jpg

これもどうかと。すぐシャワーを浴びられるわけもなく週日こうして歩くわけで。ペンキ、ちゃんと落ちるのだろうか・・・
我が息子がポルト大学経済学部に入学した年のこと。(翌年彼はポルト大学を退学、学部もITに変えてリスボン大学に入学し直しました)

このpraxeのために指定された店でTシャツその他身につける道具が入った一式を下げて出かけたその日の夕方、帰宅した息子のひざを見てわたしは激怒したのでありました。

ジーンズのひざはほとんど破れんばかりになり、ひざそのものは皮膚がむけて血だらけ!「いたた、いたた」と悲鳴をあげそうな息子のひざを消毒しながら問いただすと、新入生全員、大学構内をひざで歩かされたのだそうな。構内はコンクリですよ、コンクリート!

「そんな伝統祭なんて、行く必要なし!なんなのこれは。人の大事な息子のひざをこんな風にして、遊びにもほどがある!行きすぎだ!」と、途中で放り出して来なかった息子にも腹を立てたのでした。

このPraxeは2週間ほど続くのですが、翌日、大学へ再び一式の衣裳を持って行くと言う息子のひざが心配で、「今日同じ事したら、ひざ、壊れるわよ!そうなったら上級生と喧嘩してでもいいから、止めて帰って来んさい。」と、ひざに分厚い当て布をさせて出したのでした。中に女子もいたと言う・・・いったい何を考えているのか!

「新人しごき」をする側に回るためには、新入生の年にしごかれていない者は資格はないのだそうな。
こんな種類のしごきなら、する側に回ったところで何が面白いものか!

コインブラ大学に4年、ポルト大学に2年籍を置いた亭主に聞きますと、昔は、「今晩、全員ガールフレンドを連れて来い」とか、いたって単純なカワイイものだったそうです。夫も当然、こんなのはやりすぎだと、当時は二人で息巻いたのでした。

そのうち、Praxeの行き過ぎが原因で他県の海岸で数人の新入生が海に入り、そのまま行方不明、死亡する大事故が起き、新聞で取り沙汰になり、大学も人権を無視したような屈辱的なものは許さないとの通達も出て、少しナリをひそめたようです。

これは、かつての日本の大学生の「一気飲み」強要を思い出させます。それまで一滴もアルコールを口にしたことのない新入生、急性アルコール中毒で病院に運ばれたり、亡くなった学生もいましたよね。

所沢の我が妹は、一気飲みの場合に備えてと、息子たちが高校3年生のころから夕食に少しずつビールを飲ませて練習するということをしていました。

Praxeの起源は14世紀、ディニス王の創ったコインブラ大学に発するようです。ポルトとリスボン中間に位置するコインブラの街は学生街として古い歴史を持っています。

コインブラ大学は、ディニス王が法皇ニコラウ4世に承認されて創立したリスボンの高等教育学校が元になっています。リスボンの人口、学生の数も増えたところで、思い切ってコインブラに学校を移し、以後コインブラ大学と称され、パリ大学、オックスフォード大学と並んでヨーロッパでは一番古い大学のひとつです。

ディニス王は、できの悪い学生を大学に監理させたのですが、これがpraxeの始まりとなりやがて新入生に適用されるようになります。18世紀には新入生の死により、1727年当時の王ジュアン五世がpraxe禁令を発布しています。なんだ、結局、現代においても同じことを繰り返してるなんて、人間は進歩がないなぁ、とつくづく思います。

若い人たちが、古い習慣にのっとって少々羽目をはずすのは大目に見るとして、せいぜい笑って済ませるものにとどまって欲しいものです。

ちなみにリスボン大学では、praxeは行われません。ま、それが原因で我が息子、リスボン大学に移ったとは思われませんが(笑)


本日の画像は一枚を除き、全てWikipediaからです。では、これにて。
お時間あらば、ランキングクリックをひとつしていただけると嬉しいです。

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ