FC2ブログ
2019年9月24日 

今日は、かれこれ15年位も前の息子の思い出話です。

その夏に大学を卒業した息子が、ついに仕事に就いた時の事です。彼の職種を聞いて、一瞬わが耳を疑ったのでした。

「え!中学校の先生?@@」想像だにしなかった仕事でありました。と、こんなことを書いていますが、若い頃の私を知っている人達が、21年も海外補習校の先生をしたなど聞くと、わたしも「うっそー」と目を丸くされることは間違いない(笑)。

息子は、服装には無頓着でした。つま先の口をバコバコ言わした靴を履いていることはよくあることで、お金が全くないわけじゃあるまいし、「靴くらい買ってよ!」「Tシャツ破れてるじゃないの。すっかり色落ちもしてるわよ!」と、母親が口うるさく言っても馬耳東風。

ホテル、企業での面接では、「Yシャツ、ネクタイ」と聞いたら、それで自分から辞退です。「ありゃ、ダメだわよ。髪形もさることながら(自分で散髪してる。これもわたしと同じw)、着ている物の第一印象からしてアウトね。」と、さんざん面接時の服装をうるさく言ってもきかないもので、夫もわたしも諦め気分でそう話していたのでした。

息子から電話で仕事を得た報告があった時、

「あんた、どんな格好でいったの?よく通ったわね。」
「うん、ネクタイはしなかったけど、シャツ。それにジャスパーから借りたズボン」
「あっはっはっはっは!」

もう、腹がよじれて笑いこけました。

ジャスパーと言うのは、アーティストを目指している幼稚園時代からの英国スクールの友達です。その時は、息子のアパートに転がりこんで、リスボンで何かのコースをとっていました。

その歳の10月までは父親は援助するけど、その先は自分で生活費を稼ぐ約束になっておりましたから、尻に火がついたのか、ようやく、服装に本の少しだけ気を配ったようです。それにしても借りないで買ってもいいではないの。

息子が時々、見かけない服を着ているとき、わたしは聞きます。すると「1ユーロで買った」と返事が来る。1ユーロですよ@@ 古着屋だとしてもいったいどんな値段なのよ・・・^^;

学校で何を教えたかと言うと、「information」つまり初歩のコンピューターのクラスです。それはよかったのですが、任されたクラスがなんとまぁ、7、8年生(中学2、3年)。おまけに、ほとんどの生徒が何度か落第している落ちこぼれクラスで、中に18歳の中学生もいるとのことです。

もっとも、こういうクラスは、考えようによってはやりがいがあるのですがね。こういうクラスの子がやる気を出した時に、先生という仕事の醍醐味を味わうわけですが。

ポルトガルでは、日本で言う教師用の「指導書」などありません。全て教師が独自に副教材を作成して、授業をすすめていきます。
聞けば息子の勤務時間は週8時間。2回の授業で一回がこれまたなんと!3時間ぶっ通し。

「7、8年生なんていい経験になる。自分がその年頃、どんなアホをやってたか目の前で見ることになるからね」と言って夫が笑ったものでした。

さて、授業が始まり、2週目にして、息子、すでに二人の生徒を教室から追ん出していました。
やるではないの。なめられたらいかんぜ!と応援しながらも、当時の日本の中高生の教師への殺傷事件がちらついて、なんだか不安な気持ちにもなったものです。

「どんな格好して行ってるの?」と聞くと、生徒と同じカッコ(公立の学校は高校まで一貫して制服がない)。 Tシャツにジーンズ。その方が安全だし、向こうも親しみ感じるでしょ。」

アメリカのアニメ、シンプソンズような、あの伸びた不ぞろいな息子の坊主頭を思い出しては、可笑しいような、不安なような、そんな複雑な気持ちで息子の働きぶりを見ていた頃の思い出です。

息子は今、東京の数校の大学で英語の非常勤講師をしていますが、こうして教えているというのが母親のわたしの過ぎこしと似ていなくもない。

親子って辿る人生も似たりするのでしょうかね。

2016_3.png
自分の作曲をひっさげて音楽活動をしていた上京時代の息子。(してみたら、素人音楽活動をした部分もわたしと同じだっけw)

本日もありがとうございます。では、また。

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ