FC2ブログ
2019年9月29日 

大好きな映画の一本にイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」がある。
1940年代、シシリー島の小さな町の映画館「シネマ・パラダイス」が消滅するまでの物語だが、主人トトの少年期、青年期、初老期に渡った人生をせつなく物語っている。



劇場で上演されたのは実際には2時間以上の作品として製作されたのを上演時間が長いとして、一部がカットされ、約1時間半に縮小されたものだが、「完全版・ニュー・シネマ・パラダイス」がある。

アカデミー賞とカンヌ国際映画賞を受賞した国際上演用の作品は、初老のトトのその後はいったいどうなったのか?そして彼の恋人だったエレナは?と、終わり方が気になった。まぁ、何もかもが辻褄が合うようにすきっとは終わらないのが人生であろう」と思われるようなエンディングだが、トトとエレナの30年後の再会が描かれた完全版は違った思いを抱かせる。

その完全版に関しては賛否両論あるようだが、人生はカラクリに満ちているが辻褄があうように出来ているような気がすると思っているわたしの感想は、現実に半世紀を経て再会した人がいるので「こういうことは人生にあるのだと、完全版には肯ける。

劇場版のトトのエンディングと比べて、完全版は、トトの不完全燃焼の青春がやっと思い出の箱に収められ、彼のこれからの老後が救われたのではないかとわたしには思われる。
「シネマ・パラダイス」の参照はこちら

「シネマ・パラダイス」はストーリーそのものもさることながら作品中のエンニオ・モリコーネの音楽が心に染みる名曲であることもあげておきたい。

いい映画はわたしたちに人生を教えてくれる。



関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ