FC2ブログ
2019年10月13日 
                               
日本語の生徒には若い人もいれば年配の人もいます。

ある日のこと、生徒さん、年配の女性なのですが、どうも元気がない。授業が終わった後、少し水を向けると、16歳になる愛猫のシャムネコが最近ものすごく食べる。後から後から食べる。粗相もあちこちにする、とのこと。

これを聞いて、アッと思いました。16歳は人間で言うと80歳で高齢です。そして、死んだ我が家のたんぽぽちゃんと同じ症状です。たんぽぽちゃんは、不治の病がありましたが、それに加えて、高齢のため、ボケが始まってたのです。

動物も人間と同じだな、と思いました。亡くなった我が母はさほどひどい痴呆ではありませんでしたが、それでも、時々自分がアイス・クリームを既に食べてしまったのを忘れて、続けて二つ目を食べていたことが何度かありました。「あら!」と言うと「まだ食べていない」と頑張ったものです^^;

ポルトの同僚、男性ですが、長い間飼っていた愛犬の介護をした人がいます。大きな犬でしたので、身動きできなくなった最後のころには、抱き上げるのも重くて大変だった、紙おむつをして世話をしたとのこと。

彼の場合は、仕事で外に出るということはなかったので、できたと思います。わたしもまた、仕事は家ですから、ネコちゃんの病気の介護、粗相の後始末が一年近くもできたのです。

動物を家族のメンバーに迎えるとき、最後まで面倒見ようと思いはしたものの、介護することになるかも知れない、とまでは考えませんでした。

昔は、ネコは自分の最後が近づいた時、飼い主の前からこっそり姿を消す、と聞きました。庭があり、家と外を自由に出入りできる猫たちの話なのでしょうか、アパートなどで閉じこもった生活を強いられる猫たちは、したくてもできませんものね。そして、外猫は短命、家猫は長寿なのです。

ポルトで初めて飼ったネコにルルと言うのがいまして。息子が5歳くらいの頃で、当時は夫の家族と同居していました。庭がありませんでしたから、野良で生まれたノラ猫ルルはわたし達に引き取られ、外の世界を知らずに育ったのですが、庭のある家に引っ越したときも、決して庭には出ずとうとう最後まで家の中でした。

その最後の時は、自分の身をどこかに隠そうと、動けなくなった体をひきづっては、何度も何度も洗面所の片隅に身を置こうとしたものです。

件の生徒さんは仕事があり、日中愛猫は一人家に残るわけです。こうなってくると、人間もネコもたいへんだな、治療して治る分にはいいのですが、そうでない場合はどのようにして、ペットと向き合うか、ちゃんとした解決方法は二選択一。大変なのを承知の上で最後まで介護するか、辛い気持ちを噛んでクリニックに連れて行って置いてくる。

人間社会のみならずペット社会にも、このような問題が持ち込まれるようになるとは、昔は考えも及ばなかったことでしょう。

今我が家には4匹いますが、15才16才17才、一番若いのが13才です。2年前まではこれにゴンタ君が加わって5匹いました。4匹のねこたちをしっかり治めていたのはゴンタでした。長老とは言え、今のフラットに引っ越すまえの庭付きの借家にいたときからの猫で、当時はよく外を出歩いていたものです。

gonta5.jpg

ありし日のゴンタ、そしてペト

フラットに引っ越してからは、土日のみ朝の1時間ほどを外で探索しては必ず帰って来て、下のフラットの壁の上で、帰ったよ、とわたしたちを呼ぶのでした。それで、二階のフラットから下まで降りて、メインドアを開けて入れてあげるのです。

そんなんでしたから、経験も豊かで賢くリーダーシップがありました。仲間同士が家の中で取っ組むほどの喧嘩をすると、一目散に走って行き仲裁をしたものです。最後の最後まで、ほとんどわたしたちに手をかけずに老衰で静かに息をひきとりましたが、猫とはいえ、立派な最後でした。

いつの日にか、一匹、また一匹と介護をする日が来ることを考えると、覚悟はしておかないといけないな、とつくづく思います。

夫やわたしが猫たちの後に逝く、って想定ですけどね(笑) ねこたちをみな見送るまでは三途の川を渡れません。

下記では、ゴンタねこのことを書いています。よろしかったらどぞ。

 「満月と猫とゴンタねこ
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ