FC2ブログ
2019年10月28日

昨日はいい天気だったのが、今日の東京はまた雨です。
今秋はまったく雨天が多くて、いつもしていた近辺の散歩もままなりません。
この辺りは住宅街なのですが、散歩道には林があり、野菜畑、茶畑がよく見られ、ぐるりと周ると小1時間ほどかかり、散歩には持って来いなのですが。

さて、その天気がよかった昨日は、中学生時代から文通(ぶんつう)が始まり、高校卒業後(こうこうそつぎょうご)、音信がとだえ、何年か前に40数年ぶりに再会した東京の友人I君に会い、1年ぶりにおしゃべりをして来ました。

会食場所の定番は銀座(ぎんざ)にあるサッポロビアホール、「銀座ライオン」。  

2019ginza2-1.jpg

これまでに何度も出かけていると言うのに、銀座は広く、メトロから地上への出口によって、様子(ようす)が違うので、未だに戸惑い(とまどい)辺りをウロウロすることになります。そこで、それならいっそのこと、今回はウロウロ散歩しながら行こうと決め、いつもより早く妹の家を出たのでした。

ぶらついて思ったのは、銀座も変わったなぁ、です。
一流ブランドのブティックが林立(りんりつ)しておしゃれだった銀座が、ユニクロやRAOXの大きな免税店(めんぜいてん)が進出し、そこには中国人ツーリストが旅行バッグを引きずって列を作っていました。

くだんのわたしたちが行くサッポロビアホール、銀座ライオンは1899年開業の老舗(しにせ)です。

夜にはビアソングの生演奏(なまえんそう)も入るとのこと、残念ながらまだその時間帯(じかんたい)には行ったことがないのですが、若い時分は大阪梅田のアサヒビアハウスのバイトで歌っていたわたしです、一度、ぞの雰囲気(ふんいき)をのぞいてみたいと思っているのです。

お互い(おたがい)同年、70歳を超えた(こえた)I君との久々の会話は、どうしても老後(ろうご)に話題がおよび、あっという間に時間が過ぎて、また元気に再会できるのを祈っていのって)、それぞれ帰路(きろ)についたのでした。

I君、お付き合い(おつきあい)ありがとう!

お知らせ:今回の日本滞在記は、無理を言って4週間もの休講を受け入れてくれたポルトの日本語生徒さんたちにも、なんとか読めるようにと、できるだけ漢字に読み仮名をつけたり、分かりやすい文体で書いたりしていますので、ご了承ください。

ではみなさま、また。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ